4451 Movies

スパイ・レジェンド The November Man (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

引退したCIAエージェントが、ロシアの大統領候補とCIAの陰謀に立ち向かう姿を描く、監督ロジャー・ドナルドソン、主演ピアース・ブロスナンルーク・ブレイシーオルガ・キュリレンコラザル・リストフスキービル・スミトロヴィッチウィル・パットン他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ロジャー・ドナルドソン
製作
ボー・セント・クレア
スリラム・ダス
原作:ビル・グレンジャー”There Are No Spies”
脚本
マイケル・フィンチ
カール・ガイダシェク
撮影:ロマン・ラクールバ
編集:ジョン・ギルバート
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ピーター・デヴェロー:ピアース・ブロスナン
デヴィッド・メイソン:ルーク・ブレイシー
アリス・フルニエ/ミラ・フィリポワ:オルガ・キュリレンコ
アルカディ・フェデロフ:ラザル・リストフスキー
ジョン・ハンリー:ビル・スミトロヴィッチ
サラ:イライザ・テイラー
セリア:カテリーナ・スコーソン
ペリー・ワインスタイン:ウィル・パットン
ナタリア・ウラノヴァ:メディハ・ムスリオヴィック
アレクサ・ディモイストリア:アミラ・テルツィメヒッチ
メイヤーズ:アキー・コタベ
エドガー・シンプソン:パトリック・ケネディ
セミヨン・デニソフ:ドラガン・マリンコヴィッチ
ジョーンズ:ベン・ウィレンズ

アメリカ/イギリス 映画
配給 レラティビティ・メディア
2014年製作 108分
公開
イギリス:2014年11月7日
北米:2014年8月27日
日本:2015年1月17日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $25,018,120
世界 $32,556,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2008年、モンテネグロ
CIAエージェントのピーター・デヴェロー(ピアース・ブロスナン)は、若い工作員のデヴィッド・メイソン(ルーク・ブレイシー)と同僚のジョン・ハンリー(ビル・スミトロヴィッチ)と共にある作戦を実行する。

大使の身代わりになり広場で殺し屋の標的になったデヴェローは、狙撃の準備をしたメイソンに撃つよう指示する。

メイソンは殺し屋を射殺するものの、少年が流れ弾に当たり犠牲になる。

銃弾を受けるものの防弾チョッキを着ていたため無事だったデヴェローは、撃つしかなかったと言って動揺するメイソンに、命令通り行動するよう伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1987年に発表された、ビル・グレンジャーの小説”There Are No Spies”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
CIAを引退したピーター・デヴェローは、ロシアの次期大統領候補であるフェデロフが命取りとなる情報を入手したスパイ、ナタリアの回収作戦を、元同僚のハンリーから依頼される。
デヴェローの教育を受けた工作員のメイソンは回収作戦に加わり、情報を入手してデヴェローに救出されたナタリアを、ワインスタイン局長の命令で狙撃する。
その情報の詳細を知るのは、第二チェチェン紛争時のロシア陸軍の将軍フェデロフに家族を殺され辱めを受けた女性ミラ・フィリポワだった。
大統領になるために自分の過去を知る者を殺し屋に排除させていたフェデロフは、難民だったミラを担当したソーシャルワーカーのアリスの抹殺も命ずる。
そして、フェデロフ、CIA、恋人だったナタリアを殺されたデヴェローは、全ての鍵を握るミラを捜そうとするのだが・・・。
__________

セルビアの首都ベオグラードを舞台に、第二チェチェン紛争が、ロシアの将軍とCIAの共謀により引き起こされたという設定で展開する犯罪サスペンス。

それを隠蔽しようとする権力者の陰謀に巻き込まれる元CIA工作員と、秘密を知る紛争の犠牲者である女性が絡む複雑な内容を、ロジャー・ドナルドソンは無難にまとめ、軽快な演出によりまずまず見応えある作品に仕上がっている。

実際は地道で泥臭い諜報活動が、美しいベオグラードのロケや登場人物のキャラクターにより、スマートで洗練された雰囲気で描かれているため、娯楽作品としても楽しめる。

007/ダイ・アナザー・デイ」(2002)で”007シリーズ”を降板したピアース・ブロスナンが、その”ジェームズ・ボンド”を彷彿させる役柄で元CIAエージェントを演ずることが話題になった作品。

ピアース・ブロスナンは、CIAケースオフィサー(現場担当官)だったために、度々、厳しい言動で物事に対処する工作員を熱演している。

主人公に教育を受けた工作員のルーク・ブレイシー、物語の鍵を握る、主人公に協力する、第二チェチェン紛争で家族を殺された女性を演ずるオルガ・キュリレンコ、その家族を殺し彼女を弄んだ次期ロシア大統領候補で、自分の秘密を知る者の排除を実行するラザル・リストフスキー、彼と組んでチェチェン紛争を引き起こしたCIAビル・スミトロヴィッチ、メイソン(ルーク・ブレイシー)の隣人イライザ・テイラーCIAの作戦オペレーター、カテリーナ・スコーソン、陰謀の黒幕的な存在に見せる演出で局長を演ずるウィル・パットン、主人公の恋人であるスパイのメディハ・ムスリオヴィックロシアの殺し屋アミラ・テルツィメヒッチ、CIAの作戦オペレーター、アキー・コタベ、”ニューヨーク・タイムズ”の記者パトリック・ケネディベオグラードの売春を仕切るドラガン・マリンコヴィッチCIA工作員のベン・ウィレンズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021