4452 Movies

オデッサ・ファイル The Odessa File (1974)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1972年に発表された、フレデリック・フォーサイスの小説”オデッサ・ファイル”を基に製作された作品。
ナチス親衛隊の秘密組織”オデッサ”のメンバーである”屠殺人”エドゥアルト・ロシュマンを追う記者と、その行動に隠された秘密を描く、監督ロナルド・ニーム、主演ジョン・ヴォイトマクシミリアン・シェルマリア・シェルメアリー・タムデレク・ジャコビ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ロナルド・ニーム

製作:ジョン・ウルフ
脚本
ケネス・ロス
ジョージ・マークスタイン
原作:フレデリック・フォーサイスオデッサ・ファイル
撮影:オズワルド・モリス
編集:ラルフ・ケンプレン
音楽:アンドルー・ロイド・ウェバー

出演
ペーター・ミラー:ジョン・ヴォイト
エドゥアルト・ロシュマンマクシミリアン・シェル
フラウ・ミュラー:マリア・シェル
シギー:メアリー・タム
クラウス・ヴェンツァー:デレク・ジャコビ
リヒャルト・グリュックスハンネス・メッセマー
サイモン・ヴィーゼンタールシュミュエル・ロデンスキー
デヴィッド・プラス:ピーター・ジェフリー
グスタフ・マッケンソン:クラウス・レーヴィッチェ
ワーナー・デイルマン:アーネスト・シュローダー
グライファー将軍:ギュンター・マイズナー
カール・ブラウン:グンナール・モーラー
クニック:ギュンター・ストラック
フランツ・バイエル:ノエル・ニューマン

イギリス/西ドイル 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1974年製作 130分
公開
イギリス:1974年10月17日
北米:1974年10月18日
日本:1975年3月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1963年9月23日、イスラエル
エジプトの攻撃が迫り、病原菌や放射性物質が装着されたロケット弾の誘導装置が完成することを恐れた軍は、西ドイツのどこかでそれが作られていることに気づいていた。

その秘密施設の者達は、発注者が”オデッサ”であることを知らずに開発を進めているため、最終段階に入ったそれを阻止するため、場所を特定しようとする。

ナチス親衛隊の秘密組織”オデッサ”が存在し、”リガ・ゲットー”の司令官エドゥアルト・ロシュマンもその一員だった。

エジプト大統領は、イスラエル攻撃のための400基のロケット開発を急ぎ、それを行ったのは、ヒトラーのロケット開発計画に従事した科学者だった。

1963年11月22日、西ドイツハンブルグ
フリーの記者ペーター・ミラー(ジョン・ヴォイト)は、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディダラスで暗殺されたニュースを車のラジオで知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1963年、西ドイツハンブルグ
フリーの記者ペーター・ミラーは、友人の警官から、たまたま遭遇したガス自殺した老人タウバーの日記を渡される。
ナチの迫害を受けたユダヤ人のタウバーは、”リガ・ゲットーの屠殺人”と言われた、元親衛隊将校エドゥアルト・ロシュマンを追跡する人生を日記に残したのだった。
あることに気づいたミラーは、ロシュマンを捜すための行動を始めるものの、妨害に遭い命を狙われる。
ウィーンに向い、ナチ・ハンターのヴィーゼンタールに会ったミラーは、元ナチス親衛隊の秘密組織”オデッサ”について知らされ、戦後、逃亡したロシュマンを見つけ出すには、偽造の専門家を探す必要があると言われる。
その後ミラーは、”オデッサ”の行動を探る組織に捕えられ、内部の情報を得るための協力を求められ、メンバーに扮して”オデッサ”に潜入するのだが・・・。
__________

前年に公開された「ジャッカルの日」(1973)に続くフレデリック・フォーサイスの原作の映画化であり、若手の実力派ジョン・ヴォイトが主人公を演じ、「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)で成功した直後のロナルド・ニームの演出ということで、大いに話題になった作品。

どうしても「ジャッカルの日」と比較してしまうのだが、本作は無難にまとめたサスペンスではあるが、前者に比べると、緊迫感などにやや物足りなさを感じてしまう。

実在の元ナチス親衛隊将校エドゥアルト・ロシュマンや、ナチ・ハンターとして知られるサイモン・ヴィーゼンタールなどが登場し、リアリズムを追及した作品には仕上がっている。

事実と異なるのは、物語で殺されることになるエドゥアルト・ロシュマンは逃亡生活を続け、1977年に南米で死亡し、”オデッサ”の幹部である元親衛隊将軍のリヒャルト・グリュックスは、終戦間近に自殺しているため、本作の時代には生存していない。

また、サイモン・ヴィーゼンタールは、サスペンス映画の傑作「ブラジルから来た少年」(1978)のナチ・ハンター”ヤコフ・リーバーマン”(ローレンス・オリヴィエが演じた”エズラ・リーバーマン”)のモデルにもなったため、同作も同時に鑑賞されると本作の面白味が増すだろう。

アンドルー・ロイド・ウェバーらしい楽曲も、ドラマを大いに盛り上げている。

ナチの残党追跡にはある秘密があった・・・そのための執念が命を懸けた行動となる、フリーの記者を熱演するジョン・ヴォイト、主人公に追われる”リガ・ゲットーの屠殺人”エドゥアルト・ロシュマンマクシミリアン・シェル、彼の実姉である、主人公の母親役マリア・シェル、主人公の恋人メアリー・タム、前年の「ジャッカルの日」(1973)にも出演した、偽造の専門家デレク・ジャコビオデッサ”の幹部である元親衛隊将軍リヒャルト・グリュックスハンネス・メッセマー、ナチ・ハンターのサイモン・ヴィーゼンタール役のシュミュエル・ロデンスキー、ロケット開発を阻止しようとする組織のリーダー、ピーター・ジェフリー、”オデッサ”の殺し屋クラウス・レーヴィッチェ、”オデッサ”のメンバー、アーネスト・シュローダーギュンター・ストラックノエル・ニューマン、戦時の師団司令官ギュンター・マイズナーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021