4240 Movies

小公女 The Little Princess (1939)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1905年に発表された、フランシス・ホジソン・バーネットの児童文学”小公女”を基に製作された作品。
出兵した軍人の父と離れ離れになった少女が寄宿学校に預けられ、様々な体験をしながら父との再会を待つ健気な姿を描く、製作ダリル・F・ザナック、監督ウォルター・ラング、主演シャーリー・テンプルリチャード・グリーンアニタ・ルイーズシーザー・ロメロ他共演による、心温まる家族愛のドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:ウォルター・ラング
製作:ダリル・F・ザナック
脚本
エセル・ヒル

ウォルター・フェリス
原作:フランシス・ホジソン・バーネット小公女
撮影
アーサー・C・ミラー

ウィリアム・V・スコール
編集:ルイス・R・レフラー
音楽
チャールズ・マクスウェル
シリル・J・モックリッジ

出演
サラ・クルー:シャーリー・テンプル

ジェフリー・ハミルトン:リチャード・グリーン
ローズ:アニタ・ルイーズ
クルー大尉:イアン・ハンター
ラム・ダス:シーザー・ロメロ
アマンダ・ミンチン:メアリー・ナッシュ
ヒューバート”バーティ”ミンチン:アーサー・トレイサー
ベッキー:シビル・ジェーソン
ヴィッカム卿:マイルズ・マンダー
オコネル:エイリー・マリオン
ヴィクトリア女王ベリル・マーサー
ゴードン大佐:ハリー・アレン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1939年製作 93分
公開
北米:1939年3月10日
日本:1979年12月22日
製作費 $1,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1899年、イングランドロンドン
インドから帰国しアフリカへの派遣(第二次ボーア戦争)を控えたクルー大尉(リチャード・グリーン)は、娘のサラ(シャーリー・テンプル)を”ミンチン寄宿学校”に預けようとする。

校長のアマンダ・ミンチン(メアリー・ナッシュ)に挨拶したクルーは、サラの入学を断られてしまう。

しかし、クルーが貴族で南アフリカのダイヤ採掘権を持つ企業の株主でもある資産家だと知ったミンチンは、サラの入学を許可する。

同席していた、元芸人である朗読と演技の教師でミンチンの弟ヒューバート”バーティ”(アーサー・トレイサー)もそれを聞いて喜ぶ。

ミンチンは、クルー大尉に無礼を謝罪して高額小切手を受け取り、女性教師ローズ(アニタ・ルイーズ)と生徒達を彼とサラに紹介する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1899年、イングランドロンドン
アフリカへの派遣(第二次ボーア戦争)を前にクルー大尉は、娘のサラを”ミンチン寄宿学校”に預けようとする。
ミンチン校長はそれを拒もうとするが、クルー大尉が資産家であること知り、態度を一変させてサラを預る。
父と別れたサラは、教師ローズや恋人のジェフリー、使用人の少女ベッキーに優しくされながら日々を過ごす。
その後サラは、父の任地が解放されたため親子の再会を確信する。
しかし、クルー大尉の戦死の報告を受けたミンチンは、資金援助がなくなったことでサラを使用人にしてしまう。
父の死を知らされたサラはそれを信じようとせず、怪我をして病院に運ばれたと考え、父を捜そうとするのだが・・・。
__________

今風に言えば”スーパー・スター”に更に”超”が付くほどの人気子役だったシャーリー・テンプルの堂々たる主演作で、当時を考えると、子供が主役の作品に製作費を100万ドルかけたというのだから驚きだ。

シャーリー・テンプル作品としては初のカラー作品で、幼く見えるものの既に9歳だった彼女はキャリアも十分であり、貫録さえ感じる演技を見せる。

子供が主役ながら、力強ささえ感じるテンポの良いウォルター・ラングの演出、押しつけがましくない親子愛の描写、主人公を優しく見守る周囲の人々の人情、そしてファンタジックでもあるミュージカル・タッチのシーンなど見所満載だ。

ヨーロッパで戦果が近づく時期、健気な少女の活躍が人々にどれだけの希望を与えたかを考えると、シャーリー・テンプルが当時の人々に与えた影響や功績は大きい。

主人公に優しく接する資産家の青年リチャード・グリーン、その恋人で教師役の美しいアニタ・ルイーズ、主人公の父親イアン・ハンター、寄宿学校に隣接する屋敷の主人マイルズ・マンダーに仕える優しいインド人を演ずるシーザー・ロメロ、意地の悪い学校長メアリー・ナッシュ、その弟で心優しいアーサー・トレイサー、主人公と親交を深める使用人の少女シビル・ジェーソン、学校の炊事係エイリー・マリオンヴィクトリア女王役のベリル・マーサー、女王に付き添う大佐ハリー・アレンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020