4311 Movies

バルカン超特急 The Lady Vanishes (1938)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

大陸横断列車の中で失踪した老婦人を捜そうとする女性が巻き込まれる陰謀を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演マーガレット・ロックウッドマイケル・レッドグレイヴポール・ルーカスメイ・ウィッティ他共演のミステリー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック

製作:エドワード・ブラック
原作:エセル・リナ・ホワイトThe Wheel Spins
脚本
シドニー・ギリアット
フランク・ラウンダー
撮影:ジャック・E・コックス
編集:R・E・ダーリング
音楽
ルイス・レヴィ
チャールズ・ウィリアムズ

出演
アイリス・ヘンダーソン:マーガレット・ロックウッド
ギルバート・レッドマン:マイケル・レッドグレイヴ
ハーツ医師:ポール・ルーカス
ミス・フロイ:メイ・ウィッティ
エリック・トッドハンター:セシル・パーカー
”トッドハンター夫人”/マーガレット:リンデン・トラヴァース
カルディコット:ノウントン・ウェイン
チャータース:ベイジル・ラドフォード
アテナ男爵夫人:メアリー・クレア
ドッポ:フィリップ・リーヴァー
ドッポ夫人:セルマ・ヴァズ・ディアス
尼僧:キャサリン・レイシー
クマー:ジョセフィン・ウィルソン
ブランシュ:グーギー・ウィザース
ジュリー:サリー・スチュワート
ボリス:エミール・ボレオ

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1938年製作 97分
公開
イギリス:1938年10月7日
北米:1938年11月1日
日本:1976年11月13日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ヨーロッパの小国バンドリカから西に向かう大陸横断列車が、雪山の駅で立ち往生する。

駅に隣接するホテルの支配人ボリス(エミール・ボレオ)は、宿泊する乗客の対応に追われる。

クリケット愛好家であるイギリス人のチャータース(ベイジル・ラドフォード)とカルディコット(ノウントン・ウェイン)は、ボリスの会話を聞き、雪崩のことをようやく知る。

ホテルに戻ってきたイギリス人旅行客のアイリス・ヘンダーソン(マーガレット・ロックウッド)は、ボリスから騒ぎの理由を聞き、友人のブランシュ(グーギー・ウィザース)ジとュリー(サリー・スチュワート)と共に食事の用意を頼み部屋に向かう。

チャータースとカルディコットは、クリケットのイングランド・チームの試合に間に合うか気になり、乗り換えを考える。

弁護士のエリック・トッドハンター(セシル・パーカー)は、妻を装う不倫相手のマーガレット(リンデン・トラヴァース)と共に部屋に向かう。

ボリスからメイド部屋しか空いていないと言われたチャータースとカルディコットは納得するしかなく、メイドのアンナに部屋に案内してもらう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映1時間32分、クライマックスのヴィクトリア駅、ホームを歩く、タバコをくわえた奇妙な頭の動きをする太った男性がアルフレッド・ヒッチコック
注意して観ていないと分からない。

*(簡略ストー リー)
ヨーロッパの小国バンドリカから西に向かう大陸横断列車が、雪山の駅で雪崩のために立ち往生する。
乗客らは駅に隣接するホテルで過ごし、家庭教師の老婦人フロイは、通りで演奏される曲に耳を傾ける。
イギリス人の旅行者アイリス・ヘンダーソンは、結婚を控えてロンドンに戻ろうとしていたが、上の階で騒ぐ音楽家の青年ギルバート揉め事を起こす。
翌日、出発できることになったアイリスは、テラスから落とされた植木鉢を後頭部に受けてしまい、フロイに気遣われながら列車に乗り込む。
フロイと親交を深めたアイリスは眠ってしまい、その後、目覚めるとフロイの姿がなかった。
戸惑うアイリスは、フロイと話した人までも彼女のことは知らないと言うために困惑する。
フロイを捜し始めたアイリスは、昨夜、揉めたギルバートだけが協力してくれる中、車両内を調べるのだが・・・。
__________

1936年に発表された、エセル・リナ・ホワイトのミステリー小説”The Wheel Spins”を基に製作された作品。

アルフレッド・ヒッチコックイギリス時代に監督した作品。

事件は架空の国”バンドリカ”の列車内で起きるのだが、登場人物はイギリス人が多く、そのお国柄である皮肉やユーモア・センスを活かした脚本と、アルフレッド・ヒッチコックの軽快な演出は冴え渡る。

国家が関わる陰謀に巻き込まれる人々を描く純粋なスパイ劇なのだが、諜報活動にはまったく相応しくない老婦人の活躍や、その”暗号”を音楽で伝えようとするアイデアなども素晴らしい。

また、当時の技術を駆使したミニチュア・セットの使い方なども興味深い。

表情や仕草などが少女のようであり、美しさも際立つヒロインを熱演するマーガレット・ロックウッド、国家犯罪が絡む陰謀にヒロインと共に勇敢に立ち向かう青年を愉快に演ずるマイケル・レッドグレイヴ、陰謀の黒幕である医師のポール・ルーカス、物語の鍵となるスパイだった老婦人を雰囲気ある演技で好演するメイ・ウィッティ、愛人(リンデン・トラヴァース)と共に旅をしながらスキャンダルを恐れる弁護士のセシル・パーカー、その後も同じ役柄で何作もに登場するクリケット愛好家”チャータースとカルディコット”を演ずるベイジル・ラドフォードノウントン・ウェイン、陰謀に加わる男爵夫人のメアリー・クレア、同じくマジシャンのフィリップ・リーヴァー、その妻セルマ・ヴァズ・ディアス、陰謀に加わるものの裏切りヒロインらに協力する尼僧のキャサリン・レイシー、包帯を巻かれた患者として列車に乗車して老婦人と入れ替わるジョセフィン・ウィルソン、ヒロインの友人グーギー・ウィザースとサリー・スチュワート、ホテルの支配人エミール・ボレオなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020