4410 Movies

ターザン:REBORN The Legend of Tarzan (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1912年に発表された、エドガー・ライス・バローズの小説”Tarzan of the Apes”を基に製作された作品。
かつてアフリカのジャングルで”ターザン”と呼ばれて動物達と共に育ったイギリス人貴族が再び故郷に戻り、部族民の生活を脅かす悪と戦う姿を描く、製作総指揮、監督デヴィッド・イェーツ、主演アレクサンダー・スカルスガルドマーゴット・ロビーサミュエル・L・ジャクソンクリストフ・ヴァルツジャイモン・フンスージム・ブロードベント他共演アクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー

マーゴット・ロビー / Margot Robbie / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・イェーツ

製作
ジェリー・ワイントローブ
デヴィッド・バロン
アラン・リッシュ
トニー・ルドウィグ
製作総指揮
スーザン・イーキンス
ニコラス・コルダ
キース・ゴールドバーグ
デヴィッド・イェーツ
マイク・リチャードソン
ブルース・バーマン
原作:エドガー・ライス・バローズTarzan of the Apes
原案
クレイグ・ブリュワー
アダム・コザッド
脚本
アダム・コザッド
クレイグ・ブリュワー
撮影:ヘンリー・ブラハム
編集:マーク・デイ
音楽:ルパート・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ターザン/ジョン・クレイトン3世/グレイストーク卿:アレクサンダー・スカルスガルド
ジェーン・ポーター・クレイトン:マーゴット・ロビー
ジョージ・ワシントン・ウィリアムズサミュエル・L・ジャクソン
レオン・ロムクリストフ・ヴァルツ
族長ムボンガ:ジャイモン・フンスー
英国首相:ジム・ブロードベント
ターザン(18歳):ローリー・J・セイパー
ターザン(5歳):クリスチャン・スティーヴンズ
カーコバー少佐:キャスパー・クランプ
ジョン・クレイトン2世:ハドリー・フレイザー
アリス・クレイトン:ジェネヴィーヴ・オライリー
フラム:サイモン・ラッセル・ビール
ムヴィロ:ユール・マシテン
ワシンブ:シドニー・ラリースェール
クエテ:オシ・イカイル
ムール大尉:ベン・チャップリン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2016年製作 110分
公開
北米:2016年7月1日
日本:2016年7月30日
製作費 $180,000,000
北米興行収入 $126,585,310
世界 $356,743,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1884年のベルリン会議で、欧米の列強諸国はコンゴの植民地支配について合意した。

ベルギー国王レオポルド2世は、象牙と資源が豊富にあるコンゴ盆地の領有権を得た。

それから5年、国王は、植民地で巨額の負債を抱え、軍隊の給料も滞り追い詰められ、側近のレオン・ロムクリストフ・ヴァルツ)を、秘境オパールのダイヤを求めて現地に派遣した。

アフリカコンゴ
ロムと共にオパールに着いたムール大尉(ベン・チャップリン)は、部下に攻撃準備を命ずる。

現地人に銃撃を加えて前進した部隊は、攻撃を受けて全滅し、ロムだけが生き残る。

部族に囲まれたロムは、近付いた戦士の1人を殺し、現れた族長ムボンガ(ジャイモン・フンスー)に会いに来たと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ベルギー国王レオポルド2世は、コンゴの領地権を得るものの巨額の債務を抱え、特使のレオン・ロムを現地に派遣し、部族民の奴隷化と共に豊富なダイヤを手に入れようとする。
かつてコンゴのジャングルで猿に育てられ”ターザン”と呼ばれたイギリス人貴族ジョン・クレイトン3世/グレイストーク卿は、レオポルド2世から現地の調査を依頼される。
それを首相に断ったジョンだったが、アメリカ特使のウィリアムズから、コンゴで奴隷労働などが行われている可能性を指摘され、その不正を暴くために現地に向かうことになる。
同じくコンゴで育った妻ジェーンとウィリアムズと共に、かつて世話になったクバの部族の元に向かったジョンは、村人が奴隷商人にさらわれていることを族長から知らされる。
その後、村は部隊を率いるロムに襲われ、ジョンはジェーンを連れ去られてしまい、ウィリアムズと共に彼女を取り戻そうとするのだが・・・。
__________

エドガー・ライス・バローズによる、古典的人気冒険小説の映画化で、「ハリー・ポッター」シリーズで知られるデヴィッド・イェーツが、製作総指揮を兼ねて監督した、豪華スター競演の超大作。

かつてアフリカのジャングルで動物達に育てられた、イギリス人貴族の冒険と戦いを描く物語で、主人公”ターザン”の動物的な驚異の身体能力の描写などが見所の作品。

中部アフリカガボンで行われた、雄大な大地と密林が映し出される映像はスケール感があり、動物達のCG映像の出来もよいのだが、他の同類作品を超えるようなものではなく、1億8000万ドルもの巨費をかけたのなら、もう少し驚かせてほしかったいうのが正直なところだろうか。

批評家の評価も低かったのだが、北米興行収入は約1億2700万ドル、全世界では約3億5700万ドルの大ヒットとなった。

主人公のターザン(ジョン・クレイトン3世/グレイストーク卿)を演ずるアレクサンダー・スカルスガルドは、鍛え抜かれた肉体で熱演はしているものの、長身と甘いマスクは悪くはないにしても、野性味などが感じられないところが気になる。

アメリカ特使として主人公の調査に同行するジョージ・ワシントン・ウィリアムズ役のサミュエル・L・ジャクソンと、ベルギー国王レオポルド2世の特使として現地部族民の奴隷化を進め、豊富なダイヤを奪おうとするレオン・ロム役のクリストフ・ヴァルツの出演がドラマに重みを加えているが、逆に言えば二人の共演がなければ駄作に終わったかもしれない。

主人公の妻ジェーンを無難に演ずるマーゴット・ロビー、主人公に息子を殺されたために復讐を誓っていた部族長ジャイモン・フンスーイギリス首相のジム・ブロードベント、18歳のターザン、ローリー・J・セイパー、5歳のクリスチャン・スティーヴンズ、ロムの部下である少佐キャスパー・クランプ、主人公の父親ハドリー・フレイザー、母親ジェネヴィーヴ・オライリーロムの依頼で傭兵を派遣するサイモン・ラッセル・ビールクバの部族長ユール・マシテン、戦士のシドニー・ラリースェールとオシ・イカイルロムに同行する部隊の大尉ベン・チャップリンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021