4551 Movies

カスバの恋 Algiers (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1937年に発表された、アンリ・ラ・バルトの小説”Pepe le Moko”を基に製作されたフランス映画「望郷」(1937)のハリウッド版リメイク。
アルジェカスバに潜む犯罪者と観光客の女性との恋を描く、製作ウォルター・ウェンジャー、監督ジョン・クロムウェル、主演シャルル・ボワイエシグリッド・ガリーヘディ・ラマージョセフ・カレイアアラン・ヘイルジーン・ロックハート他共演のドラマ。


ドラマ

ヘディ・ラマー / Hedy Lamarr / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・クロムウェル

製作:ウォルター・ウェンジャー
原作:アンリ・ラ・バルト”Pepe le Moko”
脚本
ジェームズ・M・ケイン
ジョン・ハワード・ローソン
撮影:ジェームズ・ウォン・ハウ
編集:ウィリアム・H・レイノルズ
美術・装置:アレクサンダー・トルボフ
作曲
ヴィンセント・スコット
モハメド・イゲルボシェン

出演
ペペ・ル・モコ:シャルル・ボワイエ
イネス:シグリッド・ガリー
ギャビー:ヘディ・ラマー
スリマン警部:ジョセフ・カレイア
グランペール:アラン・ヘイル
レジス:ジーン・ロックハート
ルーヴァン主任警部:ウォルター・キングスフォード
ジャンヴィエ:ポール・ハーヴェイ
カルロス:スタンリー・フィールズ
ピエロ:ジョニー・ダウンス
マックス:チャールズ・D・ブラウン
ジロー:ロバート・クレイグ
ラルビ:レオニード・キンスキー
アイシャ:ジョーン・ウッドベリー
タニア:ニナ・コシェッツ
マリー:クラウディア・デル
ギル:ベン・ホール
ベルティエ:バート・ローチ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1938年製作 99分
公開
北米:1938年8月5日
日本:未公開
製作費 $691,830


アカデミー賞
第11回アカデミー賞

・ノミネート
主演男優(シャルル・ボワイエ
助演男優(ジーン・ロックハート
撮影・美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アルジェ
フランスから逃れてきた犯罪者ペペ・ル・モコ(シャルル・ボワイエ)は、カスバに潜んで君臨し、フランス警察は長年彼を追っていた。

地元警察のルーヴァン主任警部(ウォルター・キングスフォード)は、フランス政府から派遣されたジャンヴィエ(ポール・ハーヴェイ)からのペペの逮捕要求に対し、カスバでの困難な捜査状況を伝える。

ペペをよく知るスリマン警部(ジョセフ・カレイア)が、カスバの住人ととトラブルを避けているような対応に不満を抱くジャンヴィエは、自分が逮捕すると言って、12人の刑事を貸すことをルーヴァンに要求する。

その頃ペペは、短気なカルロス(スタンリー・フィールズ)と気弱な若者ピエロ(ジョニー・ダウンス)らを従えて、故売屋のグランペール(アラン・ヘイル)に真珠を売ろうとしていた。

ルーヴァンとジャンヴィエらの手入れが始まり、カスバの住人は警戒する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
アルジェ
フランスから逃れてきた犯罪者ペペ・ル・モコは、カスバに潜んで君臨し、フランス警察は長年彼を追っていた。
地元警察のスリマン警部は、ペペとの友情を築きつつ、住人とのトラブルを避けようとしていた。
ある日ペペは、フランス人観光客の美しい女性ギャビーと出会い、彼女に惹かれる。
ペペは、情婦イネスに嫉妬されながら、ギャビーとの時間を過ごすようになり、故郷への思いが募りカスバを出ることを考えるのだが・・・。
__________

前年の1937年に公開されたフランス映画「望郷」(1937)のハリウッド版リメイク。

アルジェカスバに潜む犯罪者と観光客の女性との恋を描くドラマ。

製作はウォルター・ウェンジャー、多くの話題作を手掛けていたジョン・クロムウェルが監督し、フランス人スターのシャルル・ボワイエを主演に起用した作品。

主人公が惹かれるフランス人観光客の女性を演ずるヘディ・ラマーの美しさは話題になり、彼女にとってはセンセーショナルなハリウッド・デビューとなった。

また、1942年の「カサブランカ」の脚本が、本作からインスピレーションを得たことはよく知られている。
舞台設定の雰囲気、登場人物の設定や関係がよく似ていることに注目して両作を鑑賞すると実に興味深い。

アルジェの街と入り組んだカスバの様子を見事に描写する、ジェームズ・ウォン・ハウの映像は秀逸だ。

第11回アカデミー賞では、主演男優(シャルル・ボワイエ)、助演男優(ジーン・ロックハート)、撮影、美術賞にノミネートされた。

主人公のペペ・ル・モコを、雰囲気ある演技で見事に演じたシャルル・ボワイエなのだが、前年に公開されたばかりのオリジナル作「望郷」のリメイクでの役柄を楽しんでいなかったと言われている。

主人公と観光客の女性との関係に嫉妬するペペの情婦シグリッド・ガリー、犯罪者の主人公と不思議な友情で結ばれる地元警察の警部ジョセフ・カレイア、主人公と関係する故売屋のアラン・ヘイル、主人公を裏切る気弱な男ジーン・ロックハート、主人公を捕らえようとする地元警察の主任警部ウォルター・キングスフォードフランス政府から派遣されて主人公を追うポール・ハーヴェイ、主人公の手下スタンリー・フィールズ、その妻ニナ・コシェッツジョニー・ダウンスチャールズ・D・ブラウンベン・ホール、ギャビー(ヘディ・ラマー)の婚約者ロバート・クレイグ、主人公を裏切る男レオニード・キンスキー、主人公に関わる女ジョーン・ウッドベリー、ギャビーの友人クラウディア・デル、その恋人バート・ローチなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021