4553 Movies

オクラホマ・キッド The Oklahoma Kid (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

入植者の町の悪党に父を殺された無法者の復讐を描く、製作ハル・B・ウォリス、監督ロイド・ベーコン、主演ジェームズ・キャグニーハンフリー・ボガートローズマリー・レーンドナルド・クリスプハーヴィー・スティーヴンスワード・ボンド他共演の西部劇。


西部劇

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロイド・ベーコン

製作
サミュエル・ビスコフ
ハル・B・ウォリス
原作
エドワード・E・パラモアJr.
ウォーリー・クライン
脚本
エドワード・E・パラモアJr.
ロバート・バックナー
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
編集:オーウェン・マークス
音楽:マックス・スタイナー

出演
ジム・キンケイド/オクラホマ・キッド:ジェームズ・キャグニー
ウィップ・マッコード:ハンフリー・ボガート
ジェーン・ハードウィック:ローズマリー・レイン
ハードウィック判事:ドナルド・クリスプ
ネッド・キンケイド:ハーヴィー・スティーヴンス
ジョン・キンケイド:ヒュー・サザーン
アレック・マーティン:チャールズ・ミドルトン
エース・ドゥーリン:エドワード・ポーレー
ウェス・ハンドリー:ワード・ボンド
エド・カーリー:ルー・ハーヴェイ
イディアン・ジャック・パスコ:トレヴァー・バーデット
リンゴ(弁護士):ジョン・ミルジャン
モーガン判事:アーサー・エイルスワース
ホテルのスタッフ:アーヴィング・ベーコン
キーリー:ジョー・デヴリン
エイブ・コリンズ保安官:ウェイド・ボトラー
教授:レイ・メイヤー
保安官補:ダン・ウォルハイム
陪審員:ボブ・コートマン
バーの老人:テックス・クーパー
秘書:ジョン・ハロン
グロバー・クリーブランド大統領:スチュアート・ホームズ
タイムズ・レポーター:ジェフリー・セイアー
開拓地エージェント:フランク・メイオ
郵便局員:ジャック・モワー
入植者:アル・ブリッジ
酔っ払い:ドン・バークリー
バーテンダー:ホレイス・マーフィー
バーテンダー:ロバート・ホーマンス
バーテンダー:ジョージ・ロイド
マヌエリタ:ロジーナ・ガリ
ペドロ:ジョージ・レガス
郵便局員:クレム・ビヴァンス
先住民の女性:ソレダッド・ヒメネス
陪審長:エド・ブレイディ
入植者:トム・チャタートン
殺し屋:エリオット・サリヴァン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1939年製作 85分
公開
北米:1939年3月3日
日本:1940年5月29日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
クリーブランド大統領(スチュアート・ホームズ)は、オクラホマ準州の”チェロキー・ストリップ”(実際にはチェロキー・アウトレット)の土地販売を許可する法案に署名する。

土地取得のために先住民に支払われる現金が列車で到着し、駅馬車に積まれて運ばれるものの、ウィップ・マッコード(ハンフリー・ボガート)とその一味が強奪する。

それを目撃していたオクラホマ・キッド(ジェームズ・キャグニー)は、マッコードらを待ち伏せして現金を奪う。

チェロキー・シティ
入植者が集まり、リーダーのジョン・キンケイド(ヒュー・サザーン)は、立派な町を建設することを皆と共に誓う。

息子ネッド(ハーヴィー・スティーヴンス)が必ず最初に杭を打ち込むと言うキンケイドは、明日の準備をする。

キンケイドは、信頼するハードウィック判事(ドナルド・クリスプ)に法の整備を任せる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
オクラホマ準州の先住民の土地の販売が許可され、入植者たちは大挙して集まる。
入植者のリーダーであるキンケイドの息子ジムは、”オクラホマ・キッド”の名で知られる無法者だった。
入植者により造られた町”タルサ”で酒場と賭博場を仕切る悪党のマッコードは、敵対するキンケイドが市長に立候補しようとしたために、妨害して殺人の濡れ衣を着せる。
それを知ったキッドは町に向かい、ハードウィック判事と娘のジェーンの協力を得て、父を助けようとするのだが・・・。
__________

チャールズ・チャップリン作品の多くに出演したことでも知られ、その後、監督としてのキャリアを重ねるロイド・ベーコンが演出し、ジェームズ・キャグニーハンフリー・ボガートの豪華共演が話題になった作品。

小柄を意識させない、他を圧倒する存在感のジェームズ・キャグニーは、無法者ではあるものの、町の悪党に立ち向かう男を熱演している。

黒ずくめの悪党として登場するハンフリー・ボガートが、西部劇のイメージに合わないと思いきや、クセのある役柄を見事に演じ、クライマックスではジェームズ・キャグニーとの大格闘も見せてくれる。

レイン・シスターズ”の三女として知られるローズマリー・レインは、無法者である主人公に惹かれる判事の娘を魅力的に演じている。

マックス・スタイナーの軽快且つ勇壮な音楽も印象に残る。

無法者の主人公を見守り協力する判事のドナルド・クリスプ、主人公の兄である保安官のハーヴィー・スティーヴンス、その父親である入植者のリーダー、ヒュー・サザーン、判事の協力者チャールズ・ミドルトン、マッコード(ハンフリー・ボガート)の手下エドワード・ポーレーワード・ボンドルー・ハーヴェイトレヴァー・バーデット、マッコードの弁護士ジョン・ミルジャン、マッコード側の判事アーサー・エイルスワース、ホテルのスタッフ役アーヴィング・ベーコン、バーテンダーのジョー・デヴリン、保安官のウェイド・ボトラー、陪審員のボブ・コートマン、長官のジョン・ハロングロバー・クリーブランド大統領のスチュアート・ホームズ、開拓地エージェントのフランク・メイオ、郵便局員のジャック・モワークレム・ビヴァンス、入植者のアル・ブリッジトム・チャタートン、酔っ払いのドン・バークリー、バーテンダーのホレイス・マーフィーロバート・ホーマンスジョージ・ロイド、主人公を匿うメキシコ人夫婦のロジーナ・ガリジョージ・レガス、陪審長のエド・ブレイディ、殺し屋のエリオット・サリヴァンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021