4504 Movies

アサルト13 要塞警察 Assault on Precinct 13 (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1976年に公開された、監督、脚本、音楽ジョン・カーペンターによる「ジョン・カーペンターの要塞警察」のリメイク。
閉鎖される分署に襲いかかる武装集団に立ち向かう警官達の戦いを描く、監督ジャン=フランソワ・リシェ、主演イーサン・ホークローレンス・フィッシュバーンガブリエル・バーンマリア・ベロジョン・レグイザモブライアン・デネヒードレア・ド・マッテオ他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
製作
パスカル・コシュトゥー
ジェフリー・シルヴァー
ステファーヌ・スペリ
製作総指揮
ドン・カーモディ
ジョセフ・カウフマン
セバスチャン・クルト・ルメルシエ
原作:ジョン・カーペンタージョン・カーペンターの要塞警察
脚本:ジェームズ・デモナコ
撮影:ロバート・ギャンツ
編集:ビル・パンコウ
音楽:グレーム・レヴェル

出演
ジェイク・ローニック巡査部長:イーサン・ホーク
マリオン・ビショップ:ローレンス・フィッシュバーン
マーカス・デュヴァル警部:ガブリエル・バーン
アレックス・サビアン医師:マリア・ベロ
アイリス・フェリー:ドレア・ド・マッテオ
ベック:ジョン・レグイザモ
ジャスパー・オシェア巡査部長:ブライアン・デネヒー
スマイリー:ジャ・ルール
アンナ:アイシャ・ハインズ
マイク・カハネ:カリー・グレアム
ケヴィン・キャプラ:マット・クレイヴン
ギル:ドリアン・ヘアウッド
ローゼン:キム・コーツ
ミロス:タイタス・ウェリヴァー

アメリカ/フランス 映画
配給 Rogue Pictures
2005年製作 109分
公開
フランス:2005年3月2日
北米:2005年1月19日
日本:2006年2月18日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $20,040,900
世界 $35,294,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
デトロイト
麻薬取引の潜入捜査をしていたジェイク・ローニック巡査部長(イーサン・ホーク)は、売人のミロス(タイタス・ウェリヴァー)に正体を見破られて銃撃戦となる。

脚を撃たれたローニックは、ミロスを射殺するものの、同僚の二人が殺されてしまう。

8ヶ月後、2004年12月31日。
夜中の12時で閉鎖される13分署に着いたローニックは、荷物を持って引き上げる同僚のケヴィン・キャプラ(マット・クレイヴン)に声をかける。

ニューイヤーズ・イヴのパーティーの飾りつけをする秘書のアイリス・フェリー(ドレア・ド・マッテオ)から、何もすることがないので楽しむべきだと言われたローニックは、片付けが残っていると伝える。

裏社会を牛耳る大物マリオン・ビショップ(ローレンス・フィッシュバーン)は、教会で刑事を殺して逃走しようとするものの、駆けつけた警官に逮捕される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
デトロイト
閉鎖される13分署の最後の夜を任された巡査部長のジェイク・ローニックは、ベテランの同僚オシェアと秘書のアイリスと共に、パーティー気分で過ごしていた。
裏社会の大物ビショップが逮捕され、強盗のベック、スマイリー、アンナと共に護送されるのだが、吹雪のため13分署で待機することになる。
ビショップらを迎えて不安を感じるローニックは、車の故障でその場に現れた精神科医のアレックスも加えて、仲間達と共に新年を迎えることになる。
ところが、突然、現れた男達に襲われたローニックらは、それを撃退するものの、相手が警官だと分かり困惑する・・・。
__________

閉鎖されるため数人しか残っていない警察の分署で起こる予期せぬ事件は、警官と犯罪者などが互いに手を組み、様々な個性の持ち主である登場人物が絡み合う、その後の展開を期待させながら進行する。

犯罪者だった警察のある組織が、その証拠を消し去るために、分署に集まった者達を、証人となる可能性のある大物犯罪者と共に抹殺しようとするという、あり得るはずのない奇抜なアイデアが興味をそそる作品。

主人公は、仲間達を潜入捜査で失ったことで責任を感じて苦悩する状況にあり、それを克服しながら戦う逞しさが力強く描かれている。

その主人公の姿に男として共感する、大物犯罪者との友情に似た関係の描写も実にいい。

仲間を失った責任を感じ苦悩しながら、勇気ある行動で戦いに挑む主人公を熱演する巡査部長のイーサン・ホーク、終始冷静であり大物の雰囲気で存在感を示す裏社会を牛耳るローレンス・フィッシュバーン、彼と手を組み犯罪に手を染めていた警部ガブリエル・バーン、主人公を担当する精神科医のマリア・ベロ、主人公らを裏切るベテラン警官のブライアン・デネヒー、分署の秘書を魅力的に演ずるドレア・ド・マッテオ、護送されて来た犯罪者ジョン・レグイザモジャ・ルールアイシャ・ハインズ、デュヴァル(ガブリエル・バーン)の部下カリー・グレアム、途中で分署に現れる警官マット・クレイヴン、護送官ドリアン・ヘアウッドキム・コーツ、麻薬の売人タイタス・ウェリヴァーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021