4134 Movies

プリティ・プリンセス The Princess Diaries (2001)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2000年に発表された、メグ・キャボットの小説”The Princess Diaries”及びそのシリーズを基に製作された作品。
平凡な高校生が、ヨーロッパの小国の王位継承権を持つプリンセスであることを知らされ、一変する生活に戸惑いながら奮闘する姿を描く、監督ゲイリー・マーシャルアン・ハサウェイジュリー・アンドリュースマンディ・ムーア ヘクター・エリゾンド共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイリー・マーシャル
製作
ホイットニー・ヒューストン

デブラ・マーティン・チェイス
マリオ・イスコヴィッチ
原作:メグ・キャボットThe Princess Diaries
脚本:ジーナ・ウェンドコス

撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
編集:ブルース・グリーン
音楽:ジョン・デブニー

出演
アミーリア”ミア”サーモポリス:アン・ハサウェイ

クラリス・レナルディ女王:ジュリー・アンドリュース
ラナ・トーマス:マンディ・ムーア
リリー・モスコヴィッツ:ヘザー・マタラッツォ
マイケル・モスコヴィッツ:ロバート・シュワルツマン
ジュシュ・ブライアント:エリック・フォン・デッテン
ジョー”ジョゼフ”:ヘクター・エリゾンド
パオロ・プッタネスカ:ラリー・ミラー
ヘレン・サーモポリス:キャロライン・グッドール
パトリック・オコーネル:ショーン・オブライアン
シャーロット・カタウェイ:キャスリーン・マーシャル
グプタ:サンドラ・オー
フィリップ・レナルディ:ルネ・オーベルジョノワ

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2001年製作 115分
公開
北米:2001年8月3日
日本:2002年1月26日
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $108,244,770
世界 $165,335,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンフランシスコ
両親が離婚し芸術家の母ヘレン(キャロライン・グッドール)と暮らす平凡な高校生ミア・サーモポリス(アン・ハサウェイ)は、消防署を改造した家に住んでいた。

ある日、ヨーロッパの”ジェノヴィア”にいる祖母クラリス・レナルディ(ジュリー・アンドリュース)から電話があり、ミアに会いたいとのことだった。

翌日の放課後、ジェノヴィア領事館に向かったミアは、祖母クラリスに迎えられる。

ミアは、亡くなった父親がジェノヴィアの皇太子で、自分がプリンセスであり、アミーリア・ミニョネット・サーモポリス・レナルディだと、女王クラリスから知らされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
平凡で内気な高校生ミア・サーモポリスは、両親が離婚したために、芸術家の母ヘレンと暮らしていた。
ある日ミアは、ヨーロッパの”ジェノヴィア”にいる祖母クラリス・レナルディからの連絡を受けて領事館にむかう。
クラリスに対面したミアは、亡くなった父親が実はジェノヴィアの皇太子で、自分がプリンセスであることを、女王の祖母から知らされる。
自分が王位継承権であることに驚くミアは、数週間後の舞踏会でそれを発表すると言われて、尻込みして逃げ出してしまう。
母ヘレンはクラリスから事情を知らされ、ミアはプリンセス教育を受け、答えは保留して結論は自分自身がだすという提案をして、両者を納得させる。
そしてミアの教育は始まるのだが、全てが王室とはミス・マッチな彼女の扱いに、クラリスは梃子摺ってしまう・・・。
__________

現実の世界の物語だが、いかにもディズニー映画らしい、シンデレラ・ストーリーそのものであり、あらゆる世代が楽しめる作品に仕上がっている。

2004年には、続編「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」が公開された。

北米興行収入は約1億ドル、全世界では約1億6500万ドルのヒットとなった。

王室の気品漂わせる雰囲気と、現代的な高校生の生活のアンバランスな描写も実に愉快だ。

プリティ・ウーマン」(1990)の大ヒットのお蔭で、邦題に安っぽい”プリティ”が付けられるようになってしまい気の毒なゲイリー・マーシャルだが、様々な女性を表現する描写が実に巧みで、軽快な演出も含めての職人芸を堪能できる。

領事館員を演ずる振付師でもあるキャスリーン・マーシャルが、女王と警護官がダンスを踊る姿を見て、微笑みながら、二人の邪魔をすることなくその場を去るショットなど、細やかな演出も見逃せない。

その後の活躍でトップ・スターとなる、キュートな魅力で見事に主役を演ずるアン・ハサウェイの映画デビュー作でもある。

また、女王を演じ、自分に似ている孫娘を温かく見守る、若々しいジュリー・アンドリュース(65歳)の、気品ある”英語”が実に美しい。

主人公の親友で、活動家を目指すヘザー・マタラッツォタリア・シャイアの息子である、主人公との恋が芽生える王子様のような雰囲気もあるロバート・シュワルツマン、主人公をからかう同級生マンディ・ムーアエリック・フォン・デッテン、物語にアクセントを加える存在、女王と心触れ合う王室の運転手兼警護官でヘクター・エリゾンド、ヘアー・スタイリストのラリー・ミラー、主人公の母親キャロライン・グッドール、領事館員キャスリーン・マーシャル、高校教頭サンドラ・オー、主人公の父親の声ルネ・オーベルジョノワなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020