4217 Movies

ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界的な海洋探検家兼ドキュメンタリー監督が、新作製作を兼ねた友人を殺した怪魚への復讐の探検を描く、製作、監督、脚本ウェス・アンダーソン、出演ビル・マーレイアンジェリカ・ヒューストンオーウェン・ウィルソンケイト・ブランシェット、 ウィレム・デフォー ジェフ・ゴールドブラム他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ウェス・アンダーソン
製作総指揮:ラッド・シモンズ
製作
ウェス・アンダーソン

バリー・メンデル
スコット・ルーディン
脚本
ウェス・アンダーソン

ノア・バームバック
撮影:ロバート・D・イェーマン
編集:デヴィッド・モリッツ
音楽:マーク・マザースボウ

出演
スティーヴ・ズィスー:ビル・マーレイ

エレノア・ズィスー:アンジェリカ・ヒューストン
ネッド・プリンプトン:オーウェン・ウィルソン
ジェーン・ウィンスレット=リチャードソン:ケイト・ブランシェット
クラウス・ダイムラー:ウィレム・デフォー
アリステア・ヘネシー:ジェフ・ゴールドブラム
オセアリー・ドラクリアス:マイケル・ガンボン
ウラディミール・ウォロダルスキー:ノア・テイラー
エステバン・デュ・プランティエ:シーモア・カッセル
ヴィクラム・レイ:ウォリス・アルワリア
ボビー・オガタ:ニールス・コイズミ
レンゾ・ピエトロ:オアウェル・ドウチャック
アン=マリー・サコヴィッツ:ロビン・コーエン
ペレ・ドス・サントス:セウ・ジョルジ
ビル・ユーベル:バッド・コート

アメリカ 映画
配給
タッチストーン・ピクチャーズ

American Empirical Pictures
2004年製作 118分
公開
北米:2004年12月25日
日本:2005年5月7日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $24,006,730
世界 $34,808,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
海洋探検家兼ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスー(ビル・マーレイ)は、新作の発表前に、チーム・クルーである右腕エステバン・デュ・プランティエ(シーモア・カッセル)、クラウス・ダイムラー(ウィレム・デフォー)、ヴィクラム・レイ(ウォリス・アルワリア)、ボビー・オガタ(ニールス・コイズミ)、アン=マリー・サコヴィッツ(ロビン・コーエン)、ウラディミール・ウォロダルスキー(ノア・テイラー)、ペレ・ドス・サントス(セウ・ジョルジ)、ズィスー協会副会長の妻エレノア(アンジェリカ・ヒューストン)、他海洋科学部の大学生7人などを映像で紹介する。

そして、”ズィズー船長の航海日誌”の上映は始まる・・・。

10月12日、ズィスーは探検中に、同行していたエステバンが、怪魚”ジャガー・ザメ”に食われてしまったことを、海面に上がりクラウスに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
海洋探検家兼ドキュメンタリー監督のスティーヴ・ズィスーは、親友で右腕のエステバンを、怪魚”ジャガー・ザメ”に殺されてしまう。
新作を発表するものの、ここ数年ヒット作もないズィスーは悩むy。
息子と思われるネッドに会ったズィスーは、彼と出資会社の資金で、クルーと共に新作を製作する探検に旅立つ。
エステバンの復讐を誓っていたズィスーだったが、取材で同行する妊娠中の記者ジェーンが気になる存在となる。
ネッドと親交を深めながら、彼がジェーンと親密になるなど問題を抱えながら、ズィスーは、宿敵ヘネシーの探査装置を奪い、”ジャガー・ザメ”がいる場所を突き止めるのだが・・・。
__________

独特の感性、そのユーモアや映像センスで高い愛評価を受けるウェス・アンダーソンが、絶賛された「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(2001)の後に製作した作品ということで注目を集めた。

ビル・マーレイアンジェリカ・ヒューストンそしてシーモア・カッセルや盟友オーウェン・ウィルソンなど、ウェ ス・アンダーソン作品の常連他、豪華スター競演で、各個性を生かした冒険ドラマの楽しさはファンにはたまらない。

探査船”ベラフォンテ”の船内構造などが実にユニークで、美しい自然、派手な銃撃戦などもある、娯楽性の高い作品でもある。

また、親子であろう主人公とその息子の愛情もポイントとして描かれ、ヒューマン・コメディとしても楽しめる。

笑いを誘う演技だけでなく、神妙な表情、場面も多い主演ビル・マーレイ、その妻アンジェリカ・ヒューストン、主人公の息子役のオーウェン・ウィルソン、妊婦の記者役ケイト・ブランシェット、主人公の宿敵の探検家ジェフ・ゴールドブラム、プロデューサーのマイケル・ガンボン、クルーのウィレム・デフォーシーモア・カッセルロビン・コーエン、ニールス・コイズミ、オアウェル・ドウチャック、セウ・ジョルジウォリス・アルワリア、そして出資会社の監視員バッド・コートなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020