4553 Movies

ワイアット・アープ Wyatt Earp (1994)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アメリカ西部開拓時代の伝説的人物であるワイアット・アープの生涯を描く、製作、監督、脚本ローレンス・カスダン、主演ケビン・コスナーデニス・クエイドジーン・ハックマンイザベラ・ロッセリーニ他共演の西部劇大作。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:ローレンス・カスダン
製作総指揮
ダン・ゴードン

マイケル・グリロ
チャールズ・オークン
ジョン・スラン
製作
ケビン・コスナー

ジム・ウィルソン
ローレンス・カスダン
脚本
ローレンス・カスダン

ダン・ゴードン
撮影:オーウェン・ロイズマン
編集:キャロル・リトルトン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ワイアット・アープケビン・コスナー

ドク・ホリデイデニス・クエイド
ニコラス・ポーター・アープジーン・ハックマン
メアリー・キャサリン”ケイト”ホーニー・カミングスイザベラ・ロッセリーニ
ヴァージル・アープマイケル・マドセン
ジェームズ・アープデヴィッド・アンドリュース
モーガン・アープリンデン・アシュビー
バット・マスターソントム・サイズモア
エド・マスターソンビル・プルマン
ジョニー・ビーハンマーク・ハーモン
アイク・クラントンジェフ・フェイヒー
トム・マクローリーアダム・ボールドウィン
ウリラ・サザーランド:アナベス・ギッシュ
マッティ・ブレイロックメア・ウィニンガム
ジョセフィン・サラ・マーカス・アープジョアンナ・ゴーイング
アリー・アープ:キャサリン・オハラ
ベッシー・アープ:ジョベス・ウィリアムズ
ルー・アープ:アリソン・エリオット
ヴァージニア・アープ:ベティ・バックリー
ウォーレン・アープジェームズ・カヴィーゼル
ジョン・クラムランドル・メル
フランク・マクローリーレックス・リン
カーリー・ビル・ブロシャスルイス・スミス
ビリー・クレイボーンクリス・カム
シャーム・マクマスターズ:トッド・アレン
ボートの若い男:マッケンジー・アスティン
サザーランド夫人:カレン・グラッスル
フランク・スティルウェルジョン・デニス・ジョンストン
サリー:ティア・レオーニ
エド・ロス:マーティン・コーヴ
ボブ・ハッチ:ジャック・ケーラー
ワイアット・アープ(少年期)イアン・ボーエン
サザーランド:ジェームズ・ギャモン
ギャンブラー:ローレンス・カスダン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1994年製作 190分
公開
北米:1994年6月24日
日本:1994年7月2日
製作費 $63,000,000
北米興行収入 $25,052,000


アカデミー賞 ■
第67回アカデミー賞
・ノミネート
撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1881年、10月26日、トゥームストーン
保安官ワイアット・アープ(ケビン・コスナー)は、対立するクラントンとマクローリー両兄弟らが待つ”OK牧場”に、兄ヴァージル(マイケル・マドセン)と弟モーガン(リンデン・アシュビー)と共に向かう。
__________

ニコラス・ポーター・アープ(ジーン・ハックマン)の農場を手伝う少年ワイアット(イアン・ボーエン)は、兄達が戦っている戦場に向かおうとする。

ニコラスに見つかり引き止められたワイアットは、畑の世話をするという自分の役目を果たすよう言われる。

その後、兄のヴァージル(マイケル・マドセン)と負傷したジェームズ(デヴィッド・アンドリュース)が家に戻る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワイアット・アープは、厳格な父ニコラスに家族の誇りと団結、戦い方などを教わりながら成長する。
その後ワイアットは、祖父の元で法律の勉強をしながら、美しいウリラと恋に落ちて結婚する。
しかし、ウリラは腸チフスに罹り亡くなり、失意のワイアットは酒に溺れ犯罪者となってしまう。
ニコラスに助けられたワイアットは、酒を断ちバッファロー・ハンターなども経験しカンザス州、ウィチタに向かい、ワイアットは兄ジェームズと共に酒場で働き始める。
ある日ワイアットは、保安官に代わり悪党を捕え保安官補に雇われる。
その後、無法の町ダッジシティの保安官事務所に雇われたワイアットは、手荒な手法が問題となり追放されてしまう。
そしてワイアットは、テキサスで元歯科医であるギャンブラー、ドク・ホリデイに会い、ある悪党を捕えるため協力を約束される・・・。
__________

西部劇ファンならずとも、どなたも名前は耳にしたことがあるだろうワイアット・アープの生涯を、かなり史実に基づき描いた作品。

ローレンス・カスダン製作、監督、そして脚本による、セットや衣装など細部にまでこだわった力作でもある。

しかし、史実を淡々と伝えるストーリーに深みもなく、主人公や関わる事件などに興味を持っている者にとっては、殆ど新鮮味もない内容であり、他の作品と錯覚して、鑑賞済みであったのか?と思ってしまう場面も多い。
とにかく、3時間以上という上映時間が、苦痛に感じてしまう・・・。

第67回アカデミー賞で撮影賞にノミネートされただけあり、美しい映像や画面の構図などは注目に値する。

飛ぶ鳥を落とす勢いで、一気にハリウッドの頂点に立ったケビン・コスナーは、主人公のワイアット・アープを熱演するが、皮肉にも、スランプが始まるきっかけになった作品でもあり、ラジー賞では、作品賞をはじめ、彼自身もにノミネートされてしまった。

減量して病弱のドク・ホリデイを演じた、別人のようなデニス・クエイドの好演は光る。

北米興行収入は約2500万ドルに終わり、製作費の半分にも満たない結果に終わった。

スタッフ・キャストについてはこちらを参考に


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021