4222 Movies

ナチュラル The Natural (1984)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1952年に発表された、バーナード・マラマッド同名小説を基に製作された作品。
事件に巻き込まれ選手生命を絶たれていた有望野球選手の運命を描く、監督バリー・レヴィンソン、主演ロバート・レッドフォードロバート・デュヴァルグレン・クローズキム・ベイシンガーバーバラ・ハーシー共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト ■
監督:バリー・レヴィンソン
製作:マーク・ジョンソン
原作:バーナード・マラマッド
脚本:
ロジャー・タウン

フィル・ダッセンベリー
編集:ステュー・リンダー
撮影:カレブ・デシャネル
美術・装置
メル・ボーン

アンジェロ・P・グラハム
ブルース・ウェインターブ
音楽:ランディ・ニューマン

出演
ロバート・レッドフォード:ロイ・ホッブス
ロバート・デュヴァル:マックス・マーシー
グレン・クローズ:アイリス・ゲインズ
キム・ベイシンガー:メモ・パリス
ウィルフォード・ブリムリー:ポップ・フィッシャー
リチャード・ファーンスワース:レッド・ブロウ
ロバート・プロスキー:判事
ダーレン・マクギャビン:ガス・サンズ
バーバラ・ハーシー:ハリエット・バード
ジョー・ドン・ベイカー: 飛ばし屋(大打者)
ジョン・P・フィネガン:サム・シンプソン
マイケル・マドセン: バンプ・ベイリー
ジョージ・ウィルコツ:ボビー・サヴォイ

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
1984年製作 137分
公開
北米:1984年5月11日
日本:1984年8月1日
製作費 $28,000,000
北米興行収入 $47,951,980


アカデミー賞 ■
第57回アカデミー賞
・ノミネート
助演女優(グレン・クローズ)
撮影・美術・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
父に野球の才能を見出された少年は、父の死後、雷が落ちた木から自分でバットを削りだし、”ワンダーボーイ”と名付ける。

1923年。
19歳のロイ・ホッブス(ロバート・レッドフォード)は、幼馴染のアイリス・ゲインズ(グレン・クローズ)に、”シカゴ・カブス”の入団テストを受けることを伝える。

結婚の約束をした二人は、その夜結ばれ、必ず連れに戻ると、アイリスに告げたロイは旅立つ。

生まれて初めて汽車に乗り、メジャーリーグのキャンプに向かうロイは希望に燃える。

車中には、大打者(ジョー・ドン・ベイカー)と、スポーツ記者のマックス・マーシー(ロバート・デュヴァル)が同乗していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1923年。
亡き父に野球の才能を見出された、19歳のロイ・ホッブスは、”シカゴ・カブス”の入団テストを受けることを幼馴染のアイリスに伝える。
結婚の約束をした二人は、その夜に結ばれ、必ず連れに戻るとアイリスに告げたロイは旅立つ。
ロイの後見人のシンプソンは、メジャーリーグのキャンプに向かう彼のことを、列車に同乗していたリーグの大打者と、スポーツ記者のマーシーに話す。
途中、休息で下車したロイと大打者は勝負をすることになり、結局、ロイが大打者を三球三振に仕留めてしまう。
それを見ていた、謎の女ハリエットがロイに接近し、マーシーもロイの才能を認めて絶賛する。
シカゴに着いたロイは、ホテルでハリエットに呼ばれて銃撃されてしまい、彼女は窓から身を投げてしまう。
16年後、連敗続きの下位チーム、ニューヨーク・ナイツに、ピークを過ぎた、引退間近にしか見えない選手ロイが現われる・・・。
__________

神がかり的な野球選手の秘められた謎が、緊張感ある物語として描かれ、ドラマチックな盛り上がりと共に静かな感動を呼ぶ作品。
野球をテーマにした作品には傑作が少ない中では、お勧めの作品でもある。

野球の勝敗が殆ど気にならず、奇跡的な展開を上手く使い、またサスペンスの要素も盛り込んだ、監督バリー・レヴィンソンの演出も見応えある。

天性の野球センスを持つ青年が、苦労して成功する単純なストーリーではなく、事件に巻き込まれ一生を棒に振りかけながらもチャンスを待ち、更には権力からの圧力にも屈せず、栄光ではなく、愛する者を手に入れるという、深みのあるストーリーに仕上がっている。

感動のシーンを大いに盛り上げる、ランディ・ニューマンの音楽も心に残る。

第57回アカデミー賞では、グレン・クローズの助演女優他、撮影、美術、作曲賞にノミネートされた。

実年齢(47歳)よりは若くは見えるロバート・レッドフォードが、希望に燃える野球青年から引退寸前の老プレーヤーまでを、物静かでありながら、男としての強さも感じさせる熱演を見せる。

グレン・クローズは、主人公の妻となる日を待ち続ける、逞しくもある聡明な女性を見事に演じている。

脇を固める共演者も、チームの監督ウィルフォード・ブリムリーとコーチのリチャード・ファーンスワース、判事のロバート・プロスキー、彼の策謀に加担するダーレン・マクギャビンキム・ベイシンガー、記者役のロバート・デュヴァル、それぞれが適役を自然な雰囲気で演じている。

謎の女性、そして殺人者バーバラ・ハーシー、フェンスに激突し死亡するマイケル・マドセンなども共演している。
ベーブ・ルースをモデルにした、ジョー・ドン・ベイカーも、出番は少ないが、凄みのある演技で印象に残る。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020