That's Movie Talk!     4036 Movies

キャロル Carol (2015) 4.24/5 (34)

  •  
  • 1
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1952年に発表された、パトリシア・ハイスミスの小説”The Price of Salt”を基に製作された作品。
離婚を控える富豪夫人と写真家志望の女性の禁断の恋を描く、監督トッド・ヘインズ、主演ケイト・ブランシェットルーニー・マーラサラ・ポールソンカイル・チャンドラー他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:トッド・ヘインズ
製作
エリザベス・カールセン
スティーヴン・ウーリー
クリスティン・ヴェイコン
製作総指揮:テッサ・ロス
原作:パトリシア・ハイスミスThe Price of Salt
脚本:フィリス・ナジー
撮影:エドワード・ラックマン
編集:アフォンソ・ゴンサウヴェス
音楽:カーター・バーウェル

出演
キャロル・エアード:ケイト・ブランシェット
テレーズ・ベリベット:ルーニー・マーラ
アビー・ゲルハルト:サラ・ポールソン
ハージ・エアード:カイル・チャンドラー
リチャード・セムコ:ジェイク・レイシー
トミー・タッカー:コーリー・マイケル・スミス
ダニー・マッケルロイ:ジョン・マガロ
ジュヌヴィエーヴ・キャントレル:キャリー・ブラウンスタイン
ジャック・タフト:トレント・ローランド

イギリス/アメリカ 映画
配給
ワインスタイン・カンパニー
スタジオカナル
2015年製作 118分
公開
イギリス:2015年11月27日
北米:2015年11月20日
日本:2016年2月11日
製作費 $11,800,000
北米興行収入 $12,711,490
世界 $40,272,140


アカデミー賞
第88回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優(ケイト・ブランシェット
助演女優(ルーニー・マーラ
脚色・撮影・衣裳デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1953年、ニューヨークマンハッタン、”リッツ”。
キャロル・エアード(ケイト・ブランシェット)とレストランで同席していたテレーズ・ベリベット(ルーニー・マーラ)は、その場に現れた友人のジャック・タフト(トレント・ローランド)から声をかけられる。

紹介されたキャロルに挨拶したジャックは、友人達のパーティーに行くことをテレーズに確認する。

会食の前に電話をしなければと言って席を立ち、テレーズの肩に触れたキャロルは、ジャックに挨拶してその場を去る。

キャロルを気にしながら、テレーズは友人達の車に乗りパーティーに向かう。

写真家志望であり、デパート”フランケンバーグ”のおもちゃ売り場で働いていたテレーズは、美しい富豪婦人キャロルが目に留まった時のことを思い出す。
__________
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1952年、クリスマス・シーズン、ニューヨークマンハッタン
離婚控える富豪夫人キャロル・エアードは、デパートのおもちゃ売り場で働くテレーズの目に留まる。
互いを意識した二人は、キャロルが忘れた手袋をテレーズが送り返したことで親しくなり、プライベートで会うことになる。
夫ハージと離婚するつもりだったキャロルは、そのきっかけともなった親友アビーと関係した過去がありながら、写真家志望のテレーズに心奪われてしまう。
それを知ったハージは、娘リンディの親権を奪おうと考え、娘に会えないキャロルは悲しむ。
テレーズに心の拠り所を求めたキャロルは、彼女を旅行に誘い、二人は関係を深めながら旅を続けるのだが・・・。
__________

パトリシア・ハイスミスの原作をトッド・ヘインズが演出した作品。

ダグラス・サーク作品へのオマージュ的作品である「エデンより彼方に」(2002)を演出したトッド・ヘインズが、同作と同じく1950年代を舞台にした、女性同士の切ない恋を描くドラマ。

当時の雰囲気を伝えるセットや衣装などは見事であり、禁断の恋を深く描くトッド・ヘインズの演出手腕が見どころの作品である。

主人公の富豪夫人を演ずるケイト・ブランシェットの高貴な雰囲気と妖艶な魅力は際立ち、彼女に魅了される写真家志望の女性を好演するルーニー・マーラの、言葉少なげに表情で演ずる演技は秀逸だ。

舞台となる1952~1953年ということを考えると、「ローマの休日」(1953)で世界的なスターになったオードリー・ヘプバーンを意識したと考えられる、ルーニー・マーラのメイクや仕草なども注目したい。

主人公二人の思いを伝える、カーター・バーウェルのシンプルな音楽が非常に印象に残る。

第88回アカデミー賞では、主演女優(ケイト・ブランシェット)、助演女優(ルーニー・マーラ)、脚色、撮影、衣裳デザイン、作曲賞にノミネートされた。

第68回カンヌ国際映画祭ではパルムドールにノミネートされ、ルーニー・マーラ(女優賞)とクィア・パルムを受賞した。

主人公の親友であり、かつて彼女と関係を持った女性サラ・ポールソン、主人公の夫カイル・チャンドラー、主人公のボーイフレンド、ジェイク・レイシー、主人公の夫に雇われる私立探偵のコーリー・マイケル・スミス、その友人である”ニューヨーク・タイムズ”の記者ジョン・マガロ、テレーズ(ルーニー・マーラ)とパーティで話すキャリー・ブラウンスタイン、テレーズの友人トレント・ローランドなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up