4311 Movies

ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション The Hunger Games: Mockingjay – Part 2 (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2008年に発表された、スーザン・コリンズのベストセラー3部作シリーズ小説”ハンガー・ゲーム”の最終章”Mockingjay”を基に製作された、2部作構成の2作目でシリーズ完結作。
独裁者スノーへの復讐を誓う反乱軍のシンボル、カットニス・エバディーンの苦悩と戦いを描く、監督フランシス・ローレンス、主演ジェニファー・ローレンスジョシュ・ハッチャーソンリアム・ヘムズワースウディ・ハレルソンドナルド・サザーランドフィリップ・シーモア・ホフマンジュリアン・ムーアスタンリー・トゥッチエリザベス・バンクスジェフリー・ライトマハーシャラ・アリ他共演のSFアクション。


アクション/アドベンチャー

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:フランシス・ローレンス
製作
ニーナ・ジェイコブソン
ジョン・キリク
製作総指揮
スーザン・コリンズ
ジャン・フォスター
ジョー・ドレイク
アリソン・シェアマー
原作:スーザン・コリンズMockingjay
脚本
ダニー・ストロング
ピーター・クレイグ
撮影:ジョー・ウィレムズ
編集
アラン・エドワード・ベル
マーク・ヨシカワ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
カットニス・エバディーン:ジェニファー・ローレンス
ピータ・メラーク:ジョシュ・ハッチャーソン
ゲイル・ホーソーン:リアム・ヘムズワース
ヘイミッチ・アバナシー:ウディ・ハレルソン
エフィー・トリンケット:エリザベス・バンクス
フィニック・オデイル:サム・クラフリン
ジョアンナ・メイソン:ジェナ・マローン
ビーティー・ラティア:ジェフリー・ライト
プリムローズ・エバディーン:ウィロウ・シールズ
プルターク・ヘブンズビー:フィリップ・シーモア・ホフマン
コリオラヌス・スノー大統領:ドナルド・サザーランド
アルマ・コイン首相:ジュリアン・ムーア
シーザー・フリッカーマン:スタンリー・トゥッチ
クレシダ:ナタリー・ドーマー
ボッグス:マハーシャラ・アリ
ペイラー司令官:パティーナ・ミラー
メッサッラ:エヴァン・ロス
キャスター:ウェス・チャサム
ポラックス:エルデン・ヘンソン
アニー・クレスタ:ステフ・ドーソン
ジャクソン中尉:ミシェル・フォーブス
ホームズ:オミッド・アブタヒ
ミッチェル:ジョー・クレスト
リーグ1:ミスティ・オーミストン
リーグ2:キム・オーミストン
ライム司令官:グェンドリン・クリスティー
アウレリウス:エイプリル・グレース
タイガレス:ユージニー・ボンデュラント
エノバリア:メタ・ゴールディング
アントニウス:ロバート・ネッパー
エジェリア:サリタ・チョウドリー
エバディーン夫人:ポーラ・マルコムソン

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2015年製作 137分
公開
北米:2015年11月20日
日本:2015年11月20日
製作費 $160,000,000
北米興行収入 $281,723,900
世界 $653,428,260


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
第13地区。
負傷したカットニス・エバディーン(ジェニファー・ローレンス)は、反乱軍の参謀プルターク・ヘブンズビー(フィリップ・シーモア・ホフマン)に見守られながら、治療の経過を確認するアウレリウス医師(エイプリル・グレース)から、声を出してみるようにと言われる。

声帯が腫れているためにようやく声を発せられる程度のカットニスは、キャピトル側に捕らえらていた、洗脳されたピータ・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)と話したいことをヘブンズビーに伝える。

まだ早いと言われたカットニスは、ピータには違う治療法を試すことをヘブンズビーから知らされる。

ヘブンズビーと共にピータの様子を見に行ったカットニスは、妹のプリムローズ(ウィロウ・シールズ)が彼と話す姿を見守る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

参考:
・「ハンガー・ゲーム」(2012)
・「ハンガー・ゲーム2」(2013)
・「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」(2014)
・「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」(2015)

*(簡略ストー リー)
独裁者である大統領スノーへの復讐を誓うカットニス・エバディーンは、キャピトル側に洗脳されたピータの様態を気にする。
第13地区の首相コインは、反乱のシンボル”Mockingjay/マネシカケス”であるカットニスに、民間人を投降させるための説得を任せる。
銃弾を受けて死んだと思われたカットニスは、防弾服を着ていたために助かり、全地区を団結させることには成功する。
その死を利用して人々の心を捉えようと考えるコインだったが、カットニスが軍と合流する許可を与えない。
密かにボッグスをリーダーとするスター分隊と合流したカットニスは、ゲイルやフィニックらと共に大統領官邸に近づこうとするのだが・・・。
__________

最終章ということもあり、”ハンガー・ゲーム”の戦いを描く内容ではなく、反乱のシンボル”Mockingjay/マネシカケス”として、権力争いに利用される主人公の苦悩を描く作品となっている。

そのため、当然ではあるが、シリーズの見せ場であったサバイバル・ゲームの戦いの醍醐味はなく、主人公の独裁者への復讐心が淡々と描かれる単純な内容だ。
突然変異の生物”ミュット”が登場するに至っては、異質の作品に思えてしまうところも気になる。

ドラマの途中で、主人公が反乱軍の上層部の謀略に利用されていることは分かるため、終盤の権力争いの結末は予想できる。

日本では、アメリカ本国での人気が理解できないという声が多く聞かれるシリーズで、好評価は受けられなかった作品であり、本作は、シリーズ最低の興行成績に終わった。
とは言っても、北米では約2億8200万ドル、全世界では約6億5300万ドルのヒットとなった。

復讐、恋人への思い、戦い、家族の死、終始、苦悩しながら反乱軍の戦いのシンボルを熱演するジェニファー・ローレンス、キャピトル側の洗脳から次第に解放される様子を好演するジョシュ・ハッチャーソン、悪意はないが、主人公を裏切る雰囲気で終わるのがやや後味悪いリアム・ヘムズワース、主人公に協力する教育係のウディ・ハレルソン、主人公と友情で結ばれる付き人エリザベス・バンクス、主人公と共に戦い命を落とすサム・クラフリン、その妻ステフ・ドーソン、主人公を嫌いながらも協力するジェナ・マローン、反乱軍の技術担当責任者ジェフリー・ライト、救護班として命を落とす主人公の妹ウィロウ・シールズ、反乱軍の協力者として首相ジュリアン・ムーアと共に権力を手に入れようとするフィリップ・シーモア・ホフマン、パネムの独裁者である大統領のドナルド・サザーランド、テレビ番組ホストのスタンリー・トゥッチ、反乱軍のプロパガンダ映像制作を任される映像ディレクターのナタリー・ドーマー、そのスタッフ、ウェス・チャサムと弟マハーシャラ・アリエヴァン・ロス、反乱軍司令官である後の大統領パティーナ・ミラー、スター分隊のリーダー、マハーシャラ・アリ、副官ミシェル・フォーブス、隊員オミッド・アブタヒ、ジョー・クレスト、ミスティ・オーミストンとキム・オーミストン姉妹、反乱軍司令官のグェンドリン・クリスティー、第13地区の医師エイプリル・グレース、主人公らに協力する元スタイリストのユージニー・ボンデュラント、第75回ハンガー・ゲームの参加者メタ・ゴールディング、大統領に毒殺される側近のロバート・ネッパー、同じく大統領の側近サリタ・チョウドリー、主人公の母親ポーラ・マルコムソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020