4452 Movies

ニック・オブ・タイム Nick of Time (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

娘を人質に取られ殺人を強要された男の命懸けの戦いを描く、製作、監督ジョン・バダム、主演ジョニー・デップクリストファー・ウォーケンチャールズ・S・ダットンローマ・マフィアマーシャ・メイソンピーター・ストラウス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・バダム

製作:ジョン・バダム
製作総指揮:D・J・カルーソー
脚本:パトリック・シーン・ダンカン
撮影:ロイ・H・ワグナー
編集
フランク・モリス
ケヴィン・スティット
音楽:アーサー・B・ルビンスタイン

出演
ジーン・ワトソン:ジョニー・デップ
Mr.スミス:クリストファー・ウォーケン
ヒューイ:チャールズ・S・ダットン
Ms.ジョーンズ:ローマ・マフィア
エレノア・グラント州知事:マーシャ・メイソン
ブレンダン・グラント:ピーター・ストラウス
クリスタ・ブルックス:グロリア・ルーベン
黒幕:G・D・スプラドリン
リン・ワトソン:コートニー・チェイス
警護官:ビル・スミトロヴィッチ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1995年製作 90分
公開
北米:1995年11月22日
日本:1996年5月18日
北米興行収入 $8,175,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス、正午。
妻を亡くした会計士のジーン・ワトソン(ジョニー・デップ)は、幼い娘リン(コートニー・チェイス)と共にユニオン駅に到着する。

その場に現れた警官のスミス(クリストファー・ウォーケン)とジョーンズ(ローマ・マフィア)は、ワトソンにIDの提示を求める。

同行するよう言われたワトソンはリンと共に車に乗せられ、銃を向けるスミスから、娘のことを考え指示に従うようにと脅される。

ある女の写真と予定表入りの封筒を渡されたワトソンは、目の前の”ボナベンチャー・ホテル”に向い、その女を殺すようにと言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
妻を亡くした会計士のジーン・ワトソンは、幼い娘リンと共に駅に到着し、警官だというスミスとジョーンズに声をかけられる。
同行を求められたワトソンは、銃を向けるスミスから、ある女を1時間半以内に殺すよう強要される。
リンを人質に取られ、指示された”ボナベンチャー・ホテル”に向かったワトソンは、再選を目指すグラント州知事が殺す相手だと知る。
助けを求めようとするワトソンだったが、スミスに監視された状況であったため、仕方なく指示に従おうとするのだが・・・。
__________

サタデー・ナイト・フィーバー」(1977)など話題作を手掛けたジョン・バダムジョニー・デップが組んだことで注目された作品。

知事暗殺を強要される主人公に与えられた時間が90分であり、上映時間もそれにほぼ一致する展開で進行する。

原題の”Nick of Time”は、”際どい時”という意味。

追い詰められる主人公の心理状況が緊迫感溢れる映像で描かれ、ジョン・バダムのシャープな演出も見所の作品。

しかし、批評家の評価のは低く、魅力的なキャスティングにも拘らず拡大公開もされず、商業ベースには乗らなかった作品でもある。

幼い娘を人質にとるために単なる会計士を選び、大物である州知事の暗殺を強要する話など、実は秘密組織の工作員であった・・・という設定でもなければあり得ないことで、誰もが頭を傾げてしまうだろう。

それはともかく、ハリウッドの頂点を目指そうとしていたジョニー・デップが、様々な役柄に挑戦していた時期でもあり興味深い作品で、幼い娘を救おうとして命懸けで戦う父親を熱演している。

主演のジョニー・デップに殺人を強要する謎の男クリストファー・ウォーケンとパートナーのローマ・マフィアも、クセのある役柄をなかなかいい雰囲気で演じてる。

主人公に協力する靴磨きのチャールズ・S・ダットン、州知事マーシャ・メイソン、その夫ピーター・ストラウス、知事秘書のグロリア・ルーベン、暗殺計画の黒幕G・D・スプラドリン、主人公の娘コートニー・チェイス、暗殺計画に加わる警護官ビル・スミトロヴィッチなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021