4513 Movies

スピーキング・オブ・セックス Speaking of Sex (2001)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

不仲の夫婦と関わったセラピストが巻き込まれる騒動を描く、監督ジョン・マクノートン、主演ジェームズ・スペイダーメローラ・ウォルターズジェイ・モーアララ・フリン・ボイルキャサリン・オハラビル・マーレイ他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・マクノートン
製作:ロブ・シャイドリンジャー他
脚本:ゲイリー・ティッシュ
撮影:ラルフ・D・ボード

編集:エリーナ・マガニーニ
音楽:ジョージ・S・クリントン

出演ロ
ロジャー・クリンク:ジェームズ・スペイダー

メリンダ・カーマイケル:メローラ・ウォルターズ
ダン・カーマイケル:ジェイ・モーア
エミリー・ペイジ:ララ・フリン・ボイル
コンスエラ”コニー”バーカー:キャサリン・オハラ
エズリ・ストーヴァル:ビル・マーレイ
ジェニファー・クリンク:ミーガン・ムラリー
ジョエル・ジョンソンJr.:フィル・ラマール
ラリー・カーマイケル:ポール・シュルツ
フィリックス:ハート・ボックナー
ヘレン:キャスリン・アーブ
グレイス:キャスリーン・ロバートソン
ジャレッド:アンジャル・ニガム
パングフォーン保安官:ニック・オファーマン

カナダ/アメリカ/フランス 映画
配給 ライオンズゲート

2001年製作 97分
公開
北米:2001年10月18日(シカゴ国際映画祭)
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
セラピストのロジャー・クリンク(ジェームズ・スペイダー)は、患者のメリンダ・カーマイケル(メローラ・ウォルターズ)を追ってモーテルに到着し、彼女が部屋で襲われていることに気づきその場に押し入る。

相手が夫のダン(ジェイ・モーア)だったために驚いたロジャーは、現れた結婚カウンセラーのエミリー・ペイジ(ララ・フリン・ボイル)が銃を発砲したため怯える。

メリンダは、夫との関係が修復できたと伝えてその場から逃げ去る。

ロジャーはエミリーを落ち着かせようとするが、彼女は信用しない。

通りがかったパングフォーン保安官(ニック・オファーマン)の車を止めたメリンダは、夫がエミリーに撃たれそうだということを知らせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
セラピストのロジャー・クリンクは、同業の結婚コンサルタントのエミリーから、夫の性的不能が原因で悩む妻メリンダを患者として紹介される。
ところが、ロジャーとメリンダは衝動的に愛し合ってしまう。
それを知ったエミリーは憤慨し、ロジャーを痛烈に非難するものの、彼はメリンダとの関係を続ける。
復讐を誓ったエミリーは、メリンダとダンにロジャーを訴えさせるために、弁護士コニーを雇い対決を決意する。
ロジャーも弁護士のエズリを雇うのだが、メリンダとダンから何と3000万ドルの賠償金を求められてしまう・・・。
__________

魅力的なキャスティングではあるが、北米では劇場公開もされず、シカゴ国際映画祭で上映されただけで、その後DVDリリースされた作品。

ジョン・マクノートンの演出はまずまず軽快なのだが、B級作品的雰囲気が拭い去れないようなところが気になる。

しかし、下ネタ満載のドタバタ・コメディなので、細かいことは追求せずに観ると意外に面白い。

役者のオーバー・アクションも許せる内容で、各登場人物の個性が生かされている楽しい作品。

特に、思わせぶりに登場するビル・マーレイのキャラクターがいい。
絶妙な演技で笑わせてくれる大物スターである彼の登場以後、ドラマは一気に盛り上がる。

悩める若い夫婦に翻弄されるセラピストを愉快に演ずるジェームズ・スペイダー、彼と愛し合ってしまったことが大騒動のきっかけとなるメローラ・ウォルターズ、優柔不断なその夫ジェイ・モーア、二人の相談を受ける結婚コンサルタントのララ・フリン・ボイル、夫婦の弁護人キャサリン・オハラ、主人公の弁護人をいつもながらに怪演するビル・マーレイ、主人公の妻ミーガン・ムラリー、弁護士助手のフィル・ラマール、ダン(ジェイ・モーア)の弟で弁護士のポール・シュルツ、私立探偵のカップル、ハート・ボックナーキャスリン・アーブ、証言録取の記録係キャスリーン・ロバートソン、カメラマンのアンジャル・ニガム、保安官のニック・オファーマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021