4237 Movies

戦うパンチョ・ビラ Villa Rides (1968)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

メキシコの革命家パンチョ・ビラと、彼に魅了される男達の戦いを描く、脚本サム・ペキンパー、監督バズ・キューリック、主演ユル・ブリンナーロバート・ミッチャムチャールズ・ブロンソン他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:バズ・キューリック
製作:テッド・リッチモンド
脚本
サム・ペキンパー

ロバート・タウン
撮影:ジャック・ヒルデヤード
音楽:モーリス・ジャール

出演
パンチョ・ビラユル・ブリンナー

リー・アーノルド:ロバート・ミッチャム
ロドルフォ・フィエロチャールズ・ブロンソン
フィナ:マリア・グラツィア・ブッチェラ
トマス・ウルビナロバート・ヴィハーロ
フランシスコ・ラミレス:フランク・ウォルフ
ビクトリアーノ・ウエルタハーバート・ロム
フランシスコ・マデロアレクサンダー・ノックス
フエンテス大佐:フェルナンド・レイ
フィエロの手下:ジョン・アイアランド
レストランの女性:ジル・アイアランド

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1968年製作 122分
公開
北米:1968年5月29日
日本:1969年2月4日
北米興行収入 $1,200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1910年代、メキシコ
複葉機を操縦して現れたアメリカ人の武器商人リー・アーノルド(ロバート・ミッチャム)は、着陸に失敗して車輪を壊す。

アーノルドは、反革命派のフランシスコ・ラミレス(フランク・ウォルフ)に銃を渡して取引を成立させる。

ラミレスから譲られたラバである村に向かったアーノルドは、鍛冶屋の娘フィナ(マリア・グラツィア・ブッチェラ)に一目惚れしてしまう。

飛行機を見に行ったアーノルドは、直ぐには直せないと鍛冶屋に言われ、その晩は彼の家に泊めてもらうことになる。

夕食を済ませたアーノルドは、革命派のリーダー、パンチョ・ビラ(ユル・ブリンナー)が村に現れたことなどを鍛冶屋と話す。

反革命且つ反政府派のラミレスの軍を警戒するよう忠告されたアーノルドは、フィナが気になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)1910年代、メキシコ
飛行機で武器を密輸していたアーノルドは反革命派にそれを売り、ある村に向かった彼は鍛冶屋の娘フィナに一目惚れしてしまう。
その後、飛行機の車輪を直したアーノルドだったが、反革命派に村は襲われる。
それを知った革命派のリーダー、パンチョ・ビラは、右腕のフィエロらと共に反革命派を追い払う。
ビラは、敵に銃を売ったアーノルドが殺されるのを制止し、彼の飛行機を利用して反革命派の行動を知ろうとする。
盗賊と言われ暴力的なビラだったが、アーノルドは彼に協力するうちに、その統率力で新たな国を動かす資質が備わっていることに気づき始める・・・。
__________

盗賊か野蛮人程度に思われていたパンチョ・ビラの戦いの日々を描く物語は、その時代に流行った”イタリア製西部劇”風の残虐性なども取り入れたアクションとして楽しめる。

脚本をサム・ペキンパーが担当しているところが注目で、本作を彼が演出し、翌年の「ワイルドバンチ」(1969)のようなタッチの作品としていたなら、ペキンパー自身の代表作になっていたかもしれないほどの面白い内容だ。

単刀直入に物事を考えて判断し、即行動に移す指導者の資質を持つ人を引き付ける男、パンチョ・ビラの人間性なども細やかに描写している。

それを、部外者のようなアメリカ人の目から捉えた展開も興味深い。

戦いの場面などもスケール感があり、それらを邪魔することのないモーリス・ジャールの音楽も印象に残る。

観ている観客が好きになる人物、人間味のある主人公パンチョ・ビラを演ずるユル・ブリンナー、主役と言っていい活躍をする、半悪人であるはみ出し者のアメリカ人ロバート・ミッチャムが善人に見えてしまう演出もいい。

パンチョ・ビラの右腕ロドルフォ・フィエロを演ずるチャールズ・ブロンソンは既にキャリア十分だったのだが、この頃からその実力が評価され始めていた時期であり、独特の雰囲気で残虐な戦士を印象深く好演している。

主人公と結婚しアメリカ人に愛されるマリア・グラツィア・ブッチェラ、革命派トマス・ウルビナロバート・ヴィハーロ、革命派司令官ビクトリアーノ・ウエルタハーバート・ロムフランシスコ・マデロ大統領のアレクサンダー・ノックス、反革命派の大尉フランク・ウォルフ、革命派の大佐フェルナンド・レイ、そしてゲスト出演的に、ジョン・アイアランド、同年チャールズ・ブロンソンと結婚するジル・アイアランドなどが登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020