4350 Movies

マスク・オブ・ゾロ The Mask of Zorro (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1919年に発表された、ジョンストン・マッカレーの著書”The Curse of Capistrano”に登場するキャラクター”ZORRO”を基に製作された作品。
メキシコ独立革命”直後、スペイン人のカリフォルニア総督の企む陰謀に立ち向かう、民衆の英雄”ゾロ”とその後を継いだ青年の戦いを描く、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグ、監督マーティン・キャンベル、主演アントニオ・バンデラスアンソニー・ホプキンスキャサリン・ゼタ=ジョーンズ他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・キャンベル
製作総指揮
スティーヴン・スピルバーグ

ローリー・マクドナルド
ウォルター・F・パークス
製作
ダグ・クレイボーン
デイヴィッド・フォスター
原案
テッド・エリオット

テリー・ロッシオ
ランドール・ジャンシン
原作:ジョンストン・マッカレーZORRO
脚本
ジョン・エスコー

テッド・エリオット
テリー・ロッシオ
撮影:フィル・メヒュー
編集:トム・ノーブル
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ゾロ/アレハンドロ・ムリエッタ:アントニオ・バンデラス

ゾロ/ドン・ディエゴ・デ・ラ・ベガ:アンソニー・ホプキンス
エレナ・デ・ラ・ベガ:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
ドン・ラファエル・モンテロ:スチュアート・ウィルソン
ハリソン・ラブ:マット・レッシャー
エスペランザ・デ・ラ・ベガ:ジュリエッタ・ローゼン
ホアキン・ムリエッタ:ヴィクター・リヴァース
三本指のジャック:L・Q・ジョーンズ
ドン・ルイス:トニー・アメンドラ
ドン・ペドロ:ペドロ・アルメンダリスJr.
アレハンドロ・ムリエッタ(少年期):ホセ・マリア・デ・タヴィラ
ホアキン・ムリエッタ(少年期):ディエゴ・シエレス
ガルシア:ホセ・ペレズ
刑務所長:モーリー・チェイキン

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ

1998年製作 137分
公開
北米:1998年7月17日
日本:1998年10月10日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $93,771,070
世界 $250,288,520


アカデミー賞 ■
第71回アカデミー賞
・ノミネート
録音・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1821年。
メキシコ国民は、革命軍のサンタ・アナの指揮下でスペイン支配からの独立を勝ち取る。

メキシコカリフォルニア総督ドン・ラファエル・モンテロは、スペインへの帰国を前に、民衆の英雄である宿敵ゾロを捕えるため最後の戦いに挑む。
___________

両親を失ったホアキン・ムリエッタ(ディエゴ・シエレス)とアレハンドロ(ホセ・マリア・デ・タヴィラ)兄弟は教会の世話になっていた。

帰国を控えたカリフォルニア総督ドン・ラファエル・モンテロ(スチュアート・ウィルソン)は、サンタ・アナの軍が迫っていることを地主のドン・ルイス(トニー・アメンドラ)から知らされる。

モンテロは、カリフォルニアを地主達に割譲することを約束し、広場で処刑を行おうとする。

ムリエッタ兄弟は、その場に現れたゾロ(アンソニー・ホプキンス)に気づき処刑を見守る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「マスク・オブ・ゾロ」(1998)
・「レジェンド・オブ・ゾロ」(2005)

*(簡略ストー リー)
1821年、”メキシコ独立革命”直後。
民衆の味方である英雄ゾロことドン・ディエゴ・デ・ラ・ベガは、メキシコカリフォルニア総督でスペイン人のモンテロに妻を殺され娘を奪われてしまう。
20年後、メキシコに戻ったモンテロは、カリフォルニアを手に入れるためにある陰謀を企んでいた。
投獄されていたデ・ラ・ベガは、モンテロに育てられたエレナを取り戻すためにその場を逃れる。
兄をモンテロの部下ラブに殺されたお尋ね者アレハンドロ・ムリエッタは、子供時代にゾロを助けたことがあった。
アレハンドロと出会ったデ・ラ・ベガは、その縁で彼を後継者に指名する。
デ・ラ・ベガは、二代目ゾロとしてアレハンドロを鍛え剣術を教え、モンテロとの戦いに挑もうとするのだが・・・。
__________

何度も映画化されている、民衆の味方である英雄”ゾロ”の活躍を描く、スピード感のあるマーティン・キャンベルの演出と派手なアクションが見所の娯楽映画。

活劇の王道とも言える物語は、かつて見た作品を彷彿させるような場面の連続ではあるが、ユーモアやロマンスを絡めた目まぐるしい展開と迫力で、新鮮味さえ感じる映像を存分に楽しめる。

CGなどを極力使わない体を張ったアクションを重視しているのは、当然、往年の活劇映画へのオマージュと敬意からだろう。

第71回アカデミー賞 では、録音、音響編集賞にノミネートされた。

北米興行収入は約9400万ドル、全世界では約2億5000万ドルのヒットとなり、2005年に続編「レジェンド・オブ・ゾロ」が公開された。

少年時代にゾロを助けるものの、その後にお尋ね者となるという設定も面白い、主人公である二代目ゾロを演ずるアントニオ・バンデラスは、ユーモアを含めて表情なども非常に魅力的であり、剣術も見事で得意のダンスも披露してくれる。

初代ゾロを演ずるアンソニー・ホプキンスは、殺された妻の復讐と娘を取り戻そうとする執念の男を、いつもながら重厚に演じている。

その娘役であるキャサリン・ゼタ=ジョーンズの美しさが際立つ作品で、本作により彼女の人気が一気に高まったことが頷ける。

彼女を連れ去り父親として育てる元総督スチュアート・ウィルソン、彼に雇われる私兵部隊の隊長マット・レッシャー、初代ゾロの妻ジュリエッタ・ローゼン、主人公の兄ヴィクター・リヴァース、賞金稼ぎのL・Q・ジョーンズ、大地主トニー・アメンドラペドロ・アルメンダリスJr.、主人公兄弟の少年期ホセ・マリア・デ・タヴィラとディエゴ・シエレス、刑務所長モーリー・チェイキンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020