4480 Movies

エミリー・ローズ The Exorcism of Emily Rose (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1976年に西ドイツで起きたアンネリーゼ・ミシェルの保護責任者遺棄致死事件をモチーフにして製作された作品。
大学生に悪魔祓いの儀式を行い、その結果、死に至らしめたと判断された神父と弁護士の真実の追及を描く、監督、脚本スコット・デリクソン、主演ローラ・リニートム・ウィルキンソンキャンベル・スコットジェニファー・カーペンター他共演の法廷ドラマ。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:スコット・デリクソン

製作
ポール・ハリス・ボードマン
ボー・フリン
製作総指揮
アンドレ・ラマル
テリー・マッケイ
デヴィッド・マックイルヴェイン
ジュリー・ヨーン
脚本
ポール・ハリス・ボードマン
スコット・デリクソン
撮影:トム・スターン
編集:ジェフ・ベタンコート
音楽:クリストファー・ヤング

出演
エリン・クリスティン・ブルナー:ローラ・リニー
リチャード・ムーア神父:トム・ウィルキンソン
イーサン・トマス:キャンベル・スコット
エミリー・ローズ:ジェニファー・カーペンター
カール・ガンダーソン:コルム・フィオール
ジェイソン:ジョシュア・クローズ
ブリュースター判事:メアリー・ベス・ハート
ブリッグズ博士:ヘンリー・ツェニー
サディラ・アダニ博士:ショーレ・アグダシュルー
ミュラー博士:ケネス・ウェルシュ
カートライト医師:ダンカン・フレイザー
レイ:J・R・ボーン
ジュリー・フォアマン:ロレーナ・ゲイル
マリア・ローズ:マリリン・ノリー

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ
2005年製作 119分
公開
北米:2005年9月9日
日本:2006年3月11日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $75,072,450
世界 $144,216,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
大学生のエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が亡くなり、検死の結果、リチャード・ムーア神父(トム・ウィルキンソン)が過失致死罪に問われて逮捕される。

宗教感も考慮された結果、本件の主席検事をイーサン・トマス(キャンベル・スコット)が担当することになる。

上司カール・ガンダーソン(コルム・フィオール)からムーアの話をされたエリン・クリスティン・ブルナー(ローラ・リニー)は、司法取引を拒否している彼の弁護を、昇進を条件に受ける。

悪魔祓いをしたことで話題になっているムーアの弁護は、教会の要請だった。

ムーアに会ったブルナーは、これまで通り国選弁護人に任せると言われるが、手強い検事トムスに対抗するのは難しいことを伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
大学生のエミリー・ローズが亡くなり、医学的治療を止めて悪魔祓いを行ったムーア神父が過失致死罪に問われて逮捕される。
教会の要請によりエリン・クリスティン・ブルナーが弁護を担当することになるが、司法取引も拒否したムーアは、エミリーのことを証言させることを条件に彼女の弁護を認める。
裁判は始り、検事のトマスは、エミリーには医学治療が必要であったことを証明しようとする。
自分にも悪魔の”攻撃”があると言われたブルナーは、それを感じながら、教会が望んでいなかったムーアの証言をさせる決意をするのだが・・・。
__________

日本では、悪魔祓いをメインとして描くオカルト・ホラー映画的な印象を与える宣伝がされたが、それは全く間違いで、本作は紛れもない法廷ドラマ。

1976年に西ドイツで起きたアンネリーゼ・ミシェルの保護責任者遺棄致死事件をモチーフにしているドラマであり、エンディングでも明記されるように、世界中に大きな影響を与えた有名な事件として知られている。

過失致死罪を問われる神父は、検事側に医学的治療を止めたことを追及されるものの、彼を悪人と見る観客は一人もいないはずで、それが、クライマックスの驚くべき判決につながる。

超自然的なものや他の何にせよ、苦難に立ち向かうのが人間だという力強いテーマを感じさせてくれる、スコット・デリクソンの演出手腕も光る。

上記のように、世界的に注目された事件を題材としていることもあり、北米興行収入は約7500万ドル、全世界では約1億4400万ドルのヒットとなった。

不可知論者と言う立場で、誠実な神父の考えを理解しながら接する弁護士を好演するローラ・リニー、信念を曲げずに、亡くなった女性のために自分を犠牲にする神父を重厚に演ずるトム・ウィルキンソン、辣腕検事のキャンベル・スコット、突然の異変で壮絶な死を遂げる大学生ジェニファー・カーペンター、その恋人ジョシュア・クローズ、主人公の上司コルム・フィオール、判事メアリー・ベス・ハート、エミリーの検死報告についての説明をするヘンリー・ツェニー、悪魔憑きについての意見を述べる学者ショーレ・アグダシュルー、エミリーの症状について説明するケネス・ウェルシュ、悪魔祓いに立ち会った医師ダンカン・フレイザー、主人公の同僚J・R・ボーン、陪審員代表のロレーナ・ゲイル、エミリーの母親マリリン・ノリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021