That's Movie Talk!     4031 Movies

ハートブレイク・リッジ Heartbreak Ridge (1986) 3.74/5 (35)

  •  
  • 15
  • 3
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

歴戦の勇士である老兵が”リーコン”(アメリカ海兵隊武装偵察部隊)を鍛え上げる姿を描く、製作、監督、主演クリント・イーストウッドマーシャ・メイソンエヴェレット・マッギルモーゼス・ガンマリオ・ヴァン・ピーブルズ他共演の軍隊ドラマ。


ドラマ(戦争)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:クリント・イーストウッド

製作:クリント・イーストウッド
脚本:ジェームズ・カラバトソス
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:ジョエル・コックス
音楽:レニー・ニーハウス

出演
トーマス・ハイウェイ一等軍曹:クリント・イーストウッド
アギー:マーシャ・メイソン
マルコム・A・パワーズ少佐:エヴェレット・マッギル
ルーク・ウェブスター軍曹:モーゼス・ガン
”スティッチ”ジョーンズ伍長:マリオ・ヴァン・ピーブルズ
メアリー・ジャクソン:アイリーン・ヘッカート
ロイ・ジェニングス:ボー・スヴェンソン
M.R.リング中尉:ボイド・ゲインズ
J.チューズー曹長:アーリン・ディーン・スナイダー
フラゲッティ兵長:ヴィンセント・アイリザリー
アポンテ兵長:レイモン・フランコ
プロファイル:トム・ヴィラード
キニョネス伍長:マイク・ゴメス
コリンズ伍長:ロドニー・ヒル
”スイード”ヨハンソン二等兵:ピーター・コッチ
デヴィン少佐:ピーター・ジェイソン
マイヤーズ大佐:リチャード・ベンチャー
リース:ジョン・ホステッター
ゼーン判事:ジョン・イームズ
囚人:ニコラス・ワース
バス運転手:スティーヴ・ハルジー
留置場の青年:ティモシー・フォール
ウェイトレス:エリザベス・ルシオ
電話オペレーター:アニー・オドネル

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1986年製作 130分
公開
北米:1986年12月5日
日本:1987年1月31日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $42,724,020


アカデミー賞
第59回アカデミー賞

・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1983年7月。
留置場にいた海兵隊一等曹長トーマス・ハイウェイ(クリント・イーストウッド)は、絡んできた男に侮辱されたために叩きのめす。

国への貢献と名誉勲章受章の戦歴を考慮されたハイウェイは、今回だけだという条件で100ドルの罰金で釈放される。

パトカーに放尿された警官のリース(ジョン・ホステッター)は納得せず、ハイウェイを罵倒するものの、妻を侮辱されてしまう。

基地の補給部隊に戻ったハイウェイは、デヴィン少佐(ピーター・ジェイソン)に呼ばれる。

古巣の第2海兵師団、第2偵察大隊に移動を命ぜられたハイウェイは、喜んで命令に従う。

バーで歌っていたミュージシャンの”スティッチ”ジョーンズ(マリオ・ヴァン・ピーブルズ)は、揉めた客に追い出される。

雨の中バスを止めて乗せてもらったスティッチは、ハイウェイの隣の席に座ろうとする。

仕方なく座らせたハイウェイは、話し続けるスティッチを迷惑に思う。

翌朝、ダイナーで朝食をとっていたハイウェイは、バスが到着したため、運転手を待たせるようスティッチに指示してトイレに向かう。

ハイウェイがチップとバッグを置いて行ったために、それから札を抜いたスティッチは、ウェイトレス(エリザベス・ルシオ)にハイウェイが待っていると伝えて店を出る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1983年、ノースカロライナ州、キャンプ・レジューン
朝鮮戦争ベトナム戦争他で戦い、名誉勲章受章者でもある老兵のトーマス・ハイウェイ一等軍曹は古巣に戻る。
歴戦の勇士ではあるもののトラブルメイカーのハイウェイを歓迎しない上官のパワーズ少佐は、彼にリーコン”(海兵隊武装偵察部隊)を鍛え上げるようにと命ずる。
だらけた小隊を任されたハイウェイは、部下やパワーズと衝突しながらも厳しい訓練を続けるのだが・・・。
__________

ハリウッドのトップスターとしてく君臨するクリント・イーストウッドが、製作と監督を兼ねて主演した意欲作。

歴戦の勇士である老兵が”リーコン”(アメリカ海兵隊武装偵察部隊)の小隊を鍛え上げる姿を描く軍隊ドラマ。

日本では”グレナダ侵攻”をテーマにした作品と宣伝されたものの、リーコンの訓練を任された老兵の生き様を描いた内容であり、”グレナダ侵攻”は、クライマックスでリーコンが参加する作戦としか描かれていない。

クリント・イーストウッドにとっては、本作以前と後年の作品の彼が演じるキャラクターが集約されているような役柄であり、一匹狼的な無鉄砲な鬼軍曹ではあるものの、人間味のある男を深い演技で熱演している。

第59回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

戻ってきた主人公を受け入れられずに悩む元妻のマーシャ・メイソン、主人公を嫌う規則にこだわる無能な上官エヴェレット・マッギル、彼に気に入られているエリート小隊を訓練する軍曹のモーゼス・ガン、ミュージシャンでもあるリーコンの隊員を好演するマリオ・ヴァン・ピーブルズ、主人公の世話をする彼の戦友の妻アイリーン・ヘッカート、アギー(マーシャ・メイソン)と付き合うバーのオーナー、ボー・スヴェンソンリーコンの指揮官である中尉のボイド・ゲインズ、主人公の親友である曹長のアーリン・ディーン・スナイダーリーコンの隊員ヴィンセント・アイリザリーレイモン・フランコトム・ヴィラードマイク・ゴメス、ロドニー・ヒル、ピーター・コッチ、補給部隊での主人公の上官ピーター・ジェイソン、大隊司令官の大佐リチャード・ベンチャー、主人公を逮捕した警官ジョン・ホステッター、判事のジョン・イームズ、留置場の男ニコラス・ワース、バス運転手スティーヴ・ハルジー、留置場の青年ティモシー・フォール、ダイナーのウェイトレス、エリザベス・ルシオ、電話オペレーターのアニー・オドネルなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up