4452 Movies

運び屋 The Mule (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

90歳を過ぎてすべてを失い麻薬カルテルの運び屋となった園芸家の生き様を描く、製作、監督、主演クリント・イーストウッド、共演ブラッドリー・クーパーローレンス・フィッシュバーンマイケル・ペーニャダイアン・ウィーストアンディ・ガルシアタイッサ・ファーミガアリソン・イーストウッド他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:クリント・イーストウッド

製作
クリント・イーストウッド
ティム・ムーア
ジェシカ・マイアー
ダン・フリードキン
ブラッドリー・トーマス
製作総指揮:アーロン・L・ギルバート
原案:サム・ドルニック”The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule”
脚本:ニック・シェンク
撮影:イヴ・ベランジェ
編集:ジョエル・コックス
音楽:アルトゥロ・サンドヴァル

出演
アール・ストーン:クリント・イーストウッド
コリン・ベイツ捜査官:ブラッドリー・クーパー
ウォーレン・ルイス主任特別捜査官:ローレンス・フィッシュバーン
トレヴィノ捜査官:マイケル・ペーニャ
メアリー・ストーン:ダイアン・ウィースト
ラトン:アンディ・ガルシア
ジニー:タイッサ・ファーミガ
アイリス:アリソン・イーストウッド
ティム・ケネディ:リチャード・ヘルド
バグ:ロボ・セバスチャン
アックスル:マニー・モンタナ
バルド・ロブ:ノエル・G
ルイス・ロカ:ユージーン・コルデロ
グスタボ:クリフトン・コリンズJr.
リコ:ヴィクター・ラサック
エミリオ:ロバート・ラサルド
エドゥアルド:ダニエル・モンカダ
フリオ:イグナシオ・セリッチオ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2018年製作 116分
公開
北米:2018年12月14日
日本:2019年3月8日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $103,804,410
世界 $174,804,410


アカデミー賞
第回アカデミー賞

・受賞

・ノミネート


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
2005年、イリノイピオリア
朝鮮戦争の退役軍人である80代のアール・ストーン(クリント・イーストウッド)は、園芸家として成功していたが、家族よりも仕事を優先していることから、元妻メアリー(ダイアン・ウィースト)と娘アイリス(アリソン・イーストウッド)とは疎遠になっていた。

デイリリー品評会に参加したアールは、友人のティム・ケネディ(リチャード・ヘルド)に声をかける。

アールは見事に金賞を受賞し、参加者から祝福を受けスピーチをする。

結婚の日を迎えたアイリスは、アールが現れないために悲しみ、母メアリーからは諦めるようにと言われ、娘のジニーに慰められる。

バーにいたアールは、そのことを気にしてはいた。

12年後、2017年。
園芸の世界もインターネット販売などが主流となり、それを嫌うアールはその波に乗れなかったため、農場は財政破綻に直面し差し押さえられてしまう。

農場を去ったアールは、結婚式のリハーサルを控えるジニー(タイッサ・ファーミガ)を訪ね、彼女に歓迎される。

アールが来たことを知ったアイリスは話す気にもなれず、メアリーは、出席者の前で彼を非難する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2017年、イリノイピオリア
朝鮮戦争の退役軍人である90代のアール・ストーンは、園芸家として地元で有名だったものの、インターネットを嫌っていたために時代の流れに乗れず、破綻して農場を手放すことになる。
アールは、仕事を優先して家族を犠牲にしたため、元妻メアリーや娘のアイリスとも疎遠だった。
そんなアールは、メキシコの麻薬カルテルの”運び屋”となり、麻薬取締局DEA)の捜査が始まっていることも知らずに、大金を手に入れるためにその仕事を続けるのだが・・・。
__________

実在の園芸家であるレオ・シャープの行動を記事にした、サム・ドルニックの”The Sinaloa Cartel’s 90-Year-Old Drug Mule”を基に製作したドラマ。

撮影当時88歳になっていたということで、流石に容姿は老いたものの、製作と監督に加えて主演もこなすクリント・イーストウッドの、映画人生に対する情熱には敬服する。

脚本にやや難ありというところもあるが、生死を賭けた激戦の地で戦った退役軍人である主人公が、麻薬カルテルの極悪人に遠慮なく接する姿など、人間の年輪を感じさせる人物描写も含め、クリント・イーストウッドの深い演出が見どころの作品。

10年以上前から引退だと勝手に騒いでいる周囲を気にせず、業界の重鎮として精力的に活動を続けるクリント・イーストウッドのバイタリティには驚くばかりだ。

北米興行収入は1億ドルを超え、全世界では約1億7500万ドルのヒットとなった。

クリント・イーストウッドを尊敬し接している様子が窺える、主人公を追う麻薬取締局DEA)捜査官のブラッドリー・クーパー、彼と組むマイケル・ペーニャ、その上司ローレンス・フィッシュバーン、主人公の妻ダイアン・ウィースト、麻薬カルテルのボス、アンディ・ガルシア、主人公の孫娘タイッサ・ファーミガ、その母親アリソン・イーストウッド、主人公の友人リチャード・ヘルド、カルテルの一員で主人公を監視するロボ・セバスチャン、同じくマニー・モンタナノエル・GDEAの捜査に協力してカルテルの情報を流すユージーン・コルデロ、ボスを暗殺して組織を支配するクリフトン・コリンズJr.、主人公に運び屋の仕事を紹介するヴィクター・ラサック、カルテルの一員ロバート・ラサルドダニエル・モンカダ、主人公の監視役で親交を深めるイグナシオ・セリッチオなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021