That's Movie Talk!     3934 Movies

マンボ・キングス The Mambo Kings (1992) 3.61/5 (33)

  •  
  • 21
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ラテン音楽界での成功を夢見るキューバ人兄弟の生き様を描く、製作、監督アーネ・グリムシャー、主演アーマンド・アサンテアントニオ・バンデラスマルーシュカ・デートメルスキャシー・モリアーティデジ・アーナズJr.ロスコー・リー・ブラウン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:アーネ・グリムシャー

製作
アーノン・ミルチャン
アーネ・グリムシャー
製作総指揮:スティーヴン・ルーサー
原作:オスカー・イフェロスThe Mambo Kings Play Songs of Love
脚本:シンシア・シドル
撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集:クレア・シンプソン
音楽
カルロス・フランゼッティ
ロバート・クラフト

出演
セサール・カスティーヨ:アーマンド・アサンテ
ネスター・カスティーヨ:アントニオ・バンデラス
ドロレス・フエンテス:マルーシュカ・デートメルス
ラナ・レイク:キャシー・モリアーティ
デジ・アーナズデジ・アーナズJr.
フェルナンド・ペレス:ロスコー・リー・ブラウン
エヴァリナ・モントーヤ:セリア・クルス
ミゲル・モントーヤ:ヴォンディ・カーティス=ホール
マリア・リヴェラ:タリサ・ソト
本人:ティト・プエンテ
マリガン:トーマス・F・ダフィ
マチートフランク・グリロ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1992年製作 104分
公開
北米:1992年2月28日
日本:1992年12月18日
製作費 $15,500,000
北米興行収入 $6,742,170


アカデミー賞
第65回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1952年、キューバハバナ
ミュージシャンのセサール・カスティーヨ(アーマンド・アサンテ)は、弟のネスター(アントニオ・バンデラス)を裏切ったマリア・リヴェラ(タリサ・ソト)を責める。

マリアと結婚したルイスに痛めつけられたセサールは、こうしなければネスターが殺されていたと考える彼女から、アメリカに逃げるようにと言われる。

悲しむマリアは、この件はネスターには秘密にしてほしいとセサールに伝える

フロリダからニューヨークに向かうバスの中で、ネスターに夢を語るセサールは、バンド”マンボ・キングス”の成功を確信する。

ニューヨーク
従弟のパブロの家族に迎えられたセサールとネスターは、早速ナイトクラブに向かう。

セサールとネスターは、業界のドン、フェルナンド・ペレス(ロスコー・リー・ブラウン)や、多数のクラブ・オーナーのカルロ・リッチ、編曲者のミゲル・モントーヤ(ヴォンディ・カーティス=ホール)とその母親エヴァリナ(セリア・クルス)などの面々がいることを、同行したパブロから知らされる。

