That's Movie Talk!     4031 Movies

ピクセル Pixels (2015) 3.56/5 (34)

  •  
  • 17
  • 1
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

宇宙に送ったビデオ・ゲームの映像を侵略と勘違いされた地球人とエイリアンの戦いを描く、製作、監督クリス・コロンバス、製作、主演アダム・サンドラーケヴィン・ジェームズミシェル・モナハンジョシュ・ギャッドピーター・ディンクレイジジェーン・クラコウスキーブライアン・コックスショーン・ビーン他共演のSFアクション・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:クリス・コロンバス

製作
アダム・サンドラー
クリス・コロンバス
アレン・コヴァート
マーク・ラドクリフ
製作総指揮
パトリック・ジャン
ベンジャミン・ダラス
ジョニー・アルヴェス
マティアス・ブシャール
セス・ゴードン
ベン・ウェイスブレン
喇培康
ジャック・ジャラプート
スティーヴ・コーレン
ヘザー・パリー
バリー・ベルナルディ
マイケル・バーナサン
原作:パトリック・ジャン”Pixels
原案:ティム・ハーリヒー
脚本
ティム・ハーリヒー
ティモシー・ダウリング
撮影:アミール・モクリ
編集:ヒューズ・ウィンボーン
音楽:ヘンリー・ジャックマン

出演
サム・ブレナー:アダム・サンドラー
サム・ブレナー(13歳):アンソニー・イッポリト
ウィル・クーパー:ケヴィン・ジェームズ
ウィル・クーパー(13歳):ジャレッド・ライリー
ヴァイオレット・ヴァン・パッテン:ミシェル・モナハン
ラドロー・レイモンソフ:ジョシュ・ギャッド
ラドロー・レイモンソフ(8歳):ジェイコブ・シンダー
エディ・プラント:ピーター・ディンクレイジ
エディ・プラント(13歳):アンドリュー・バンブリッジ
マティ・ヴァン・パッテン:マット・リンツ
ジェーン・クーパー:ジェーン・クラコウスキー
ジェームズ・ポーター提督:ブライアン・コックス
岩谷徹デニス・アキヤマ
本人(1982年時):岩谷徹
ディラン・コーハン:アフィオン・クロケット
レディ・リサ:アシュレイ・ベンソン
国防長官ティム・ハーリヒー
ヒル:ショーン・ビーン
バグショー:フィオナ・ショウ
ミッキー・ラモンソフ:レイニー・カザン
1982年ゲーム世界大会のMC:ダン・エイクロイド
本人:セリーナ・ウィリアムズ
本人:マーサ・スチュワート
ヴォルーラ星人:ロナルド・レーガン大統領
ヴォルーラ星人:マドンナ
ヴォルーラ星人:リカルド・モンタルバン
ヴォルーラ星人:エルヴェ・ヴィルシェーズ
ヴォルーラ星人:ダリル・ホール&ジョン・オーツ
マックス・ヘッドルームマット・フリューワー

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
2015年製作 106分
公開
北米:2015年7月24日
日本:2015年9月12日
製作費 $88,000,000
北米興行収入 $78,747,590
世界 $244,874,810


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1982年、夏。
13歳のサム・ブレナー(アンソニー・イッポリト)は、友人のウィル・クーパー(ジャレッド・ライリー)を誘って、町にオープンしたゲームセンターに向かう。

サムのゲームの才能は注目を集め、ウィルは、ビデオゲーム世界大会に出るべきだと彼に提案する。

大会会場に向かったサムとウィルは、ワンダー・キッド/神童と言われるラドロー・レイモンソフ(ジェイコブ・シンダー)に会い友達になる。

祖母ミッキー(レイニー・カザン)と二人暮らしのラドローは、ゲーム”ドージョークエスト”のレディ・リサに憧れていた。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想
210年に公開された、フランスの短編アニメ映画”Pixels”を原作として製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
ビデオ・ゲームの天才少年と言われたサム・ブレナーは、電気店でホーム・シアターの設置作業員となり平凡な日々を送っていた。
大統領になった友人ウィルにホワイトハウスに呼ばれたサムは、グアムアンダーセン空軍基地が攻撃された映像を見せられ、かつて流行ったゲーム”ギャラガ”が関係していることに気づく。
1980年代に宇宙探査機に搭載されたビデオ・ゲーム大会の映像を見たエイリアンは、それを地球人の侵略と考え、ゲームのキャラクターなどに姿を変えて攻撃してきたのだった。
それに気づいたサムとウィルは、かつてのゲーム・オタク、ラドローやチャンピオンのエディと共に、エイリアンとの戦いに挑むのだが・・・。
__________

製作を兼ねたクリス・コロンバスが、人気コメディアンのアダム・サンドラー(製作兼)ら豪華スター競演で描くSFアクション・コメディ。

1980年代に大ブームになった、”ドンキー・コング”、”ギャラガ”、”パックマン”などの懐かしのゲームが、エイリアンの攻撃として現実社会に登場するという奇抜なアイデアが話題になった作品。

エイリアンに対抗するのが、今は中年となったかつてのゲーム・オタク達で、現在のハイテンション・ゲームとは違う感覚で戦う姿が実に愉快に描かれている。

その、世界を席巻したかつてのゲームに郷愁を感じる世代以外には受け入れられなかったのか、批評家からは酷評され、大ヒットの予測は北米では裏切られた。
北米興行収入は検討するものの約7900万ドルに留まり、全世界では2億4500万ドルのヒットとなった。

天才ゲーム少年と言われながら中年となり平凡な日々を送るものの、エイリアンの襲撃に対抗して才能を活かし勇敢に戦うアダム・サンドラー、その少年期アンソニー・イッポリト、主人公の友人であり、大統領になるものの、無能さを批判されながら侵略者との戦いに挑むケヴィン・ジェームズ、その少年期ジャレッド・ライリー、主人公と対立しながらも協力してエイリアンの侵略を防ぎ恋も芽生える海軍中佐のミシェル・モナハン、主人公らの友人であるゲーム・オタクのジョシュ・ギャッド、その少年期ジェイコブ・シンダー、裏技を使っていたゲーム・チャンピオンのピーター・ディンクレイジ、その少年期アンドリュー・バンブリッジ、ヴァイオレット(ミシェル・モナハン)の息子マット・リンツ、大統領夫人のジェーン・クラコウスキー、主人公らゲーム・オタクを信用しない国家安全保障会議のメンバーである海軍大将のブライアン・コックスパックマンの生みの親である岩谷徹デニス・アキヤマ岩谷徹は本人役で登場し、1982年のゲームセンターでゲーム機を整備している)、エイリアンに拉致される兵士アフィオン・クロケット、ラドローが憧れるキャラクター”レディ・リサ”のアシュレイ・ベンソン国防長官ティム・ハーリヒー(原案、脚本兼)、SASの伍長ショーン・ビーンイギリス首相のフィオナ・ショウ、ラドローの祖母レイニー・カザン、1982年ゲーム世界大会のMC役のダン・エイクロイド、エディ(ピーター・ディンクレイジ)とデートすることになる本人役でセリーナ・ウィリアムズマーサ・スチュワート、ヴォルーラ星人のメッセンジャー、ロナルド・レーガン大統領、マドンナリカルド・モンタルバンエルヴェ・ヴィルシェーズダリル・ホール&ジョン・オーツマックス・ヘッドルームマット・フリューワーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up