4311 Movies

ペインテッド・ヴェール The Painted Veil (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1925年に発表された、サマセット・モームの小説”The Painted Veil”を基に製作された作品。 (三度目の映画化)
妻の不貞を許せない細菌学者の”復讐”に近い仕打ちと夫婦関係の修復を描く、製作総指揮、監督ジョン・カラン、製作、主演エドワード・ノートンナオミ・ワッツ、共演トビー・ジョーンズダイアナ・リグリーヴ・シュレイバーアンソニー・ウォン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カラン

製作
エドワード・ノートン
ナオミ・ワッツ
サラ・コレトン
ジャン=フランソワ・フォンリュー
ボブ・ヤーリ
製作総指揮
マーク・ゴードン
ロバート・カッツ
ジョン・カラン
ロン・ナイスワーナー
原作:サマセット・モームThe Painted Veil
脚本:ロン・ナイスワーナー
撮影:スチュアート・ドライバーグ
編集:アレクサンドル・デ・フランチェスキ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
ウォルター・フェイン:エドワード・ノートン
キティ・ガースティン・フェイン:ナオミ・ワッツ
ワディントン:トビー・ジョーンズ
修道院長:ダイアナ・リグ
チャールズ・タウンゼント:リーヴ・シュレイバー
ドロシー・タウンゼント:ジュリエット・ハウランド
ユー大佐:アンソニー・ウォン
ガースティン:アラン・デヴィッド
ウー・リエン:シア・ユイ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ
2006年製作 125分
公開
北米:2006年12月20日
日本:未公開
製作費 $19,400,000
北米興行収入 $8,060,490
世界 $26,522,840


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1925年、中国
細菌学者のウォルター・フェイン(エドワード・ノートン)は、妻のキティ(ナオミ・ワッツ)と共に、奥地の田舎町メイ・タン・フーに向かう。

真面目で社交性もないウォルターとの関係に疑問を抱き、上海で問題も起きたキティは、彼と出会った時のことを考える。
__________

ロンドン
パーティーでウォルターと知り合ったキティは、彼が上海の研究所の主任研究員であることを父親(アラン・デヴィッド)から知らされ、両親と結婚についてなどを話す。

上流階級で何不自由なく育ち気ままに生きるキティは、人生を縛られることを嫌い、両親の助言も快く思わない。

訪ねて来たウォルターから、父親に呼ばれたと言われたキティは、彼からプレゼントを受け取り二人で出かける。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1925年、中国上海
細菌学者のウォルター・フェインは、上流階級の令嬢キティと結婚して新婚生活を始める。
仕事に没頭するウォルターに相手にされないキティは、副領事のチャールズと浮気してしまう。
それを知ったウォルターは、すべてを明らかにした離婚か、奥地のコレラ感染地帯赴任への同行をキティに迫る。
仕方なく同行に同意したキティは、ウォルターと共に奥地の町に向かい、副弁務官のワディントンに歓迎される。
コレラの感染源を突き止めるために研究に専念するウォルターは、”復讐”にも近い態度でキティに接し、彼女の相手をしようともしないのだが・・・。
__________

1934年に公開された、グレタ・ガルボハーバート・マーシャル共演の”The Painted Veil”、エリノア・パーカービル・トラヴァース共演の1957年の”The Seventh Sin”に続く三度目の映画化。

妻の不貞に対する”復讐”のため、危険を顧みずコレラ感染地帯に赴任した細菌学者の行動と、夫婦関係の修復を描くドラマ。

脚本家のジョン・カランが製作総指揮も担当し、彼の作品である「夫以外の選択肢」(2004)の出演者のナオミ・ワッツ、後に「ストーン」(2010)に出演するエドワード・ノートンと組み、それぞれが製作にも加わった作品。

”復讐”に近い感情で、死の覚悟もいるコレラ感染地帯に赴任する細菌学者のとった行動は無謀ではあるが、現地では研究者として誠心誠意、人々に尽くす姿なども丁寧に描かれた作品。

その結果、相容れない考えの妻との関係が次第に心通い合うようになる様子が、繊細且つ自然に描かれている。

主演のエドワード・ノートンは、生真面目で仕事以外のことに興味を示さない人物であり、妻の不貞を許さずに大胆な行動に出るが、結果的にはそれにより人間性を取り戻していく細菌学者を深く演じている。

物語の主人公とも言えるナオミ・ワッツは、夫に不貞を責められ過酷な環境に置かれながらも、次第に成長していく女性を好演している。

主人公らの世話役として親交を深める現地の副弁務官トビー・ジョーンズ、修道院長のダイアナ・リグ、ヒロインと不倫関係になる上海の副領事リーヴ・シュレイバー(この時期ナオミ・ワッツと交際を始めていた)、その妻ジュリエット・ハウランド、共産軍の大佐アンソニー・ウォン、ヒロインの父親アラン・デヴィッド、現地の医師シア・ユイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020