セサールは、タバコ売りのラナ・レイク(キャシー・モリアーティ)に惹かれる。

その後、ダンスを楽しんだセサールは、ステージのマンボ・スター、ティト・プエンテに声をかけて強引に演奏してしまう。

セサールの才能を皆が認め、その場は盛り上がるものの、発砲殺人事件が起きる。

組合に入りバンドのツアーに参加するようにと言われたセサールは、作曲家が必要だと言うことも知る。

演奏が気に入ってくれたラナに自己紹介したセサールは、ネスターとバンドを組むことなどを話し、彼女と意気投合して愛し合う。

パブロの家に戻っていたネスターは、マリアのことが忘れられなかった。

精肉工場で働き始めたセサールとネスターは、夜はバンド活動をしてチャンスを待つ。

その後、ミゲルとエヴァリナに会うことができたセサールとネスターは、その才能を認められて、バンド”マンボ・キングス”としてデビューしようとする。

ドロレス・フエンテス(マルーシュカ・デートメルス)という女性と出会ったネスターは、富豪の家でメイドをする読書好きの彼女が教師になる夢があることを知る。

ネスターも自分の店を持つ夢を語り、ショーを見に来るようにと言って、ドロレスをクラブに誘う。

マンボ・キングスのショーは成功し、フェルナンドも彼らの才能に目をつける。

姉アンナ・マリアと共にその場に現れれたドロレスに惹かれたセサールは、ネスターから彼女を紹介される。

ドロレスを誘い踊るセサールに気づいたラナは嫉妬する。

ネスターは、バンド・リーダーがフェルナンドと契約することを知る。

来てくれたことをネスターに感謝されたドロレスだったが、セサールのことが気になる。

フェルナンドからNo.1にしてやると言われたセサールは、業界を支配する男とは知らずに、指図されること嫌い彼を追い払う。

ネスターに意見されたセサールだったが、聞く耳を持たなかった。

クラブのショーから降ろされたセサールとネスターは、精肉工場とイベントなどの仕事で稼ぐしかなかった。

ネスターから、フェルナンドと話し合い頭を下げるべきだと言われたセサールは、彼と意見が対立する。

作曲ができる日々を送ることが夢だとドロレスに語るネスターは、店をもってそれを達成するようにと言われる。

故郷を離れ出会えてよかったと話すネスターは、ドロレスと愛し合う。

バンドのメンバーは離れ解散寸前となり、店を持ちたいと考えるネスターとドロレスと意見が合わないセサールは、二人が結婚することを知り驚く。

ネスターから、ドロレスが妊娠入ていることを知らされたセサールは、マリアのことなども話しながら、互いの愛を確認する。

セサールや仲間達に祝福され、ネスターとドロレスは結婚する。

幸せを感じるドロレスだったが、ネスターが寝言でマリアの名を呼んだためにショックを受ける。

その後、ドロレスは無事に息子を出産し、セサールは、読書が好きな彼女に本をプレゼントする。

クラブ・ババルーのステージに上がれたセサールとネスターは、その場にいたデジ・アーナズデジ・アーナズJr.)に演奏を認められる。

デジとネスターの家で話し合ったセサールは、バンドのマンボ・キングスで活動しているが、最近は干されていることを伝える。

アイ・ラブ・ルーシー”への出演をセサールとネスターに約束したデジは、近所の住人などに見送られてその場を去る。

ハリウッド
アイ・ラブ・ルーシー”の本番で緊張するセサールとネスターは、英語が話せないキューバ人役という設定でルシル・ボールデジと共に番組を大いに盛り上げる。

ドロレスら家族はテレビの前に集まり、番組を楽しむ。

デジの紹介でセサールとネスターの”わが心のマリア”の演奏が始まり、二人は曲を熱唱するものの、ドロレスは複雑な思いだった。

翌日、セサールは女性達とプールサイドで楽しみ、ネスターは、マリアを想いながら部屋で手紙を書く。

マリアに似た女性と愛し合ってしまったネスターは、セサールに批判されるものの、故郷に帰りたいと言って反発する。

自分は来たくなかったと伝えたネスターは、セサールから、テレビ出演までできた現状の地位を捨てるのかと言われる。

今後も利用されるだけだと考えるネスターに、セサールは、幸せを願ってしたことだと伝えるものの、マリアなしで幸せなどあり得ないと言われる。

ニューヨークに来なければ殺されていたため助けたと言われたネスターは、マリアが、泣きながら逃げてくれと頼んだことをセサールから知らされる。

ルイスから守るためにマリアが仕方なく結婚したとことを知らされたネスターは、重要な話ではあったが隠していたのは、自分の命を助けるためだった言われて愕然とする。

その後、マンボ・キングスのレコードはヒットしスターとなる。

