4239 Movies

エジプト人 The Egyptian (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1945年に発表された、フィンランドの作家ミカ・ワルタリによる同名歴史小説の映画化。
捨て子として育てられ成長して医師になった青年が、幾多の試練や体験を得て王家の権力闘争などに翻弄されながら人の生きるべき道を探る姿を描く、製作ダリル・F・ザナック、監督マイケル・カーティス、主演ジーン・シモンズヴィクター・マチュアマイケル・ワイルディングジーン・ティアニーピーター・ユスティノフ他共演の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・カーティス
製作:ダリル・F・ザナック
原作:ミカ・ワルタリ
脚本
フィリップ・ダン

ケイシー・ロビンソン
撮影:レオン・シャムロイ
編集:バーバラ・マクリーン
音楽
バーナード・ハーマン

アルフレッド・ニューマン

出演
メリト:ジーン・シモンズ

ホレムヘブヴィクター・マチュア
イクナートンマイケル・ワイルディング
バケタモン:ジーン・ティアニー
ネフェル:ベラ・ダーヴィ
カプタ:ピーター・ユスティノフ
シヌヘ:エドマンド・パードム
ティイジュディス・イヴリン
メケレ:ヘンリー・ダニエル
墓泥棒:ジョン・キャラダイン
センムト:カール・ベントン・リード
トート:トミー・レティグ
ネフェルティティ:アニタ・スティーヴンス
死者の家の監督官:マイク・マズルキ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1954年製作 139分
公開
北米:1954年8月24日
日本:1955年1月29日
製作費 $5,000,000


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・ノミネート
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
辺境の地で、自由を失い余生を過ごす老人シヌヘ(エドマンド・パードム)は、人生を振り返る。

33世紀前、エジプト第18王朝テーベ
ナイル川で拾われた捨て子のシヌヘは、川岸の町で成長する。

養父センムト(カール・ベントン・リード)は医師で、貧しい者のために尽くし、テーベでの開頭手術は彼にしかできなかった。

その後、シヌヘ(エドマンド・パードム)は、”生者の家”に入り、軍人志望の親友ホレムヘブ(ヴィクター・マチュア)らと勉学に励み、彼はやがて医師の資格を得た。

”生者の家”を卒業し、テーベの開業医となったシムへは、患者を求め町に出る。

シヌヘは、町で片目の男カプタ(ピーター・ユスティノフ)と出会い、酒場の女メリト(ジーン・シモンズ)とは、お互いが気になる存在であった。

ホレムヘブとライオン狩りに出かけたシヌヘは、その場にいた預言者(マイケル・ワイルディング)を助けようとするが、現われた神官メケレ(ヘンリー・ダニエル)に捕らえられてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
古代エジプト
ナイル川に捨てられていた子供は医師であるセンムトの養子となる。
やがて成長したシヌヘは、軍人を志す親友のホレムヘブと共に勉学に励み、医師の資格を得る。
その後、開業医となったシヌヘは、ホレムヘブと共にライオン狩りをしている際、ある預言者を助ける。
神官に捕らえられた二人は王宮に連行されて、その預言者が、ファラオイクナートンだったことを知る。
二人は解放され、シヌヘは王に王家の専属医を命ぜられるが、彼は貧民に尽くす誓いを立てていたためにそれを断る。
その後、バビロンの宴で美しいネフェルに魅了されたシヌヘは、我を忘れて彼女に財産の全てを貢いでしまう。
王女バケタモンやシヌヘに心を寄せる酒場の女メリトに、彼とネフェルの仲を裂くよう命ぜられたホレムヘブの心配を余所に、シヌヘは心の闇に身を投じてしまう・・・。
__________

当時としては破格の、製作費500万ドルをかけた超大作であり、名匠マイケル・カーティスの晩年の力作でもある。

古代エジプトの”シヌヘの物語”の主人公の名前を付けられた孤児の物語であるが、それを演ずるエドマンド・パードムは、好演はするものの、作品のイメージに、インパクトを与えるにはやや重荷だったようにも感じる。

この役は当初マーロン・ブランドであったために、彼が演じていれば・・・と、多くの人が思ってしまっただろうと予想されるところが、何ともエドマンド・パードムには気の毒なような気もする。

ホレムヘブを演ずるヴィクター・マチュアは、まずまず存在感を発揮するが、アップが少ないせいか、ジーン・シモンズジーン・ティアニーの役柄に物足りなさも感じる。

因みに、魔性の女ネフェル役をマリリン・モンローが切望したのだが、本作の製作者ダリル・F・ザナックの愛人であった、ポーランド出身のベラ・ダーヴィを、彼が起用したのは有名な話だ。
こちらは、モンローよりも、彼女の方が適役だったようにも思える。

グラスペイントなどを駆使した、当時の特撮技術を楽しむこともできるが、スペクタクル作品ではなく、人間が生きていくために必要なこと、その正しき道を行く人物を描く歴史物語となっている。

音楽を、バーナード・ハーマンアルフレッド・ニューマンという、ビッグネームが組んでいるところにも注目したい。

第27回アカデミー賞では、レオン・シャムロイが撮影賞にノミネートされた。

主人公の心の支えとなる酒場の女ジーン・シモンズ、軍人からファラオになるホレムヘブを演ずるヴィクター・マチュア、国策を信仰に頼り暗殺される王イクナートンマイケル・ワイルディング、その妹である王女ジーン・ティアニー、女の魅力で主人公の財産を奪うベラ・ダーヴィ、主人公の召使役ピーター・ユスティノフ、主人公の義母であったティイジュディス・イヴリン、神官ヘンリー・ダニエル、墓泥棒ジョン・キャラダイン、主人公の養父カール・ベントン・リード、メリト(J・シモンズ)の養子トミー・レティグ、王妃ネフェルティティ役のアニタ・スティーヴンス、死者の家の監督官のマイク・マズルキなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020