4297 Movies

壁の中に誰かがいる The People Under the Stairs (1991)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

異常な家族に立ち向かう少年の勇気ある戦いを描く、製作総指揮、監督、脚本ウェス・クレイヴン、主演ブランドン・アダムスエヴェレット・マッギルウェンディ・ロビーA・J・ランガーヴィング・レイムス他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:ウェス・クレイヴン
製作
マリアンヌ・マッダレーナ

スチュアート・M・ベッサー
製作総指揮
ウェス・クレイヴン

シェップ・ゴードン
脚本:ウェス・クレイヴン
撮影:サンディ・シセル
編集:ジェームズ・コブレンツ

音楽:ドン・ピーク

出演
ポインデクスター“フール”ウィリアムズ:ブランドン・アダムス
兄/エルドン・ロブソン:エヴェレット・マッギル
妹/ロブソン夫人:ウェンディ・ロビー
アリス・ロブソン:A・J・ランガー
リロイ:ヴィング・レイムス
ローチ:ショーン・ウェーレン
ブッカー:ビル・コッブス
ルビー・ウィリアムズ:ケリー・ジョー・ミンター
スペンサー:ジェレミー・ロバーツ
メアリー:コニー・マリー・ブラツェルトン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1991年製作 102分
公開
北米:1991年11月1日
日本:1992年4月11日
製作費 $6,000,000
北米興行収入 $24,204,150
世界 $31,347,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
スラム街のアパートに住む少年ポインデクスター“フール”ウィリアムズ(ブランドン・アダムス)は、姉ルビー(ケリー・ジョー・ミンター)と母が話し合っている声に気づき部屋を覗く。

ルビー出ているようにと言われたフールは、彼女の友人だと言うリロイ(ヴィング・レイムス)から、家主に立ち退きを迫られていることを知らされる。

家賃を3倍払うか出て行くかという話に、病気の母と身重の姉のことを考え心を痛めるフールは、金を稼ぐ方法があるとリロイに言われる。

家主のエルドン・ロブソン(エヴェレット・マッギル)は、残っている住人を追い出してアパートを取り壊し、マンションを建てる計画を妻(ウェンディ・ロビー)に確認する。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
スラム街のアパートに住む少年ポインデクスター“フール”ウィリアムズは、癌の母親と身重の姉ルビーが立ち退きを迫られていることを知る。
3倍の家賃を払うか立ち退くかと家主ロブソンに言われていることを、ルビーの友人リロイから知らされたフールは苦悩する。
ロブソンが金貨を隠しているらしいことを知っていたリロイは、悪党から奪っても問題ないと考え、フールに手助けさせようとする。
母とルビーのためにそれを承知したフールは、リロイの仲間のスペンサーと共に計画を実行する。
フールがロブソン家の偵察に行った後、更に詳しく調べようとしてスペンサーがガス業者に扮して家に招き入れられる。
夫人が出かけたため不審に思ったリロイとフールは家に侵入するのだが、地下で殺されたスペンサーの死体を見つけてしまう・・・。
__________

異常者家族との戦いは、大人でも厄介なのは目に見えているのだが、平凡な13歳になる貧しい少年が、西部劇のヒーローのように奮闘する姿が実に痛快だ。

気味の悪い家族、残虐非道という怪奇映画風に始まるドラマは、異常者をユーモラスに描く展開に徐々に変化し、戦いの激しさもエスカレートしていく奇妙な内容も興味深く、ウェス・クレイヴンの世界観に浸れる一作となっている。

アヴォリアッツ映画祭で、ウェス・クレイヴンは審査員特別賞を受賞している。

大人でもできない勇気ある行動で悪に立ち向かう(とは言っても強盗なのだが)、母親と姉、そして監禁されている少女のために奮闘する少年を熱演するブランドン・アダムス、「ツイン・ピークス」でも奇妙な夫婦を演じた”兄”を怪演するブランドン・アダムス、同じく”妹”を彼同様気味悪く演ずるウェンディ・ロビー、二人に監禁されていた少女で主人公に協力するA・J・ランガー、主人公と家主の家に強盗に入るヴィング・レイムス、その仲間ジェレミー・ロバーツ、壁の中にいる男性ショーン・ウェーレン、主人公の祖父ビル・コッブス、主人公の姉ケリー・ジョー・ミンターなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020