4506 Movies

嘘つきは恋の始まり The Last Word (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

兄を亡くした女性とその遺書を代筆していた男性の関係を描く、主演ウィノナ・ライダーウェス・ベントリーレイ・ロマーノ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジェフリー・ヘイリー
製作総指揮
ローレンス・E・デイヴィス
ジェフ・ライス
ディエゴ・マタモロス
脚本:ジェフリー・ヘイリー
撮影:キース・ヴァン・オーストラム
編集:ファビエンヌ・ロウリー
音楽:ジョン・スウィハート

出演
シャーロット・モリス:ウィノナ・ライダー

エヴァン:ウェス・ベントリー
アベル:レイ・ロマーノ
ヒルデ・モリス:ジーナ・ヘクト
グレッグ:A・J・トラウス
クララ:キャサリン・ボエッチャー
ブラディ:ジョン・ビリングズリー
サミー:カート・カセレス
スーザン:アリソン・モイア
フランシス:アーラン・リッチ
峡谷の男:リチャード・リール
クリント:マイケル・コルナッキア

アメリカ 映画
配給 Deviant Films
2008年製作 90分
公開
北米:2008年4月20日(サンダンス映画祭
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
遺書として詩を考え、それを代筆する仕事をしているエヴァン(ウェス・ベントリー)は、新聞の死亡記事で顧客だった”マシュー・モリソン”が亡くなったことを確認する。

依頼のあったアベル(レイ・ロマーノ)と打ち合わせをしたエヴァンは、今後の作業工程などを話す。

マシューの葬儀は行われ、妹のシャーロットは、その場でメモをとっていたエヴァンに声をかける。

仕事のことを話さなかったエヴァンは、マシューとは大学時代の友人だったことなどをシャーロットに伝えてその場を去る。

”The Last Word.com”というサイトを運営していたエヴァンは、ブラディ(ジョン・ビリングズリー)という男性からの問い合わせを受けて会うことになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
遺書として詩を考え、それを代筆する仕事をしているエヴァンは、依頼人マシューの死を知り、その葬儀の際に彼の妹シャーロット・モリスに声をかけられる。
マシューとは大学の友人であり作家だと伝えたエヴァンは、その後シャーロットに誘われて交際を始める。
自殺願望のある作曲家アベルとの仕事を進めるエヴァンは、人付き合いが苦手なため、彼の助言を聞きながらシャーロットと親交を深める。
ところが、シャーロットの家族との食事の際に、マシューの学友だったというエヴァンの嘘がバレてしまい、シャーロットはショックを受ける・・・。
__________

まず、本作の内容で、ロマンチック・コメディそのものの邦題をつけられる神経を疑う・・・と思われた方がほとんどだと思う。

トップ・スターとは言えないまでも、知名度のあるウィノナ・ライダーウェス・ベントリーレイ・ロマーノの出演作にも拘らず、”サンダンス映画祭”で上映されただけで北米公開もされず、DVDリリースのみで終わった作品であり、当然、日本でも劇場未公開であるため重要視されないのは理解できるが、それにしてもこの邦題は酷い。

実績とネームバリューでファーストクレジットはウィノナ・ライダーなのだが、主演、主人公と言えるのは、人との接触を極力避ける詩人であり、遺書代筆業をする青年のウェス・ベントリーで、彼の容姿から漂う異質な雰囲気が役柄にマッチしている。

奔放な性格だという描かれ方のウィノナ・ライダーなのだが、その行動はかなり身勝手に思える。
嘘をついたという前提はあるが、主人公の仕事は依頼人との合意の上のことであり、男の立場からすると、別れることになったのが正解と考えた方がいいとも言える。

その後はどうなるかは不明だが、自殺願望の依頼人の作曲家レイ・ロマーノが考案したビジネスを、楽しそうに実行する主人公の笑顔が印象的だ。

ヒロインの母親ジーナ・ヘクト、家族A・J・トラウスキャサリン・ボエッチャーアーラン・リッチ、依頼人の脚本家ジョン・ビリングズリー、同じくアリソン・モイアマイケル・コルナッキア、暴漢カート・カセレス、ラストでFAXを崖に投げ捨てる男性リチャード・リールなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021