4297 Movies

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル The Life of David Gale (2003)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

死刑囚の犯した事件に隠された真相を究明しようとする記者を描く、製作、監督アラン・パーカー、製作ニコラス・ケイジ、主演ケヴィン・スペイシーケイト・ウィンスレットローラ・リニー他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ケヴィン・スペイシー / Kevin Spacey / Pinterest
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:アラン・パーカー
製作
ニコラス・ケイジ

アラン・パーカー
製作総指揮
モリッツ・ボーマン

ガイ・イースト
ナイジェル・シンクレア
脚本:チャールズ・ランドルフ
撮影:マイケル・セレシン
編集:ジェリー・ハンブリング
音楽
アレックス・パーカー
ジェイク・パーカー

出演
デビッド・ゲイル:ケヴィン・スペイシー
ビッツィー・ブルーム:ケイト・ウィンスレット
コンスタンス・ハラウェイ:ローラ・リニー
ザック・スティモンズ:ガブリエル・マン
ダスティ・ライト:マット・クレイヴン
ブラクストン・べリュー弁護士:レオン・リッピー
デューク・グローヴァー:ジム・ビーヴァー
バーリン:ローナ・ミトラ
ニコ:メリッサ・マッカーシー

アメリカ/イギリス/ドイツ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2003年製作 130分
公開
北米:2003年2月21日
日本:2003年7月26日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $19,955,600
世界 $38,955,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
テキサス
大手ニュース・マガジンの記者ビッツィー・ブルーム(ケイト・ウィンスレット)は、故障した車から降りて走り始める。
__________

ニューヨーク
テキサス大学の元哲学部長で、死刑囚のデビッド・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)の処刑延期が却下されたことが報道される。

ゲイルは、1994年に同僚コンスタンス・ハラウェイ(ローラ・リニー)のレイプ殺人事件で逮捕され有罪となり、死刑宣告を受けて控訴していた。

二人が死刑反対運動の活動家だったため、弁護士は、陪審員が被告に反感を持ったと考えたのだった。

ブルームは、ゲイルの弁護士ブラクストン・べリュー(レオン・リッピー)に指名され、金曜の刑執行までに3回のインタビューの許可を得ていた。

上司から、見習いのザック・スティモンズ(ガブリエル・マン)をアシスタントにするようにと言われたブルームはテキサスに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
テキサス
レイプ殺人事件で死刑判決を受けたテキサス大学の元哲学部長デビッド・ゲイルは、刑執行を数日後に控え、ニューヨークの雑誌記者ブルームを指名して取材に応じる。
アシスタントのザックと共に現地に向かったブルームは、死刑廃止運動の活動家であるゲイルの犯行を疑うことなく彼と面会する。
女子学生とのレイプ事件を発端にした妻との離婚、エリートからホームレス寸前になったゲイルの波乱の人生などを知らされたブルームは、冤罪の可能性を考え始める。
その後ブルームは、被害者であるゲイルと同じ活動家コンスタンスの殺害現場を映すビデオ・テープを受け取り、事件の真相を探ろうとするのだが・・・。
__________

レイプ殺人や死刑執行の是非など、アメリカの抱える社会問題を鋭い視点で描く、アラン・パーカーの緻密な演出が光る社会派ドラマ。

スタッフ、キャストを見ただけで単純なサスペンスでないことは予想されるが、ある考えを追及する者達の”殉教”による訴えを描く凄まじい内容の物語だ。

エリート教授の凋落、不治の病の同僚活動家、謎の男、無能と思われる弁護士、全てが仕組まれたことである事実が分かるクライマックスは、驚くべき展開で幕を閉じる。

とは言っても、主演がケヴィン・スペイシーであるため、アカデミー助演賞を授賞した「ユージュアル・サスペクツ」(1995)的な彼の役柄が常に頭を過り、ラストはその予想が的中したという方は多いはずだ。

エリート教授、活動家、レイプ事件、離婚・・・波乱の人生を送った死刑囚を演ずるケヴィン・スペイシーの変幻自在の演技は圧巻だ。
上半身を微動だにせず、目や口の動きだけで気持ちを伝える演技に是非、注目していただきたい。

当初は主人公の犯行を疑わないが、その後、冤罪を信じて行動に移す雑誌記者を熱演するケイト・ウィンスレット、主人公と共に活動する被害者(と思われた)のローラ・リニー、ブルーム(ケイト・ウィンスレット)のアシスタント、ガブリエル・マン、主人公と同じ活動家である謎の男マット・クレイヴン、無能と思わせるのも仕組まれたことであった主人公の弁護士レオン・リッピー、刑務所の広報担当官ジム・ビーヴァー、主人公に迫る学生ローナ・ミトラ、被害者の家で事件現場を再現して見世物にする女性メリッサ・マッカーシーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020