4216 Movies

アビエイター The Aviator (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

20世紀を代表する大富豪で、型破りな行動と奇行を繰り返した謎の人物であるハワード・ヒューズの”飛行家”としての夢を描く、監督マーティン・スコセッシ、製作、主演レオナルド・ディカプリオケイト・ブランシェットケイト・ベッキンセイルアレック・ボールドウィンジュード・ロウ他共演によるヒューマン・ドラマの超大作。


ドラマ(ヒューマン)

レオナルド・ディカプリオ / Leonardo DiCaprio 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・スコセッシ
製作総指揮
クリス・ブリガム

レオナルド・ディカプリオ
リック・ヨーン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
リック・シュワルツ
コリン・コッター
製作
マイケル・マン

グラハム・キング
サンディ・クライマン
チャールス・エヴァンスJr.
脚本:ジョン・ローガン
撮影:ロバート・リチャードソン
編集:セルマ・スクーンメイカー
美術・装置
ダンテ・フェレッティ

フレンチェスカ・ロ・シアヴォ
衣装デザイン:サンディ・パウエル
音楽:ハワード・ショア

出演
ハワード・ヒューズレオナルド・ディカプリオ

キャサリン・ヘプバーンケイト・ブランシェット
エヴァ・ガードナーケイト・ベッキンセイル
オーウェン・ブリュースター上院議員:アラン・アルダ
ホアン・トリップアレック・ボールドウィン
フィッツ教授:イアン・ホルム
エロール・フリンジュード・ロウ
ジーン・ハーロウグウェン・ステファニー
ノア・ディートリッヒジョン・C・ライリー
ジャック・フライダニー・ヒューストン
ローランド・スイート:ウィレム・デフォー
ジョニー・マイヤー:アダム・スコット
グレン・オディカークマット・ロス
ヘプバーン夫人:フランセス・コンロイ
ルイス・B・メイヤースタンリー・デサンティス
ロバート・E・グロスブレント・スピナー
フェイス・ドマークケリー・ガーナー
ココナッツ・グローブの歌手:ルーファス・ウェインライト

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ

ミラマックス
2004年製作 170分
公開
北米:2004年12月25日
日本:2005年3月26日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $102,593,530
世界 $213,741,460


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(ケイト・ブランシェット)
撮影・編集・美術・衣装デザイン賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(レオナルド・ ディカプリオ)
助演男優(アラン・アルダ)
脚本・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1914年。
9歳のハワード・ヒューズは、潔癖症の母親に体を洗われながら伝染病の危険性を知らされ、”あなたは安全ではない”と言われて育つ。

1927年、ハリウッド
18歳で孤児となったヒューズは、父親の石油掘削機企業を引継ぎ膨大な遺産を相続し、その資金を惜しみなく映画製作につぎ込んでいた。

地獄の天使」を撮影していた22歳のヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)は、”ヒューズ・ツール”の財務担当と経営全般を任せるためノア・ディートリッヒ(ジョン・C・ライリー)を雇い入れる。

撮影のためのカメラが足りないヒューズは、MGMルイス・B・メイヤー(スタンリー・デサンティス)にカメラを借りようとする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
10代で莫大な遺産を相続したハワード・ヒューズは、映画産業に進出して巨費を投じ、「地獄の天使」を完成させる。
映画は大ヒットしたものの、天文学的金額の製作費は回収できぬまま、ヒューズは”飛行家”としての夢を実現するため航空産業に乗り出す。
新鋭女優キャサリン・ヘプバーンの生き様に惚れ込んだヒューズは、彼女との愛を深める一方、TWAを買収し、軍に接近して自社開発の航空機を売り込もうとする。
また、航空界で世界に羽ばたくことも考えるヒューズパンナムトリップ社長と癒着議員ブリュースターが立ちはだかる。
更にヒューズは、世界最大の飛行艇”ハーキュリーズ”まで建造しようとする。
やがて、潔癖症で完全主義者でもある、全てを背負ったヒューズの精神状態は、極限に達してしまう・・・。
__________

莫大な遺産を親から譲り受ける話は数あれど、これほどのスケール、傍若無人、破天荒な人物がこの世にいたこと自体が信じられないというのが実感であり、その描かれ方は人間を超越していると思えるほどだ。

とは言うものの、ハワード・ヒューズ晩年の1966年、ラスベガスデザート・インを買収し、スイートルームを完全に除菌し、殆ど外出せずに亡くなる間近までその生活を続けたという、後日談は描かれていないのだから、その凄まじいばかりの人生は、凡人には理解できない。

鬼気迫る演技で全編を圧倒する、貫禄さえ備わったレオナルド・ディカプリオの熱演に尽きる作品ではあるが、その桁外れスケール感を見事に映像化した、マーティン・スコセッシ渾身の作品でもある。

個人的には、演技者としては見事であったケイト・ブランシェットキャサリン・ヘプバーンと、ケイト・ベッキンセイルエヴァ・ガードナーが、どうも本人のイメージからかけ離れている感じがするあたりが不満で、いかにその二人の大女優が、当時、偉大な存在であったかを再確認できる。

クライマックスで”ハーキュリーズ”が滑水テストをする場面や、序盤の複葉機による空中撮影シーンなど、迫力の映像も圧巻だ。

製作費は1億1000万ドル、北米興行収入は約1億ドル、全世界では約2億1400万ドルのヒットとなった。

第77回アカデミー賞では、作品賞以下11部門にノミネートされ、助演女優賞(ケイト・ブランシェット)、撮影、編集、美術、衣装デザイン賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(レオナルド・ ディカプリオ)
助演男優(アラン・アルダ)
脚本・録音賞

公聴会を開きながらヒューズに圧倒されるパンナムとの癒着議員オーウェン・ブリュースターアラン・アルダ、彼と組む社長ホアン・トリップ役のアレック・ボールドウィン、気象学の教授イアン・ホルム、端役出演に終わるのが残念なエロール・フリンジュード・ロウジーン・ハーロウ役のグウェン・ステファニー
ヒューズの右腕ノア・ディートリッヒジョン・C・ライリーTWAの社長ジャック・フライ役のダニー・ヒューストンヒューズの部下で広報担当アダム・スコット、技術者グレン・オディカークマット・ロスK・ヘプバーンの母親役フランセス・コンロイルイス・B・メイヤー役のスタンリー・デサンティスロッキード社長ロバート・E・グロスブレント・スピナー、記者のウィレム・デフォーフェイス・ドマークケリー・ガーナー、そして、クラブ”ココナッツ・グローブ”の歌手ルーファス・ウェインライトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020