4312 Movies

バターンを奪回せよ Back to Bataan (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争下のフィリピンで劣勢のアメリカ軍と地元民で組織されたゲリラ部隊の戦いを描く、監督エドワード・ドミトリク、主演ジョン・ウェインアンソニー・クインビューラ・ボンディ他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest
アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:エドワード・ドミトリク
製作:ロバート・フェローズ
原作
イーニアス・マッケンジー
ウィリアム・ゴードン
脚本
ベン・バーズマン
リチャード・H・ランドー
撮影:ニコラス・ムスラカ
編集:マーストン・フェイ
音楽:ロイ・ウェッブ

出演
ジョセフ・マッデン大佐:ジョン・ウェイン
アンドレス・ボニファシオ大尉:アンソニー・クイン
バーサ・バーンズ:ビューラ・ボンディ
ダリセイ・ダルガド:フェリー・フランケリ
ハスコ少佐:リチャード・ロー
黒木大佐:フィリップ・アーン
ベネッサ軍曹:アレックス・ハヴィエル
マキシモ・クエンカ:ダッキー・ルーイ
ウェイト中佐:ローレンス・ティアニー
本間将軍:レオナルド・ストロング
ビンドル・ジャクソン:ポール・フィックス
日本軍将校:アブナー・ビーバーマン
ブエナベントゥラ・ベーリョ校長:ウラディーミル・ソコロフ
ジョナサン・ウェインライト将軍:ジョン・ミルジャン

アメリカ 映画
配給 RKO Radio Pictures
1945年製作 95分
公開
北米:1945年5月31日
日本:1966年12月13日
北米興行収入 $2,490,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1945年1月30日、フィリピンルソン島
カバナチュアン日本軍捕虜収容所を襲撃したアメリカ陸軍レンジャーは、捕虜を救出する。

指揮官のアンドレス・ボニファシオ大尉(アンソニー・クイン)は、捕虜を移動させて敵の先発隊を倒して退避する。

3年間捕虜となっていた兵士は、人々に歓迎される。
__________

1942年。
バターン半島で戦うフィリピン軍は、20万の日本兵を相手に10日間抵抗していた。

アメリカ陸軍ジョナサン・ウェインライト将軍(ジョン・ミルジャン)は、日本軍が流すラジオ放送のダリセイ・ダルガド(フェリー・フランケリ)のアナウンスを聴く。

劣勢のウェインライトは、前線のジョセフ・マッデン大佐(ジョン・ウェイン)に連絡し、厳戒態勢を敷き待機するようにと伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1942年、太平洋戦争下、フィリピン
劣勢のアメリカ軍の最高司令官ダグラス・マッカーサーは、オーストラリアに脱出する。
残留軍司令官のウェインライト将軍から、ゲリラ部隊を組織することを命ぜられたアメリカ陸軍レンジャーのジョセフ・マッデン大佐は、自由を勝ち取るために戦おうとする地元民たちと準備を始める。
独立の英雄である”アンドレス・ボニファシオ”の孫でマッデンの部下ボニファシオ大尉は、日本軍に協力しラジオのアナウンスする恋人のダリセイのことで心を痛めていた。
バターンが陥落しコレヒドール島アメリカ軍も降伏したことを知ったマッデンは、戦いを諦めようとする地元民の意見を聞く。
マッデンは、独立の英雄孫である部下のボニファシオのためなら地元民が戦えると考え、彼を救出するのだが・・・。
__________

太平洋戦争下のフィリピン、劣勢のアメリカ軍と地元民で組織されたゲリラ部隊の戦いを描く戦争ドラマ。

本作が公開されたのが1945年の5月31日であり、ヨーロッパでは終戦直後、沖縄戦の最中だったことに注目したい。
撮影とほぼリアルタイムで起きた戦地の映像なども興味深い。

バターン死の行進”をはじめ、日本軍の残虐性を強調した場面が多々あり、当然、日本での公開はされずに、初公開は21年後の1966年だった。
日本を蔑視した表現が多くある内容ではあるが、長い支配下のフィリピンの独立には協力しようとする日本側の考えなども描く、エドワード・ドミトリクの細やかな演出も見逃せない。

大規模なアメリカ軍の軍事行動を描く作品ではなく、アメリカ陸軍レンジャーと地元民で組織するゲリラ部隊の戦いが主な内容となっている。

撮影当時37歳の主演のジョン・ウェインは、アジア人の中で一際体格がよく、若くして貫禄十分であり、アメリカ軍残留部隊の指揮官を見事に演じている。
大佐が分隊の指揮官であるのはやや疑問だが・・・。

主人公の部下を演ずるアンソニー・クインは、恋人(フェリー・フランケリ)が日本軍の協力者(実はスパイ)であることで心を痛める、独立の英雄である”アンドレス・ボニファシオ”の孫を好演している。

厳しい環境下でも気丈に振舞い、主人公にも説教する現地の学校のアメリカ人教師を印象的に演ずるビューラ・ボンディ、日本軍の少佐リチャード・ロー、大佐フィリップ・アーン、司令官の将軍レオナルド・ストロング、将校のアブナー・ビーバーマン、勇敢に戦う現地の少年ダッキー・ルーイ、アメリカ陸軍航空軍の中佐ローレンス・ティアニージョン・ウェインの盟友であり、彼の作品に多く出演する、主人公の部下で食事係のポール・フィックス、地元の学校の校長ウラディーミル・ソコロフジョナサン・ウェインライト将軍のジョン・ミルジャンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020