4233 Movies

レマゲン鉄橋 The Bridge at Remagen (1969)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

第二次大戦末期、ドイツ軍の撤退路として、ライン川架かるルーデンドルフ橋の米独の攻防戦を描く、監督ジョン・ギラーミン、主演ジョージ・シーガルベン・ギャザラロバート・ヴォーンペーター・ファン・アイクハンス・クリスチャン・ブレヒ他共演の戦争映画。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ギラーミン
製作:デヴィッド・L・ウォルパー
原作:ケネス・ヘクター

脚本
ウィリアム・ロバーツ
リチャード・イエーツ
撮影:スタンリー・コルテス
編集:ウィリアム・カートライト
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
・アメリカ軍
フィル・ハートマン中尉:ジョージ・シーガル
アンジェロ軍曹:ベン・ギャザラ
バーンズ少佐:ブラッドフォード・ディルマン
シナー准将:E・G・マーシャル

グレブス伍長:ボー・ホプキンス

・ドイツ軍
ポール・クルーガー少佐:ロバート・ヴォーン
フォン・ブロック将軍:ペーター・ファン・アイク
カール・シュミット大尉:ハンス・クリスチャン・ブレヒ
フォン・スターマー陸軍元帥:リヒャルト・ミュンヒ

ガーラッハ将軍:ギュンター・メイスナー

ホルツガングレマゲン市長:ハインツ・ラインケ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1969年製作 115分
公開
北米:1969年8月13日
日本:1970年3月1日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1945年3月、第2次大戦末期。
ドイツ軍のフォン・ブロック将軍(ペーター・ファン・アイク)は、レマゲンライン川に残された最後の橋、ルーデンドルフ橋破壊を、フォン・スターマー陸軍元帥(リヒャルト・ミュンヒ)から命ぜられる。

フォン・ブロック将軍は、対岸に残されていたドイツ兵7万5000人の撤退を優先させるよう懇願するが、アメリカ軍の進軍を防ぐため、それを却下される。

橋に迫ったアメリカ陸軍のシナー准将(E・G・マーシャル)は、志願したバーンズ少佐(ブラッドフォード・ディルマン)の先行部隊に橋への進軍を命ずる。

斥候部隊は、武勲に執着するバーンズに反抗するフィル・ハートマン中尉(ジョージ・シーガル)率いる中隊に任されることになる。

戦利品をあさるアンジェロ軍曹(ベン・ギャザラ)らは、気乗りしないものの、上官の命令を聞き入れ目的地に向かう。

一方、フォン・ブロック将軍は、ポール・クルーガー少佐(ロバート・ヴォーン)を呼び寄せる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1957年に発表された、ケネス・ヘクターの著書”The Bridge at Remagen: The Amazing Story of March 7, 1945”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)

1945年3月、第2次大戦末期。
ドイツ軍のフォン・ブロック将軍は、レマゲンライン川に残された最後の橋ルーデンドルフ橋の破壊を、陸軍元帥フォン・スターマーから命ぜられる。
フォン・ブロックは、対岸に残されていた自軍兵士7万5000人の撤退を優先させるよう懇願するが、アメリカ軍が迫る中、それは却下される。
橋に迫ったアメリカ陸軍のシナー准将は、志願したバーンズ少佐の先行部隊に、橋への進軍を命じ、フィル・ハートマン中尉率いる中隊が斥候を任される。
一方、フォン・ブロックはクルーガー少佐を呼び寄せ、上層部の考えを無視して、橋の破壊をせずに、残された兵士達を助けることを考えるのだが・・・。
__________

この後、「タワーリング・インフェルノ」(1974)や「キング・コング」(1978)などの超大作を手がけることになる、ジョン・ギラーミン監督による大作戦争ドラマ。

無能な上官に従わなければならない、愚連隊のようなアメリカ軍の一部隊を中心に描き、一ひねり加えられたストーリーと、迫力ある戦闘シーンは見応え十分で、ドイツ軍側で描かれる無益な戦いも、しみじみと空虚さを感じさせてくれる。

ドラマを盛り上げる、エルマー・バーンスタインの、勇ましくも、どことなく悲し気なテーマ曲は、米独の激しく辛い戦いを見事に表現して印象に残る。

チェコスロヴァキアで行われたロケは、当時の鉄橋そのものの雰囲気を十分に表現していて、ドラマに現実味を与えている。

ジョージ・シーガルベン・ギャザラらのアメリカ軍側の俳優陣が、ビッグ・スターではないため、ややインパクトに欠ける気もするのだが、ドイツ軍将校の顔ぶれは、お馴染みの面々が揃っている。

意外にドイツ軍人が似合う、ロバート・ヴォーン他、ペーター・ファン・アイクリヒャルト・ミュンヒハンス・クリスチャン・ブレヒ、そしてギュンター・メイスナーの軍服姿は、惚れ惚れするほどだ。

残念ながら、ペーター・ファン・アイクは、公開を待たずに亡くなり、本作が遺作になった。

名誉に執着する無能な指揮官ブラッドフォード・ディルマン、司令官E・G・マーシャル、伍長ボー・ホプキンスなども共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020