フェルナンドの元に向かい歓迎されたネスターは、自分の店を持ちたいという考えを伝える。

自分と契約すれば将来を約束する言うフェルナンドの言葉を信じたネスターは、マンボ・キングスとセサールと別れる決心をしたことをラナに話す。

セサールがドロレスに惹かれていることに気づいていたネスターは、動揺するラナから、セサールはあなたを愛しているので理解してあげるべきだと助言される。

帰宅したネスターは、ドロレスから学校に戻り教師になると言われ、そうするべきだと伝えた彼は、苦労かけたことを謝罪する。

そこにセサールが現れ、クラブ・パラディウムに出演できることをネスターに伝える。

それがフェルナンドの口利きだと気づいたネスターはラナの言葉を思い出し、セサールと共に祝うしかなかった。

パラディウム。
セサールには契約のことを話していないとフェルナンドに伝えたネスターは、その件を断る。

フェルナンドから、それならば出演は今夜限りだと言われたネスターはステージに上がる。

店を出たネスターは、セサールとラナと共に車で帰る途中、今回の公演の話が来た理由を伝えようとする。

積雪でスリップしたネスターはハンドルを誤り、衝突して事故死する。

ショックを受けたセサールは、悲しみの末にバンドをやめてしまい、それを心配したエヴァリナは彼を励ます。

その後、立ち直ったセサールは、ネスターの夢を叶えるために”クラブ・ハバナ”をオープンする。

ステージのミゲルから、”わが心のマリア”をリクエストされたセサールは、その気になれず彼にそれを任せる。

ドロレスから、ネスターはあなたを尊敬しステージで喜びを感じていたと言われたセサールは、弟を苦しませてしまったと伝える。

それを否定するドロレスは、ネスター自身が自分を苦しめたと考える。

彼のために生きてきた、今なら故郷に帰れるとドロレスに伝えたセサールは、自分の店なので歌ってほしいと言われる。

もう意味のないことだと言うセサールに、ドロレスは、自分のために歌ってほしいと伝える。

ステージに上がったセサールは、”わが心のマリア”を歌いながらネスターのことを想う。


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1952年、キューバハバナ
ミュージシャンのセサール・カスティーヨは、弟ネスターを捨てた恋人のマリアが、マフィアに脅され仕方なく結婚したことを知る。
マリアから、命の危険があるのでアメリカに逃げるようにと言われたセサールは、その件をネスターに隠してニューヨークに向かう。
苦労しながらバンド”マンボ・キングス”を結成して才能を認められたセサールは、マリアのことが忘れられないままドロレスと恋に落ちたネスターの幸せを願い、夢を追うのだが・・・。
________

1989年に発表された、オスカー・イフェロスピューリッツァー賞受賞小説”The Mambo Kings Play Songs of Love”を基に製作された作品。

美術商としても知られるアーネ・グリムシャーが、製作を兼ねた監督作品。

ラテン音楽の世界での成功を夢見る、キューバ人兄弟の生き様を描くドラマ。

その後、世界的な人気スターとなる、アントニオ・バンデラスハリウッド・デビュー作品でもある。

少々荒っぽい手法で強引に事を進めようとする兄と、故郷の恋人を忘れられずに作曲に専念する弟が、苦悩しながらも成功を手に入れようとする兄弟愛と共に人間味溢れる描写などが、批評家からは高い評価を得た。

第65回アカデミー賞では、歌曲賞にノミネートされた。

その主人公を演ずる兄役のアーマンド・アサンテは、新天地で夢を叶えようとする野心家であるミュージシャンを、弟役のアントニオ・バンデラスは、兄と同じ思いでありながら元恋人(タリサ・ソト)を想い続けて苦悩する青年をそれぞれが好演している。

ネスター(アントニオ・バンデラス)と結婚するマルーシュカ・デートメルス、セサール(アーマンド・アサンテ)の恋人キャシー・モリアーティ、主人公二人の才能を認める、父デジ・アーナズを演ずるデジ・アーナズJr.、業界を支配する大物ロスコー・リー・ブラウン、主人公二人の才能を認めてサポートする編曲者ヴォンディ・カーティス=ホール、同じくその母親であるサルサ歌手セリア・クルス、ラテン音楽の第一人者で本人役のティト・プエンテ他、トーマス・F・ダフィ、若き日のフランク・グリロマチート役)などが共演している。



  •  
  • 21
  •  
  •  
That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up