4551 Movies

フォックスキャッチャー Foxcatcher (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

アメリカの大富豪”デュポン家”のジョン・エルテール・デュポンによるアマチュア・レスリングの支援と、その末に起こす殺人事件を描く、製作、監督ベネット・ミラー、主演スティーヴ・カレルチャニング・テイタムマーク・ラファロヴァネッサ・レッドグレイヴ他共演の実録ドラマ。


ドラマ

スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ベネット・ミラー
製作
ミーガン・エリソン
ベネット・ミラー
ジョン・キリク
アンソニー・ブレグマン
製作総指揮
チェルシー・バーナード
ロン・シュミット
マーク・バクシ
マイケル・コールマン
トム・ヘラー
ジョン・P・ジューラ
脚本
E・マックス・フライ
ダン・フッターマン
撮影:グリーグ・フレイザー
編集
スチュアート・レヴィ
コナー・オニール
ジェイ・キャシディ
音楽:ロブ・シモンセン

出演
ジョン・エルテール・デュポンスティーヴ・カレル
マーク・シュルツチャニング・テイタム
デイヴ・シュルツマーク・ラファロ
ジーン・デュポン:ヴァネッサ・レッドグレイヴ
ナンシー・シュルツ:シエナ・ミラー
ジャック:アンソニー・マイケル・ホール
ヘンリー・ベック:ガイ・ボイド
フレッド・コール:ブレット・ライス
ダニエル・シュルツ:サマラ・リー
アレクサンダー・シュルツ:ジャクソン・フレイザー
ロージー:ジェーン・モーダー
ロバート・ガルシア:ダニエル・ヒルト

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
2014年製作 134分
公開
北米:2014年11月14日
日本:2015年2月14日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $12,096,300
世界 $19,033,080


アカデミー賞
第87回アカデミー賞

・ノミネート
監督
主演男優(スティーヴ・カレル
助演男優(マーク・ラファロ
脚本・メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1987年。
ロサンゼルス・オリンピック”レスリング・フリースタイル82kg級金メダリストのマーク・シュルツチャニング・テイタム)は、安定した生活も送れず苦しい日々を過ごしていた。

同じく同オリンピックの金メダリストであるマークの兄デイヴマーク・ラファロ)は、妻ナンシー(シエナ・ミラー)と二人の子供のために、コロラドでのコーチを依頼され、それを受けることを考える。

デイヴからコーチの件を知らされたマークは、ショックを受ける。

そんなマークは、”デュポン家”の”ジョン・エルテール・デュポン”の代理人からの電話を受けて、ペンシルベニア州の”フォックスキャッチャー農場”に来てほしいと言われる。

ファーストクラスの航空券を用意されたマークペンシルベニアに向かい、デュポンのスタッフであるジャック(アンソニー・マイケル・ホール)に迎えられ、空港からヘリコプターでフォックスキャッチャーに向かう。

大邸宅に到着したマークは、現れたジョン・デュポンスティーヴ・カレル)に挨拶し、トロフィー・ルームに案内されて話をする。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1987年。
ロサンゼルス・オリンピック”レスリング・フリースタイル82kg級金メダリストのマーク・シュルツは、安定した生活も送れず苦しい日々を過ごしていた。
そんなマークは、大富豪の”デュポン家”の”ジョン・エルテール・デュポン”に呼ばれ、世界選手権ソウル・オリンピックへの支援をすると言われる。
ゲストハウスを与えられ年棒も約束されたマークは、同じ金メダリストの兄デイヴと共にチームを組もうとする。
家族とコーチの契約があるデイヴから自分は参加できないと言われたマークは、指導者のデュポンと集められた選手達と共にトレーニングを始め、ようやく安定した生活を手に入れるのだが・・・。
__________

1996年1月に起きた、アメリカの大富豪”デュポン家”のジョン・エルテール・デュポンによる、”ロサンゼルス・オリンピック”レスリングの元金メダリストでありコーチだった、デイヴ・シュルツ殺人事件までの経緯を描く実録ドラマ。

アメリカ国民に衝撃を与えた殺人事件自体はよく知られている事実で、本作では、スポーツ支援者であるジョン・デュポンが、オリンピックの金メダリストのマーク・シュルツと兄デイヴの支援者となり、二人との関係が深く描かれている。

大富豪でありながら孤独なデュポンと混乱していくマークの、それぞれの精神状態や主従関係が崩れる様子や、二人を見守る冷静で思慮深いデイヴの気遣いなどを、製作も兼ねるベネット・ミラーが繊細且つ深く描いている。

第87回アカデミー賞では、監督、主演男優(スティーヴ・カレル)、助演男優(マーク・ラファロ)、脚本、メイクアップ賞にノミネートされた。

オスカーにノミネートされた見事なメイクにより、主人公のジョン・エルテール・デュポンになり切るスティーヴ・カレルの迫真の演技は絶賛され、彼自身もアカデミー主演賞候補になり、助演賞候補のマーク・ラファロ、そしてチャニング・テイタムと共に、幅広い演技ができる実力派として高く評価された。

オリンピックの金メダリストにも拘らず不遇な日々を送っていた青年が、思わぬチャンスを掴むものの結局は大きな挫折を味わうことになる、マーク・シュルツを演ずるチャニング・テイタム、彼を愛し見守る兄デイヴ・シュルツを講演するマーク・ラファロ、その妻シエナ・ミラー、主人公の母親ジーン・デュポンのヴァネッサ・レッドグレイヴフォックスキャッチャー農場のスタッフ、アンソニー・マイケル・ホールデュポンの代理人ガイ・ボイドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021