4545 Movies

マッドボンバー The Mad Bomber (1972)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

社会に怒りを抱き爆破事件を繰り返す爆弾魔を捕らえようとする刑事の執念の捜査を描く、製作、監督、脚本、撮影バート・I・ゴードン、主演ヴィンセント・エドワーズチャック・コナーズネヴィル・ブランド他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:バート・I・ゴードン

製作:バート・I・ゴードン
原作:マルク・ベーム
脚本:バート・I・ゴードン
撮影:バート・I・ゴードン
編集:ジーン・ルジェロ
音楽:ミシェル・メンション

出演
ジェロニモ・ミネリ:ヴィンセント・エドワーズ
ウィリアム・ドーン:チャック・コナーズ
ジョージ・フロームリー:ネヴィル・ブランド
フロームリーに殺害される女性:クリスティナ・ハート
アン・ドーン:ナンシー・ホノルド
ブレイク:ハンク・ブラント
車の男:ロイス・D・アップルゲイト

アメリカ 映画
配給 Cinemation Industries
1972年製作 91分
公開
北米:1973年4月
日本:1974年1月25日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
離婚して娘を麻薬中毒で亡くしたウィリアム・ドーン(チャック・コナーズ)は、社会に怒りを感じていた。

軍隊時代の経験を生かし、ダイナマイトを利用して爆弾を作ったドーンは学校を爆破し、犠牲者が出る。

ノースリッジ州立病院。
塀を乗り越えて敷地内に入ったドーンは、建物に侵入して爆弾を置き、その場を離れる。

その間、女性患者のマーサが何者かにレイプされる。

翌日、捜査を始めた警部補のジェロニモ・ミネリ(ヴィンセント・エドワーズ)は、犯人を目撃したと思われるマーサに話を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
離婚して娘を麻薬中毒で亡くしたドーンは社会に怒りを抱き、制裁のために学校を爆破し、犠牲者が出る。
その後、ドーンは病院も爆破するのだが、レイプ犯のフロームリーが患者に暴行した際にドーンを目撃する。
事件の捜査を始めたジェロニモ・ミネリ警部補は、爆弾魔がレイプ犯であるとは思えなかった。
犯人は二人で、レイプ犯が爆弾魔を目撃したはずだと考えたミネリは捜査を続けるのだが、ホテルで再び爆破事件が起きてしまう・・・。
__________

巨大生物が登場するSF・怪奇映画などで知られるバート・I・ゴードンが、社会に怒りを抱く男の狂気と、それを阻止しようとする刑事の執念の捜査を描く異色作。

主演は、1960年代のテレビ・シリーズ”ベン・ケーシー”で絶大な人気を誇った、犯人を追う熱演する刑事役のヴィンセント・エドワーズなのだが、爆弾魔とレイプ犯に扮するチャック・コナーズネヴィル・ブランドの強烈な個性が見所と言える。

正に”狂人”に思える二人の犯人を同時に登場させるのは惜しいほどで、それぞれ単独でも十分に犯罪ドラマが仕上げられるようなインパクトがある、二人の存在が印象に残る作品。

大作でもないが、当時を知るものにとっては、1970年代を想い起させてくれる懐かしい作品で、当時、エロチシズムと残虐性で衝撃を受けた記憶がある。

特に、爆弾魔が自爆して無残な姿となるラストの映像は、今観ても驚くほどだ。

レイプ犯の犠牲者クリスティナ・ハート、爆弾魔が溺愛した麻薬中毒で死亡した娘ナンシー・ホノルド、刑事のハンク・ブラント、爆弾魔に因縁をつけられる車の男ロイス・D・アップルゲイトなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021