4452 Movies

ラスト・クリスマス Last Christmas (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ポップデュオ”ワム!”のジョージ・マイケルのヒット曲”ラスト・クリスマス”をモチーフにした作品。
クリスマス・シーズンに不思議な出会いをした男女の恋を描く、製作、監督ポール・フェイグ、主演エミリア・クラークヘンリー・ゴールディングミシェル・ヨーエマ・トンプソン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

クリスマスにお勧めの映画


スタッフ キャスト
監督:ポール・フェイグ

製作
デヴィッド・リヴィングストーン
エマ・トンプソン
ポール・フェイグ
ジェシー・ヘンダーソン
製作総指揮:サラ・ブラッドショウ
原案
ジョージ・マイケルラスト・クリスマス
エマ・トンプソン
グレッグ・ワイズ
脚本
エマ・トンプソン
ブライオニー・キミングズ
撮影:ジョン・シュワルツマン
編集:ブレント・ホワイト
音楽:セオドア・シャピロ

出演
カタリナ “ケイト”:エミリア・クラーク
トム・ウェブスター:ヘンリー・ゴールディング
“サンタ”/ファン・チン・シン:ミシェル・ヨー
ペトラ:エマ・トンプソン
マルタ:リディア・レナード
イワン:ボリス・イサコヴィッチ
アディス医師:レベッカ・ルート
クラウリー:イングリッド・オリヴァー
チャーチル:ローラ・エヴリン
ジョイス:パティ・ルポーン
舞台監督:ロブ・デレーニー
プロデューサー:ピーター・セラフィノヴィッチ
紳士”ボーイ”:ピーター・マイギンド
アンディ:アミット・シャー
エド:マキシム・バルドライ
アイス・ショー・ディレクター:スー・パーキンス

イギリス/アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 103分
公開
イギリス:2019年11月15日
北米:2019年11月8日
日本:2019年12月6日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $35,150,800
世界 $121,550,800


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1999年、ユーゴスラビア
聖歌隊で歌うカタリナ “ケイト”を、母ペトラ(エマ・トンプソン)、父イワン(ボリス・イサコヴィッチ)、姉のマルタは見つめる。

2017年、ロンドン、クリスマス・シーズン。
歌手志望のケイト(エミリア・クラーク)は、夢の実現とは程遠い日々を送り、様々な問題を抱えていた。

ケイトは、パブで知り合ったエド(マキシム・バルドライ)に、同居人に追い出されたことを話す。

エドのアパートで一夜を過ごしたケイトは、翌朝、彼が買い物に行っている間に、エドの恋人サラが現われたために焦る。

サラに追い出されたケイトは、店員として働いているクリスマス・ショップ”ユールタイド”に向かう。

オーナーのサンタ(ミシェル・ヨー)に、自堕落な生活のことで注意されたケイトは、店を開けて仕事を始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
2017年、ロンドン、クリスマス・シーズン。
家族でユーゴスラビアから移住した歌手志望のカタリナ “ケイト “は、クリスマス・ショップ”ユールタイド”で働きながら、オーディションを受ける日々を送っていた。
そんなケイトは、不思議な雰囲気の青年トムと知り合い親交を深める。
1年前に心臓の移植手術を受けたケイトは、うつ病の母ペトラのことなど、家族の問題も抱えて落ち込み、その度に現れるトムとの時間を楽しむようになるのだが・・・。
__________

1980年代に活躍した人気ポップ・デュオ”ワム!”のジョージ・マイケルのヒット曲”ラスト・クリスマス”をモチーフにした作品。

俳優、脚本家としても活躍し、「ゴーストバスターズ」(2016)など話題作も手掛けるポール・フェイグが製作を兼ねた監督作品。

ヒロインの母親役を演ずるエマ・トンプソンが、製作、原案、脚本を兼ねた作品でもある。

惹かれ合いながらも深い関係になれない男女に隠された秘密が、終盤にかけてファンタジックに描かれ、主人公を演ずる二人の演技は心を打つものではあるが、やや陳腐なストーリーが残念だ。

批評家の評価は低く、北米興行収入は約3500万ドルと伸び悩んだが、全世界では約1億2200万ドルのヒットとなった。

主演のエミリア・クラークは、様々な悩みを抱えながら、歌手になる夢にも近づけないものの、自分の生きる目的を見つける女性を好演している。

文字通りヒロインの”心”の支えとなる、彼女に心臓を提供した青年ヘンリー・ゴールディング、主人公が働くクリスマス・ショップのオーナー、ミシェル・ヨー、うつ病に悩む主人公の母親エマ・トンプソン、主人公と反発し合う姉のリディア・レナード、主人公の父親ボリス・イサコヴィッチ、主人公の主治医レベッカ・ルート、女性警官イングリッド・オリヴァーとローラ・エヴリン、主人公の店の客パティ・ルポーン、主人公がオーディションを受ける際の舞台監督ロブ・デレーニー、プロデューサーのピーター・セラフィノヴィッチ、サンタ(ミシェル・ヨー)と愛し合うようになる紳士(ピーター・マイギンド)、不動産業者のアミット・シャー、主人公が一夜だけ付き合うマキシム・バルドライ、主人公がオーディションを受けるアイス・ショー・ディレクターのスー・パーキンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021