4511 Movies

サハラ戦車隊 Sahara (1943)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1936年のソ連映画”The Thirteen”を基にフィリップ・マクドナルドの原案で製作された作品。
第二次大戦下の”北アフリカ戦線”を部隊に、アメリカ陸軍の戦車部隊隊員とイギリス他連合部隊の勇気ある戦いを描く、主演ハンフリー・ボガートダン・デュリエブルース・ベネット、監督ゾルタン・コルダによる戦争映画の秀作。


ドラマ(戦争)

ハンフリー・ボガート / Humphrey Bogart / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ゾルタン・コルダ
製作:ハリー・ジョン・ブラウン
原案:フィリップ・マクドナルドThe Thirteen
脚本
ジェームズ・オハンロン
ジョン・ハワード・ローソン

撮影:ルドルフ・マテ
編集:チャーリー・ネルソン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ジョー・ガン軍曹:ハンフリー・ボガート

ジミー・ドイル:ダン・デュリエ
ウェイコ・ホイト:ブルース・ベネット
ジェイソン・ハリディ大尉:リチャード・ニュージェント
フレッド・クラークソン:ロイド・ブリッジス
オズモンド”オジー”ベイツ:パトリック・オムーア
ピーター・ステグマン:ガイ・キングスフォード
マーティ・ウィリアムズ:カール・ハーバード

ジャン”フレンチー”ルルー:ルイ・マルシア
タンブール曹長:レックス・イングラム

ジュセッペ:J・キャロル・ナイシュ
フォン・シュレットウ大尉:クルト・クルーガー
フォン・ファルケン少佐:ジョン・ウェングラフ
イギリス兵:ピーター・ローフォード

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1943年製作 97分
公開
北米:1943年11月11日
日本:1951年4月10日
北米興行収入 $2,300,000


アカデミー賞 ■
第16回アカデミー賞
・ノミネート
助演男優(J・キャロル・ナイシュ
撮影(白黒)・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1942年、第二次大戦下”北アフリカ戦線”。
アメリカ陸軍・第五戦車部隊のジョー・ガン軍曹(ハンフリー・ボガート)は、”M3中戦車”の”ルル・ベル”を修理中に撤退命令を受ける。

ガンは、部下の通信兵ジミー・ドイル(ダン・デュリエ)と機銃兵ウェイコ・ホイト(ブルース・ベネット)と共に、戦車を直してその場を離れる。

途中ガンらは、イギリス陸軍・第8軍の救護部隊に遭遇する。

軍医ジェイソン・ハリディ大尉(リチャード・ニュージェント)に迎えられたガンは、42名もの負傷兵が攻撃を受けて死亡したことを知らされる。

撤退することを知らせたガンは、戦いが続いていると考える兵士に逃げるのかと言われ、”ルル・ベル”をポンコツ呼ばわりされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1942年、第二次大戦下”北アフリカ戦線”。
アメリカ陸軍・第五戦車部隊のジョー・ガン軍曹は、”M3中戦車”の”ルル・ベル”を修理し、通信兵ドイルと機銃兵ホイトと共に命令を受けて撤退する。
その後ガンらは、イギリス陸軍のハリデイ大尉らの救護部隊に遭遇して行動を共にし、スーダン兵タンブール曹長と捕虜でイタリア兵のジュセッペも同行し、水を確保するため井戸に向かう。
ドイツ空軍のフォン・シュレットウ大尉の戦闘機を撃墜し、彼を捕虜にしたガンらだったが、到着した井戸は干上がっていた。
次の井戸を目指したガンらは、その場で、染み出る水を何とか確保して命拾いをする。
その頃、同じく水不足が深刻な問題となっていたドイツ軍部隊のフォン・ファルケン少佐も井戸(ガンらの居る場所)を目指すことになる。
現れた敵偵察隊に攻撃を加え捕虜をとったガンは、敵を迎え撃つ間に、ドイツ軍の情報を味方に伝えようと考えるのだが・・・。
__________

本作の撮影が始まるのが、ラストで語られる”エル・アラメインの戦い”の直後であることに注目したい。

戦いが続いていた”北アフリカ戦線”の終盤と共に撮影が進行して状況下で、その戦況の緊迫感が伝わる内容や脚本が実に興味深い。

公開時は、激戦を繰り広げた”北アフリカ戦線”も終了して半年が経過していた時期で、その後、連合軍イタリアシチリア島に上陸する時期を考えると、また違った思いで鑑賞できるのではないでしょうか。

M3中戦車”で単独行動をする、アメリカ陸軍の戦車部隊員と連合軍兵士との交流と友情、近代兵器を捨てても”水”を欲するという、人間の人体機能の特性などが生々しく描かれている。

また、その水不足が極限に達しながらも、兵士としての義務を遂行し、世界を脅かすナチス・ドイツに戦いを挑む勇気、ヒトラーに対する痛烈な批判などの描写も印象に残る。

第16回アカデミー賞では、助演男優(J・キャロル・ナイシュ)、撮影(白黒)、録音賞にノミネートされた。

歴戦の勇士らしく勇敢に戦う主人公を演ずるハンフリー・ボガートは、個性豊かな兵士達のまとめ役として貫録の演技を見せ、少々荒っぽい判断もするが、心理敵に敵を追い込む頭脳戦に打って出る戦車隊軍曹を熱演している。

その部下で通信兵のダン・デュリエ、同じく大柄で頼りになる機銃兵ブルース・ベネットイギリス陸軍の救護部隊軍医リチャード・ニュージェント、その部下ロイド・ブリッジス、主人公と共に生き残るイギリス兵パトリック・オムーア、南アフリカ兵ガイ・キングスフォード、イギリス兵のカール・ハーバードフランス兵ルイ・マルシア、スーダンレックス・イングラムイタリア兵の捕虜J・キャロル・ナイシュドイツ軍・戦闘機パイロットのクルト・クルーガー、部隊指揮官ジョン・ウェングラフ、そして、イギリス兵の端役でピーター・ローフォードも出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021