4354 Movies

13日の金曜日 Friday the 13th (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

13日の金曜日」(1980)シリーズを基にしたリブート・リメイク。
呪われた湖の殺人鬼”ジェイソン”に命を狙われる若者達の恐怖を描く、製作マイケル・ベイ、監督マーカス・ニスペル、主演ジャレッド・パダレッキダニエル・パナベイカーアマンダ・リゲッティ他共演のスラッシャー映画。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:マーカス・ニスペル

製作
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
ショーン・S・カニンガム
製作総指揮
ブライアン・ウィッテン
ウォルター・ハマダ
ガイ・ストーデル
キャラクター創造:ヴィクター・ミラー
原作
ダミアン・シャノン
マーク・スウィフト
マーク・ホイートン
脚本
ダミアン・シャノン
マーク・スウィフト
撮影:ダニエル・パール
編集:ケン・ブラックウェル
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

出演
クレイ・ミラー:ジャレッド・パダレッキ
ジェナ:ダニエル・パナベイカー
ホイットニー・ミラー:アマンダ・リゲッティ
チェルシー:ウィラ・フォード
トレント:トラヴィス・ヴァン・ウィンクル
ブリー:ジュリアナ・ギル
チューウィー:アーロン・ヨー
ローレンス:アーレン・エスカーペタ
ノーラン:ライアン・ハンセン
ウェイド:ジョナサン・サドースキー
ジェイソン・ヴォーヒーズ:デレク・ミアーズ
パメラ・ヴォーヒーズ:ナナ・ヴィジター
リッチー:ベン・フェルドマン
マイク:ニック・メネル
アマンダ:アメリカ・オリーヴォ
ドニー:カイル・デイヴィス
ブラック巡査:リチャード・バージ

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
パラマウント・ピクチャーズ(世界)
2009年製作 97分
公開
北米:2009年2月13日
日本:2009年2月13日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $64,997,190
世界 $91,379,050


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1980年6月13日、クリスタル・レイク。
息子ジェイソンが溺死した責任を女性監視員に追及するパメラ・ヴォーヒーズ(ナナ・ヴィジター)は、彼女を追い詰めるものの首を刎ねられる。

現在。
ウェイド(ジョナサン・サドースキー)、リッチー(ベン・フェルドマン)、マイク(ニック・メネル)、ホイットニー・ミラー(アマンダ・リゲッティ)、アマンダ(アメリカ・オリーヴォ)はクリスタル・レイクに向かう。

夜になり、ウェイドは、20年前に閉鎖されたキャンプ場で起きた事件のことを話す。

障害があった息子が溺死したことを監視員のせいにした母親が、全員を殺したものの、生存者に首を刎ねられたという事件だった。

更にウェイドは、死んだはずのその息子ジェイソンが、キャンプ場があったクリスタル・レイクに戻ったことを話す。

マイクとホイットニーは、その場を離れて二人きりになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「13日の金曜日」(1980)
・「13日の金曜日 PART2」(1981)
・「13日の金曜日 PART3」(1982)
・「13日の金曜日 完結編」(1984)
・「新・13日の金曜日」(1985)
・「13日の金曜日 PART6 ジェイソンは生きていた!」(1986)
・「13日の金曜日 PART7 新しい恐怖」(1988)
・「13日の金曜日 PART8 ジェイソンN.Y.へ」(1989)
・「13日の金曜日 ジェイソンの命日」(1993)
・「ジェイソンX 13日の金曜日」(2002)

関連作
・「フレディVSジェイソン」(2003)

リブート・リメイク
・「13日の金曜日」(2009)

*(簡略ストー リー)
溺死した少年が甦ったと言われる呪われたクリスタル・レイクで、若者達が失踪する。
6週間後、行方不明になった妹ホイットニーを捜すクレイ・ミラーは、仲間達と湖畔の別荘に来たトレントと知り合うが歓迎されない。
その後、トレントの友人ノーランとチェルシーが、湖で殺人鬼ジェイソンに殺される。
トレントの恋人ジェナは、妹を捜すクレイに同情し、湖の向こう側の閉鎖されたキャンプ場に向かう。
その夜、死体を運ぶジェイソンを目撃したクレイとジェナは別荘に戻るものの、次々とトレントの仲間達が殺されていく・・・。
__________

低予算のB級ホラー映画ながら、1980年代を代表するスラッシャー映画となった「13日の金曜日」(1980)のシリーズ初期の設定を基にした、マイケル・ベイが製作に加わったリブート・リメイク作品。

殺人鬼”ジェイソン”に襲われる若者達の恐怖を描く内容は、時代の流れもあり、この手の作品を見慣れたせいか、インパクトに欠けるが、シリーズのファンにとっては、その雰囲気を継承する内容は満足できると言っていい。

10作製作されたシリーズは、興行的には平凡に終わっていたが、本作は、北米興行収入が約6500万ドル、全世界では約9100万ドルと大健闘し、関連作の「フレディVSジェイソン」(2003)の約1億1500万ドルに次ぐ成績を残した。

行方不明になった妹(アマンダ・リゲッティ)を捜す青年ジャレッド・パダレッキ、彼に同情して協力するダニエル・パナベイカー、その恋人トラヴィス・ヴァン・ウィンクル、彼と共に別荘に向かうウィラ・フォードジュリアナ・ギルアーロン・ヨーアーレン・エスカーペタライアン・ハンセン、殺人鬼ジェイソンの巨漢デレク・ミアーズ、その母親ナナ・ヴィジター、彼に殺害される若者ジョナサン・サドースキーベン・フェルドマンニック・メネルアメリカ・オリーヴォ、地元の住民である犠牲者カイル・デイヴィス、警官リチャード・バージなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020