4478 Movies

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク The Lost World: Jurassic Park (1997)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

全世界で大ヒットした「ジュラシック・パーク」(1993)の続編。
島で生息していた恐竜の捕獲計画を描く、監督スティーブン・スピルバーグ、主演ジェフ・ゴールドブラムジュリアン・ムーアヴィンス・ヴォーンリチャード・アッテンボローピート・ポスルスウェイト共演のアクション・アドベンチャー超大作。


アクション/アドベンチャー

スティーヴン・スピルバーグ / Steven Spielberg 作品一覧
ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:スティーブン・スピルバーグ
制作
キャスリーン・ケネディ

ジェラルド・R・モーレン
コリン・ウィルソン
原作:マイケル・クライトン
脚本:デヴィッド・コープ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン
音楽:ジョン・ウィリアムズ

出演
イアン・マルカム:ジェフ・ゴールドブラム

サラ・ハーディング:ジュリアン・ムーア
ケリー・カーティス・マルカム:ヴァネッサ・リー・チェスター
ニック・ヴァン・オーウェン:ヴィンス・ヴォーン
エディ・カー:リチャード・シフ
ジョン・ハモンド:リチャード・アッテンボロー
ピーター・ラドロー:アーリス・ハワード
ローランド・テンボ:ピート・ポスルスウェイト
ディーター・スターク:ピーター・ストーメア
ロバート・バーク:トーマス・F・ダフィ
アジャイ・シドゥ:ハーヴェイ・ジェイソン
アレクシス・マーフィー:アリアナ・リチャーズ
ティム・マーフィー:ジョゼフ・マゼロ
キャシー・ボーマン:カミーラ・ベル
本人:バーナード・ショー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1997年製作 128分
公開
北米:1997年5月23日
日本:1997年7月12日
製作費 $73,000,000
北米興行収入 $229,074,520
世界 $615,100,000


アカデミー賞 ■
第70回アカデミー賞
・ノミネート
視覚効果賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
コスタリカ沖、ヌブラル島南西140キロ、ソルナ島。
島の浜辺でバカンスを楽しむ一家の少女キャシー・ボーマン(カミーラ・ベル)が、小型肉食恐竜コンプソグナトゥスに襲われる。

数学者イアン・マルカム(ジェフ・ゴールドブラム)は、かつて恐怖の体験をした当事者、インジェン社のジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)に呼び出される。

マルカムはハモンドの屋敷で、4年前に恐竜に襲われた同じ当事者で、ハモンドの孫達レックス・マーフィー(アリアナ・リチャーズ)と弟ティム(ジョゼフ・マゼロ)に再会する。

その後マルカムは、インジェン社を継いだ、ハモンドの甥ピーター・ラドロー(アーリス・ハワード)に、事件を公言したことを責められる。

ハモンドに面会したマルカムは、ジュラシック・パーク”サイトA”に、恐竜を供給するための遺伝子工場”サイトB”が、ソルナ島に存在していたことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ジュラシック・パーク」(1993)
・「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(1997)
・「ジュラシック・パークIII」(2001)
・「ジュラシック・ワールド」(2015)
・「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018)
・「Jurassic World 3」(2021)

*(簡略ストー リー)
”ジュラシック・パーク”が壊滅し、経営危機に陥ったインジェン社は、新社長ラドローの下、新たなパーク建設で復活を画策する。
4年前の事件の当事者ハモンドは、現場に居合わせた数学者マルカムを呼び寄せ、ラドローの計画がを含めた島の調査を依頼する。
恋人の古生物学者サラが、既に島にいることを知らされたマルカムは、仕方なくそれを受け入れ、ジャーナリストのオーウェンや野外装備の専門家カーらと現地に向かう。
サラと合流したマルカムらは、生きた恐竜を目の前にして驚きを隠せない。
そんなマルカムは、娘ケリーが船に密航して付いてきてしまったことを知る。
しかし、ハンターのテンボらを引き連れた、ラドロー率いるインジェン社の恐竜捕獲隊の一団が、島に現れる・・・。
__________

全世界で恐竜ブームを巻き起こし、社会現象にまでなり、約9億1500万ドル(世界)という、驚異的な興行収入を記録した前作には及ばなかったものの、北米で約2億2900万ドル、全世界では約6億1500万ドルの大ヒットとなった。

第70回アカデミー賞では、視覚効果賞にノミネートされた。

数字だけ見ると大成功とは言えるが、前作の余韻で観客が劇場に足を運んだのは明らかで、原作と全く違う路線に走ってしまい、ファンなどから批判を受け、作品の出来自体も酷評されてしまった。

恐竜の登場場面や数の多さで楽しませてはくれるが、前作のようなファンタジックな夢の世界の冒険の要素も影を潜め、サファリパークのような島で捕獲される恐竜達や、傲慢な人間の姿は哀れにしか見えない。

重装備で島に出かけるハンターなどが、武器をほとんど使うことなく、人間ばかり虐殺されていく描写も不自然な感じを受ける。

4年前の事件の当事者ということで、再び調査を依頼されるジェフ・ゴールドブラムは、前作で見せた理屈っぽい学者から、ギャグを飛ばすアクション俳優に近い活躍を見せている。

熱演はするものの、あえて危険に遭遇するような行動が気になるジュリアン・ムーア、まだキャリアも浅く体格の良さばかり目立つ、ジャーナリストのヴィンス・ヴォーン、密航するマルカムの娘:ヴァネッサ・リー・チェスター、見かけは頼りないが、仲間のために命を張りT-レックスに食い殺されてしまうリチャード・シフ、冒頭とラストでしか登場しないものの、存在感を見せるリチャード・アッテンボロー、傲慢なインジェン社の跡継ぎアーリス・ハワード、アクが強く人間味や男気もあるハンター、最も印象的なキャラクターのピート・ポスルスウェイト、相棒のハーヴェイ・ジェイソン、小型恐竜のコンプソグナトスを甘く見て餌食になるピーター・ストーメアなど共演者は、若手、ベテラン、個性派が豪華に顔を揃えている。
前作で大活躍するハモンド(R・アッテンボロー)の孫達アリアナ・リチャーズジョゼフ・マゼロCNNのアンカーマンのバーナード・ショーらも端役出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021