4504 Movies

腰抜けペテン師 The Lemon Drop Kid (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ギャングに恨まれた詐欺師が要求された金を返すために奮闘する姿を描く、監督シドニー・ランフィールドフランク・タシュリン(クレジットなし/脚本兼)、主演ボブ・ホープマリリン・マックスウェルロイド・ノーランジェーン・ダーウェル他共演のコメディ。


コメディ

クリスマスにお勧めの映画


スタッフ キャスト
監督

シドニー・ランフィールド
フランク・タシュリン(クレジットなし)
製作:ロバート・L・ウェルチ
原作
デイモン・ラニアン
エドモンド・ベロイン
脚本
エドマンド・ハートマン
フランク・タシュリン
ロバート・オブライエン
撮影:ダニエル・L・ファップ
編集:アーチー・マーシェック
音楽
ヴィクター・ヤング

出演
レモン・ドロップ・キッド:ボブ・ホープ
ブレイニー・バクスター:マリリン・マックスウェル
オックスフォード・チャーリー:ロイド・ノーラン
ネリー・サーズデー:ジェーン・ダーウェル
ステラ:アンドレア・キング
ムース・モラン:フレッド・クラーク
ストレートフラッシュ・トニー:ジェイ・C・フリッペン
グルーミー・ウィリー:ウィリアム・フローリー
外科医のサム:ハリー・ベラバー
リトル・ルイ:シド・メルトン
シンギング・ソリー:ベン・ウェルデン
バードレディ:アイダ・ムーア
ヘンリー:フランシス・ピエロ
グーンバ:チャールズ・クーリー
警官:ハリー・シャノン
スーパー・スウェディッシュ・エンジェル:トー・ジョンソン
ノーサムズ・チャーリー:トム・ドゥーガン
キッドと路上でぶつかる男性:エモリー・パーネル
ホリー・セラー:メアリー・モダー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1951年製作 91分
公開
北米:1951年4月2日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フロリダ、クリスマス・シーズン。
ニューヨークの詐欺師レモン・ドロップ・キッド(ボブ・ホープ)は、競馬場で警官を警戒しながらカモを探していた。

アイアン・バーという馬に2000ドルを賭けようとしている女性ステラ(アンドレア・キング)に目をつけたキッドは、自分を信用させて違う馬に賭けるよう指示する。

ところが、ステラがギャングのムース・モラン(フレッド・クラーク)の金を賭けようとしていることを知ったキッドは焦る。

違う馬に賭けたことをステラから知らされたムースは、キッドに騙されたことに気づき、苛立ちながらレースを見守るものの、結局アイアン・バーが勝つ。

警官の元に向かったキッドは、違法行為を認めてムースを騙したと言って逮捕してもらおうとするが、相手にしてもらえない。

ホテルに戻ったキッドは、ムースの手下に連れて行かれる。

ムースに会ったキッドは拷問を見せられ、勝てるはずだった1万ドルの話をされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

(簡略ストー リー)
フロリダ、クリスマス・シーズン。
ニューヨークの詐欺師レモン・ドロップ・キッドは、競馬場でギャングのムースの愛人ステラを騙してしまう。
レースで勝てたはずの1万ドルをキッドに要求したムースは、金は用意できると言う彼にクリスマスまでの猶予を与える。
ニューヨークに戻ったキッドは、金を用意しようとするものの思うようにいかない。
焦ったキッドは、友人の老女ネリーを助けると言う口実で老人ホームを運営し、悪党仲間と共にサンタクロースに扮して寄付金を集めようとするのだが・・・。
__________

1934年に公開された同名作品”The Lemon Drop Kid”のリメイク的な物語。

ギャングに恨まれた詐欺師が、要求された金を返すために奮闘する姿を描くコメディ。

詐欺師やギャングが登場する裏社会の現実を描きながら、その中で巻き起こる騒動をユーモラスに描くシドニー・ランフィールドの演出手腕と、クレジットなしで監督を兼ねたフランク・タシュリンの巧みな脚本が見どころの作品。

犯罪者ばかりが登場する内容ではあるが、詐欺の手段として利用した老人とその施設での出来事が、人情味豊かに描かれた快作コメディとして十分に楽しめる作品。

まさにはまり役である、ケチな詐欺師を演ずるボブ・ホープの個性を活かしてた熱演は見ものであり、クリスマスを舞台にした物語ということで、恋人役のマリリン・マックスウェルと”クリスマス・ソング”を歌うシーンも盛り込まれた、贅沢な作品に仕上がっている。

クライマックスで登場する、施設で飼う牛をボブ・ホープが”クロスビー”と呼び、盟友ビング・クロスビーをからかうラストシーンも実に可笑しい。

主人公の考えを横取りしようとするニューヨークのギャングのボス、ロイド・ノーラン、主人公を信用する友人である老女ジェーン・ダーウェル、犯罪者であるその夫フランシス・ピエロ、主人公を脅すフロリダのギャングのボス、フレッド・クラーク、その愛人アンドレア・キング、主人公に協力する悪党のジェイ・C・フリッペンウィリアム・フローリー(1934年の作品にも出演)、シド・メルトン、レスラーのトー・ジョンソントム・ドゥーガンベン・ウェルデン、チャールズ・クーリー、ホームの老女アイダ・ムーア、ムース(フレッド・クラーク)の手下である外科医と言われる男ハリー・ベラバー、主人公を知る警官のハリー・シャノン、主人公と路上でぶつかる男性エモリー・パーネル、他メアリー・モダーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021