4551 Movies

水曜日のエミリア The Other Woman (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2006年に発表された、アイアレット・ウォルドマンの小説”Love and Other Impossible Pursuits”を基に製作された作品。
既婚者を愛し結婚し生れたばかりの子供を失ったことで苦悩する女性の心の葛藤を描く、監督、脚本ドン・ルース、製作総指揮、主演ナタリー・ポートマンスコット・コーエンリサ・クドローチャーリー・ターハン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ドン・ルース

製作
マーク・プラット
キャロル・カディ
製作総指揮
ナタリー・ポートマン
アビー・ウルフ=ワイス
レナ・ロンソン
カシアン・エルウィズ
原作:アイアレット・ウォルドマンLove and Other Impossible Pursuits
脚本:ドン・ルース
撮影:スティーヴ・イェドリン
編集:デヴィッド・コドロン
音楽:ジョン・スウィハート

出演
エミリア・グリーンリーフ・ウルフ:ナタリー・ポートマン
ジャック・ウルフ:スコット・コーエン
キャロリン・ソウル医師:リサ・クドロー
ウィリアム・ウルフ:チャーリー・ターハン
ミンディ:ローレン・アンブローズ
シェルドン・グリーンリーフ:マイケル・クリストファー
ローラ:デボラ・モンク
ソニア:モナ・ファストヴォルド
シャーリス:ケンドラ・カッセバウム
サイモン:アンソニー・ラップ
ピア:エリザベス・マーヴェル
エマ:デイジー・ターハン

アメリカ 映画
配給 Incentive Filmed Entertainment
2009年製作 102分
公開
北米:2011年2月4日
日本:2011年7月2日
製作費 $
北米興行収入 $20,590
世界 $452,190


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
エミリア・グリーンリーフ・ウルフ(ナタリー・ポートマン)は、弁護士の夫ジャック(スコット・コーエン)の息子ウィリアム(チャーリー・ターハン)を迎えに学校に向かう。

離婚した両親の家を行き来するウィリアムを、エミリアは、毎週水曜日に迎えに行くことになっていた。

自分が後妻であることで周囲の目が集まるのも気にしないエミリアは、現れたウィリアムの母親キャロリン・ソール医師(リサ・クドロー)のアシスタントのソニア(モナ・ファストヴォルド)から、ウィリアムの目の薬を渡される。

授業が終り、ソニアに気づいたウィリアムは彼女に駆け寄り、迎えに来たエミリアには素っ気ない態度で接する。

父の家に向かったウィリアムは、”eBay”の話を始めて、亡くなった子供の物を売るべきだと提案する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
新人弁護士のエミリア・グリーンリーフは、同じ事務所の既婚者ジャックに惹かれ、二人は自然の成り行きで愛し合うようになり、彼女の妊娠を機に結婚する。
やがて女の子が生まれたエミリアとジャックだったが、わずか3日で”SIDS/乳幼児突然死症候群”により亡くなってしまう。
エミリアは、両親の家を行き来する8歳になるジャックの息子ウィリアムを、毎週水曜日に学校に迎えに行く。
自分に心を開かないウィリアムとの関係もうまくいかないエミリアは、娘を失った心の傷も言えず、苦悩する日々が続く・・・。
__________

2009年に製作され、映画祭などでは上映されるものの、2011年に北米限定公開された作品。

従って、製作総指揮も兼ねるナタリー・ポートマンが、「ブラック・スワン」(2010)でアカデミー主演賞を受賞した後に公開された作品であり、演技者として頂点を極めていた彼女の、その才能と見事な演技が確認できる。

とは言うものの、作品自体は批評家からは酷評され、結局、拡大公開もされずに終わった作品でもある。

自分の考えに従いそれを変えようとしない、一見、自立しているようにも見える主人公が、生まれて数日で世を去った娘に対する思い、その心の傷で人に厳しく接してしまう姿に共感できるか否かで見方が変わる内容でもある。

20代後半にして、既に演技の神髄を極めているようなナタリー・ポートマンの演技力は認めるが、個人的には、主人公に感情移入することができないというのが正直な意見だ。

主人公の夫の前妻役のリサ・クドローの役柄に注目したい。
誰もをねじ伏せる雰囲気のある名医は、自らの主張をストレートに相手に伝え、周囲の意見を聞き入れようともしない感じに思えるのだが、終盤で、息子に頼まれ、主人公の心を癒そうとする姿は、人間としての魅力も感じる。
主人公を慰める姿もスマートであり、あくまで弱みを見せずに接する、実にアメリカ人らしい役柄でもある。

弁護士である主人公の夫スコット・コーエン、その息子チャーリー・ターハン、主人公の親友ローレン・アンブローズアンソニー・ラップ、主人公の両親マイケル・クリストファーデボラ・モンク、キャロリン(リサ・クドロー)のアシスタント、モナ・ファストヴォルド、学校の担任教師ケンドラ・カッセバウム、主人公の異母姉エリザベス・マーヴェル、その娘役でチャーリー・ターハンの実妹デイジー・ターハンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021