4298 Movies

フリーダムランド Freedomland (2006)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1998年に発表された、リチャード・プライス同名小説の映画化。
息子を誘拐されたという女性と彼女の言動を気にしながら捜査を進めるベテラン刑事との交流を描く、監督ジョー・ロス、主演サミュエル・L・ジャクソンジュリアン・ムーアイーディ・ファルコロン・エルダードウィリアム・フォーサイスアーンジャニュー・エリスアンソニー・マッキー他共演の社会派サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョー・ロス
製作:スコット・ルーディン

製作総指揮:チャールズ・ニューワース
原作:リチャード・プライスFreedomland
脚本:リチャード・プライス
撮影:アナスタス・N・ミコス

編集:ニック・ムーア
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
サミュエル・L・ジャクソン:ロレンゾ・カウンシル
ジュリアン・ムーア:ブレンダ・マーティン
イーディ・ファルコ:カレン・コルッチ
ロン・エルダード:ダニー・マーティン
ウィリアム・フォーサイス:ボイル
アーンジャニュー・エリス:フェリシア・ウィリアムズ
アンソニー・マッキー:ビリー・ウィリアムズ
ラターニャ・リチャードソン・ジャクソン:マリー
クラーク・ピータース:ロングウェイ牧師
ピーター・フリードマン:ゴールド警部補
ドメニク・ランバルドッツィ:レオ・サリヴァン
アーシフ・マンドヴィ:アニル・チャタージー医師
フィリップ・ボスコ:神父
フライ・ウィリアムズ三世:ラフィク
ドリアン・ミシック:ジェイソン・カウンシル

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1996年製作 113分
公開
北米:2006年2月17日
日本:2007年1月20日
北米興行収入 $12,512,890
世界 $14,655,630


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1995年5月、ニュージャージー州、デンプシー。
手が血だらけの女性(ジュリアン・ムーア)が医療センターに現れ、何があったのかを、放心状態の彼女にアニル・チャタージー医師(アーシフ・マンドヴィ)が尋ねる。

刑事ロレンゾ・カウンシル(サミュエル・L・ジャクソン)と同僚のボイル(ウィリアム・フォーサイス)は、低所得者の黒人が住む”アームストロング団地”を見回っていた。

団地の住人であるフェリシア・ウィリアムズ(アーンジャニュー・エリス)から声をかけられたロレンゾは、自分に暴力をふるう息子のビリー(アンソニー・マッキー)と話をしてほしいと言われて、それを約束する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1995年5月。
ニュージャージー州、デンプシー。
管轄の低所得者の黒人が住むアームストロング団地を見回っていたロレンゾ・カウンシル刑事と同僚のボイルは、カージャック被害の連絡を受けて医療センターに向かう。
ロレンゾは、両手を血まみれにして現れたという被害者のブレンダから、詳しい事情を聞き始める。
ブレンダは、団地の子供クラブで働いていたのだが、盗まれた車には、4歳の息子が乗っていたというのだ。
その後、自分を監視するような不審車に近づいたロレンゾは、行方不明の子供達を捜索するボランティア団体”ケントの友”のカレンから、協力すると言われる。
その後ロレンゾは、ブレンダを連れて現場に向かうが、彼女が真実を語っていないことに気づく・・・。
__________

誘拐事件に絡む、貧困者に対する偏見や差別、肌の色を越え、虐げられた同じような境遇の生活を送ってきた男女の愛が、やがて大事件を引き起こしてしまう恐ろしさや切なさを、「アメリカン・スウィートハート」(2001)のジョー・ロスが、アメリカの大きな社会問題として赤裸々に描いている作品。

商業ベースには乗れなかった作品で、批評家、観客の評価もそれほどよくなかったが、主演のサミュエル・L・ジャクソンジュリアン・ムーアの熱演は見応えある。

舞台となる団地の全ての住民を知るという刑事のサミュエル・L・ジャクソンは、、その場で被害に遭ったという白人女性の立場にもなり、彼女と住民の板挟みの中で、両者と公平に接しながら捜査を進める、頼もしさと共に人情味を感じさせる人物を熱演している。

疎外されて育った身の上がもの悲しいは、半狂乱状態にもなる母親役を、実力派らしく見事に演じている。

子供を誘拐され10年もの間、捜索を続けるボランティア団体のリーダー、イーディ・ファルコ、妹と甥が巻き込まれた事件解決に管轄外から手を出す刑事ロン・エルダード、主人公の同僚である冷静な刑事役のウィリアム・フォーサイス、団地の住民でブレンダ(ジュリアン・ムーア)の知人のアーンジャニュー・エリス、その息子アンソニー・マッキー、そしてボランティア団体の一員で、サミュエル・L・ジャクソン夫人ラターニャ・リチャードソン・ジャクソン、団地の住人の立場になり警察に抗議する牧師のクラーク・ピータース、主人公の上司である警部補のピーター・フリードマン、管轄外の刑事レオ・サリヴァン、医師のアーシフ・マンドヴィ、ボタンティア活動に参加する神父フィリップ・ボスコ、ヤク中の団地の住人フライ・ウィリアムズ三世、主人公の息子ドリアン・ミシックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020