That's Movie Talk!     4031 Movies

未来を花束にして Suffragette (2015) 3.59/5 (34)

  •  
  • 6
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1910年代にイギリスで起きたサフラジェット/女性参政権を求める運動を主導した女性達の闘いを描く、監督サラ・ガヴロン、主演キャリー・マリガンヘレナ・ボナム=カーターベン・ウィショーブレンダン・グリーソンアンヌ=マリー・ダフメリル・ストリープロモーラ・ガライ他共演の社会派ドラマ。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト
監督:サラ・ガヴロン

製作
アリソン・オーウェン
フェイ・ウォード
製作総指揮
キャメロン・マクラッケン
テッサ・ロス
ローズ・ガーネット
ニック・バウアー
ジェームズ・シェイマス
テレサ・モネオ
脚本:アビ・モーガン
撮影:エド・グラウ
編集:バーニー・ピリング
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
モード・ワッツ:キャリー・マリガン
イーディス・エリン:ヘレナ・ボナム=カーター
サニー・ワッツ:ベン・ウィショー
アーサー・スティード警部:ブレンダン・グリーソン
ヴァイオレット・ミラー:アンヌ=マリー・ダフ
エメリン・パンクハーストメリル・ストリープ
アリス・ホートン:ロモーラ・ガライ
ヒュー・エリン:フィンバー・リンチ
エミリー・ワイルディング・デイヴィソンナタリー・プレス
ベネディクト・ホートン:サミュエル・ウェスト
ノーマン・テイラー:ジェフ・ベル
デヴィッド・ロイド・ジョージエイドリアン・シラー
ウォルソップ:モーガン・ワトキンズ
コールマン夫人:ロレイン・スタンレー

イギリス 映画
配給 20世紀FOX
2015年製作 106分
公開
イギリス:2015年10月12日
北米:2015年10月23日
日本:2017年1月27日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $4,702,400
世界 $16,002,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1912年、ロンドン
数十年間、女性は男女平等と参政権を平和的に要求してきたものの、無視され続けた。

急進的なサフラジェット/女性参政権論者エメリン・パンクハーストは、全国的な抵抗運動を呼び掛けた。

劣悪な環境の洗濯工場で働き続ける24歳のモード・ワッツ(キャリー・マリガン)は、工場長のノーマン・テイラー(ジェフ・ベル)から、配達を指示される。

洗濯物の包みを持って街に向かったモードは、子供ではなく何かを積んで押している女性(ウィザース夫人)の乳母車を気にしながら、ショーウィンドウを見つめる。

その直後、”女性参政権を!”と叫びながらウィザース夫人は、乳母車に隠してあった石をウィンドウに投げつける。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1912年、ロンドン
男女平等を訴える運動は数十年間、無視され続けたため、急進的なサフラジェット/女性参政権論者エメリン・パンクハーストは、全国的な抵抗運動を呼び掛けた。
劣悪な環境の洗濯工場で働く24歳のモード・ワッツは、同じ職場の夫サニーと幼い息子のジョージと共に貧しい生活を続けていた。
ある日、参政権を求める女性達がショーウィンドウに石を投げ込む騒ぎに巻き込まれたモードは、薬局を経営するイーディスも運動家であることを知り、同じく同僚のヴァイオレットに誘われて集会に参加するようになる。
まず言葉より行動を起こすべきだと言うイーディスらに感化されたモードは、違う世界が見られる可能性を信じて、女性の権利を求める運動にのめり込んでいくのだが・・・。
__________

短編映画などで活躍していたサラ・ガヴロンが、サフラジェット/女性参政権を求める女性達の闘いを描いた社会派ドラマ。

恵まれない身の上であり、洗濯工場と貧しい家庭でしか生きる道がない女性が、サフラジェットの活動に目覚め、幼い息子と引き離される辛い目に遭いながらも、未来を信じて闘う姿が力強く描かれた作品。

女性らしい視点で捉えたサラ・ガヴロンの演出が特徴であり、男社会の中で虐げられる女性達の痛ましい姿は観ていて辛い。

物語の中で、公聴会で女性の意見を聞いた下院議員のデヴィッド・ロイド・ジョージが、改正法案を首相に訴えるものの否決され彼女らに非難されるシーンがある。
時の首相はハーバート・ヘンリー・アスキスなのだが、彼の曾孫が、当然そのシーンに登場する、サフラジェットの活動家を演ずるヘレナ・ボナム=カーターだということを知りながら観ると興味深い。

主演のキャリー・マリガンは、夫との生活と幼い息子の成長だけを心の支えに劣悪な環境下で仕事を続け、違う世界を見られる可能性を信じてサフラジェットの運動に参加する女性を好演している。

主人公と共に運動を続ける活動家のヘレナ・ボナム=カーター、彼女を支える夫のフィンバー・リンチ、生活のために妻を支えることができない主人公の夫ベン・ウィショー、主人公ら運動家を監視する警部のブレンダン・グリーソン、主人公と共に活動する同僚のアンヌ=マリー・ダフ、彼女らの運動を指揮するエメリン・パンクハーストメリル・ストリープ、運動を支える夫人ロモーラ・ガライ、その夫である議員のサミュエル・ウェストエプソム競馬場で自らの命を犠牲にして運動を訴え、サフラジェットの象徴的存在となったエミリー・ワイルディング・デイヴィソンナタリー・プレス、洗濯工場の工場長ジェフ・ベル、下院議員デヴィッド・ロイド・ジョージエイドリアン・シラー、他モーガン・ワトキンズロレイン・スタンレーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up