4297 Movies

素敵な人生の終り方 Funny People (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

不治の病を宣告された人気映画スターの人生を見つめ直す姿を描く、製作総指揮、監督、脚本ジャド・アパトー、主演アダム・サンドラーセス・ローゲン(製作兼)、レスリー・マンエリック・バナジェイソン・シュワルツマンジョナ・ヒル他共演のコメディドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ジャド・アパトー
製作
バリー・メンデル

セス・ローゲン
クレイトン・タウンゼント
エヴァン・ゴールドバーグ

ジャック・ジャラプート
製作総指揮:ジャド・アパトー
脚本:ジャド・アパトー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集
ブレント・ホワイト

クレイグ・アルパート
音楽
ジェイソン・シュワルツマン

マイケル・アンドリュース

出演
ジョージ・シモンズ:アダム・サンドラー

アイラ・ライト:セス・ローゲン
ローラ:レスリー・マン
クラーク:エリック・バナ
マーク・テイラー・ジャクソン:ジェイソン・シュワルツマン
レオ・ケーニッヒ:ジョナ・ヒル
デイジー・ダンビー:オーブリー・プラザ
ランディ・スプリングス:アジズ・アンサリ
チャック:RZA
”RE-DO”共演者:ジャスティン・ロング
ラース医師:トーステン・フォーゲス
メイベル:モード・アパトー
イングリッド:アイリス・アパトー
ョージの父親:ジョージ・コー

ジョージのエージェント:ブライアン・バット
デリのマネージャー:スティーヴ・バノス

本人役
ジェイムズ・テイラー

チャールズ・フライシャー
ポール・ライザー
ジョージ・ウォレス
ノーム・マクドナルド
サラ・シルバーマン
エミネム
レイ・ロマーノ 他

アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
2009年製作 146分
公開
北米:2009年7月31日
日本:未公開
製作費 $75,000,000
北米興行収入 $51,855,050
世界 $71,585,240


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
元スタンダップ・コメディアンで人気映画スターのジョージ・シモンズ(アダム・サンドラー)は、医師の診察で”急性骨髄性白血病”と診断され覚悟が必要だと言われる。

コメディアンを目指すデリで働くアイラ・ライト(セス・ローゲン)は今の仕事に不満を抱くが、同僚のチャック(RZA)から、友人の助言として才能がないと言われる。

妻のチケットも手配すればライブを見に行くと言うチャックに、アイラはそれを約束する。

考えこむジョージは自分の人生を振り返り、元フィアンセのローラ(レスリー・マン)に連絡する。

歓迎していない様子のローラに、ただ謝りたかったと伝えてジョージは電話を切る。

アパートをシェアしている友人レオ・ケーニッヒ(ジョナ・ヒル)と話していたアイラは、シェア仲間で俳優として成功しつつある友人マーク・テイラー・ジャクソン(ジェイソン・シュワルツマン)が、隣人のデイジー・ダンビー(オーブリー・プラザ)を部屋に誘ったことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
元スタンダップ・コメディアンで人気映画スターのジョージ・シモンズは、医師から”急性骨髄性白血病”と診断される。
余命短いことを宣告されたジョージは身辺整理を始め、ライブに戻ってみる気になる。
デリの店員でコメディアンを目指すアイラは、ルームメイトのレオと共にライブに出演しジョージに気に入られる。
ジョージから連絡を受けたアイラは、ネタを書くよう依頼され、レオの協力を得るものの彼のことは伏せておく。
その後、ジョージと共にライブに向かったアイラは、アシスタントに誘われて彼の屋敷に滞在し、病気のことを知らされる。
病気を秘密にすることは良くないと、アイラに助言されたジョージはそれに従う。
そんな時ジョージは、訪ねて来た元婚約者のローラから、愛しているのは自分だけで運命の人だと言われる。
そしてジョージは、夫が浮気をして不幸だと思えるローラとの関係を深めようとするのだが・・・。
__________

製作総指揮、監督、脚本を兼ねるジャド・アパトーの、単なるコメディではないシリアス・ドラマとも言える意欲作で、盟友でもあるアダム・サンドラーセス・ローゲン、そして妻のレスリー・マン他、多くの業界人などが本人役で出演している作品。

ジャド・アパトーレスリー・マンの娘モードとアイリスも、レスリー・マンの娘役で出演している。

爆笑コメディと思いきや、冒頭で主人公が不治の病を宣告されるために、物語は一旦、神妙な雰囲気になる。

ヒューマン・ドラマのような展開の中で飛び交う下品でナンセンスなギャグやユーモアのセンスは流石と言えるものの、純粋なコメディを期待しているとやや物足りないというところだろうか。

この手の作品にしては珍しい約2時間半の長尺ではあるが、芸達者な役者達の演技とゲスト的な多数の業界人の出演で飽きずに観れる作品には仕上がっている。
但し、日本では馴染みの薄い人物が多いため、面白さ半減で終わるかもしれない。

そのためか、これだけのスタッフ、キャストにも拘わらず日本では劇場未公開で、アダム・サンドラー作品にしてはヒットした作品とも言えず、全世界の興行収入を合わせても製作費を回収することができなかった。

製作費 $75,000,000
北米興行収入 $51,855,050
世界 $71,585,240

死の宣告から一転、病気を克服する孤独な映画スターを好演するアダム・サンドラー、彼以上に印象深い演技を見せるコメディアン志望の青年セス・ローゲン、主人公の元婚約者のレスリー・マン、その夫エリック・バナ、アイラ(セス・ローゲン)のルームメイトで俳優のジェイソン・シュワルツマン、同じくコメディアンを目指すジョナ・ヒル、三人の隣人女性オーブリー・プラザ、コメディアン志望のアジズ・アンサリ、デリの店員RZA、主人公の映画の共演者ジャスティン・ロング、医師トーステン・フォーゲス、ローラ(レスリー・マン)の娘モード・アパトーとアイリス・アパトー、主人公の父親ジョージ・コー、主人公のエージェントブライアン・バット、デリの店長スティーヴ・バノス、そして本人役で、ジェイムズ・テイラーチャールズ・フライシャーポール・ライザージョージ・ウォレスノーム・マクドナルドサラ・シルバーマンエミネムレイ・ロマーノなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020