4545 Movies

グッバイ・ラバー Goodbye Lover (1998)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

優雅な暮らしを夢見る女性が企む保険金殺人計画を描く、監督ローランド・ジョフィ、主演パトリシア・アークエットダーモット・マローニードン・ジョンソンメアリー=ルイーズ・パーカーエレン・デジェネレス他共演のクライム・コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ローランド・ジョフィ

製作
アレクサンドラ・ミルチャン
パトリック・マクダラー
ジョエル・ルードマン
クリス・ダニエル
製作総指揮:マイケル・G・ネイザンソン
原案:ロン・ピアー
脚本
ロン・ピアー
ジョエル・コーエン
アレック・ソコロウ
撮影:ダンテ・スピノッティ
音楽:ジョン・オットマン

出演
サンドラ・ダンモア:パトリシア・アークエット
ジェイク・ダンモア:ダーモット・マローニー
ベン・ダンモア:ドン・ジョンソン
ペギー・ブレイン:メアリー=ルイーズ・パーカー
リタ・ポンパーノ巡査部長:エレン・デジェネレス
クローリー刑事:アレックス・ロッコ
フィンレイソン牧師:アンドレ・グレゴリー
ブラッドリー:ジョン・ネヴィル
エヴリン:ジョー・ネル・ケネディ
ロ-リンズ:レイ・マッキノン
ラセター上院議員:バリー・ニューマン
ウィル:マックス・パーリック
マイク:ヴィンセント・ギャロ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1998年製作 102分
公開
北米:1999年4月16日
日本:1999年10月2日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $1,940,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
不動産ブローカーのサンドラ・ダンモア(パトリシア・アークエット)は、教会の奉仕活動に熱心だった。

アル中のリハビリ経験もある夫ジェイク(ダーモット・マローニー)の兄ベン(ドン・ジョンソン)と不倫関係にあるサンドラは、彼と教会で愛し合う。

広告代理店アイコナージでベンと共に働くジェイクは、同僚のペギー・ブレイン(メアリー=ルイーズ・パーカー)から、会議が始まっていることを知らされる。

ベンやペギーらと、副大統領候補のラセター上院議員(バリー・ニューマン)のキャンペーン広告について話し合うジェイクは、議員のスキャンダル対策に意見する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
不動産ブローカーのサンドラ・ダンモアは、夫ジェイクの兄ベンと不倫関係を続けていた。
実は、ジェイクと共謀してベンを殺害し、保険金を手に入れようとしていたサンドラは、それを実行する。
サンドラとジェイクは、事故に見せかけてベンを殺害することに成功する。
しかし、刑事のリタとローリンズは、ベンにかけられていた400万ドルの保険金を、唯一の肉親であるジェイクが受け取ることを知り彼とサンドラを調べ始める。
そんな中、ベンと関係を持っていた同僚のペギーが彼と結婚していた事実が分かり、事態は思わぬ展開となる・・・。
__________

キリング・フィールド」(1984)や「ミッション」(1986)など、社会性のある重厚な作品を手掛けて世界的な名声を得たローランド・ジョフィによる、純粋なコメディということで注目された。

保険金を手に入れようとする女性が、夫と共謀したその兄の殺人計画を描くクライム・コメディ。

保険金をめぐる二転三転する展開が愉快に描かれているのだが、コメディとは言え、ローランド・ジョフィの演出力に期待していると物足りなさばかりが印象に残る。

魅力的なキャスティングもイマイチ個性を活かしきれない内容で、評価も低く興行的には失敗し、公開1か月で打ち切りとなってしまった。

夫のダーモット・マローニーと共に義兄ドン・ジョンソンの保険金を手に入れようとする女性を、魔性の女的に魅力的に演ずるパトリシア・アークエット、それに絡み保険金を狙うメアリー=ルイーズ・パーカー、主人公以上に存在感を発揮する事件を担当する刑事のエレン・デジェネレス、その同僚で少々間抜けなレイ・マッキノン、二人の上司アレックス・ロッコ、牧師のアンドレ・グレゴリー、広告代理店のCEOジョン・ネヴィル、その秘書ジョー・ネル・ケネディ上院議員のバリー・ニューマン、殺し屋ヴィンセント・ギャロ、他マックス・パーリックなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021