4551 Movies

ラスト・リベンジ Dying of the Light (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

かつて拷問を受けたテロリストへの復讐を果たそうとするベテランのCIA元工作員の戦いを描く、監督、脚本ポール・シュレイダー、主演ニコラス・ケイジアントン・イェルチンアレクサンダー・カリムイレーヌ・ジャコブ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ポール・シュレイダー

製作
スコット・クレイトン
ゲイリー・A・ハーシュ
デヴィッド・グロビック
トッド・ウィリアムズ
ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本:ポール・シュレイダー
撮影:ガブリエル・コサス
編集:ティム・シラノ
音楽:フレデリック・ウィードマン

出演
エヴァン・レイク:ニコラス・ケイジ
ミルトン・シュルツ:アントン・イェルチン
モハメド・バニール:アレクサンダー・カリム
ミシェル・ズバレイン:イレーヌ・ジャコブ
アシム:エイメン・ハムドゥッチ
ユリアン・コーネル医師:セルバン・セレア
サンジャー医師:サイラス・カーソン

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2014年製作 94分
公開
北米:2014年12月5日
日本:2015年5月2日
製作費 $5,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
監禁されたCIA諜報員エヴァン・レイク(ニコラス・ケイジ)は、テロリストのモハメド・バニール(アレクサンダー・カリム)の拷問を受ける。

22年後、バージニア州、キャンプ・ピアリーCIA訓練施設。
数々の功績を残したベテランのレイクは、訓練生へのスピーチを終えてその場を離れる。

バニールに拷問されるものの、救出された際のことをレイクは思い出す。

バージニア州、ラングレーCIA本部。
長官に呼ばれたレイクは、海軍6年、CIA30年の経歴を称えられ、引退を勧められるものの職務を続けたいことを伝える。

オフィスに戻ったレイクは、自分を慕う親友でもあるミルトン・シュルツ(アントン・イェルチン)から長官との話を訊かれ、引退する可能性を伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
数々の功績を残したベテランのCIA局員エヴァン・レイクは、FTD/前頭側頭認知症と診断され、その症状に苦しんでいた。
長官から引退を勧められたレイクは、自分を慕う親友の局員ミルトンから、22年前に拷問を受けたテロリスト、バニールの情報を入手したと言われる。
ルーマニアブカレストで死んだケニア人と接点のある医師コーネルが、バニールの持病のサラセミア(地中海性貧血)の薬を患者に処方していたということだった。
その患者と思われるバニールを捕えるため捜索部隊の編成を要請するものの、それを長官に拒まれたレイクは辞職してしまう。
協力を申し出たミルトンと共に、因縁の男バニールを捕えるため、レイクはブカレストに向かうのだが・・・。
__________
鬼才ポール・シュレイダーの演出と脚本、人気スターのニコラス・ケイジアントン・イェルチンの共演ということで注目したい作品。

しかし、ポール・シュレイダーのご都合主義的な脚本に冴えがなく演出も単調で、サスペンスに加えた心理スリラー的な内容も今一パンチが足りない。

北米公開もされたとは言えない状況で拡大公開もされず、商業的にも失敗に終わった作品。

ハリウッド作品ではあまり馴染みのない、東欧の古都ブカレストでのロケが興味深い。

主演のニコラス・ケイジは、二流的な作品に時々、出演するのが気になるところだが、彼の演ずるベテランCIA局員が、痴呆症を患っているという変わった役柄は、少々、無理はあるが面白味はある。

2016年6月に惜しまれつつ事故で亡くなったアントン・イェルチンが、主人公と親子以上の年齢差を感じさせない、落ち着いた雰囲気で、主人公を慕う元秘密工作員の若い局員をサポート的に演じている。

主人公が追うテロリストのアレクサンダー・カリムブカレストでの主人公の協力者イレーヌ・ジャコブ、テロリストの部下エイメン・ハムドゥッチ、彼らに関係する医師セルバン・セレア、CIAの医師サイラス・カーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021