4509 Movies

ハンガー・ゲーム The Hunger Games (2012)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2008年に発表された、スーザン・コリンズのベストセラー3部作シリーズ小説”ハンガー・ゲーム”を基に製作された第一作。
妹の身代わりとなり命懸けのサバイバル・ゲーム”ハンガー・ゲーム”に挑むことになった少女の戦いを描く、主演ジェニファー・ローレンスジョシュ・ハッチャーソンリアム・ヘムズワースウディ・ハレルソンドナルド・サザーランドスタンリー・トゥッチエリザベス・バンクス他共演、監督、脚本ゲイリー・ロスによるSFアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイリー・ロス
製作
ニーナ・ジェイコブソン

ジョン・キリク
スーザン・コリンズ
ロビン・ビセル
原作:スーザン・コリンズハンガー・ゲーム
脚本
ビリー・レイ

スーザン・コリンズ
ゲイリー・ロス
撮影:トム・スターン
編集
ジュリエット・ウェルフリング

スティーヴン・ミリオン
音楽
ジェームズ・ニュートン・ハワード

T=ボーン・バーネット
主題歌:テイラー・スウィフト
Safe&Sound
Eyes Open

出演
カットニス・エヴァディーン:ジェニファー・ローレンス
ピータ・メラーク:ジョシュ・ハッチャーソン
ゲイル・ホーソーン:リアム・ヘムズワース
ヘイミッチ・アバーナシー:ウディ・ハレルソン
コリオラヌス・スノー大統領:ドナルド・サザーランド
シーザー・フリッカーマン:スタンリー・トゥッチ
セネカ・クレーン:ウェス・ベントリー
クラウディウス・テンプルスミス:トビー・ジョーンズ
エフィー・トリンケット:エリザベス・バンクス
シナ:レニー・クラヴィッツ
プリムローズ・エヴァディーン:ウィロウ・シールズ
マーヴェル:ジャック・クエイド
グリマー:レヴェン・ランビン
ケイトー:アレクサンダー・ルドウィグ
クローヴ:イザベル・ファーマン
ルー:アマンドラ・ステンバーグ
マリーナ:タラ・マッケン
ディラン:イーサン・ジェイミーソン
フォックスフェイス:ジャクリーン・エマーソン
スレッシュ:ダヨ・オケニー
エバディーン夫人:ポーラ・マルコムソン

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films

2012年製作 142分
公開
北米:2012年3月23日
日本:2012年9月28日
製作費 $78,000,000
北米興行収入 $408,010,690
世界 $691,247,770


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
未来の北米。
独裁国家パネムは12の各地区に対し、反乱を起こした罰として、12歳から18歳の少年と少女が、儀式で選出されてキャピトルへ護送され闘技場で戦い、残った一人が勝者となる富裕層の娯楽”ハンガー・ゲーム”を、年に一度開催していた。
__________

第12地区。
少女カットニス・エヴァディーン(ジェニファー・ローレンス)は、自分がハンガー・ゲームに選ばれる悪夢にうなされる妹のプリムローズ(ウィロウ・シールズ)を落ち着かせてなだめ抱き寄せる。

その後、立ち入り禁止区域に向かい、隠してあった弓と矢で鹿を仕留めようとしたカットニスは、幼馴染みのゲイル・ホーソーン(リアム・ヘムズワース)に出くわし、この地区から脱出することを提案される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ハンガー・ゲーム」(2012)
・「ハンガー・ゲーム2」(2013)
・「ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス」(2014)
・「ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション」(2015)

*(簡略ストー リー)
未来の北米。
独裁国家パネムは、反乱を起こした12の地区に対し、その罰として、12~18歳の少年少女を一人ずる選出して戦わせ、生き残った一人だけが勝利者となる、富裕層の娯楽”ハンガー・ゲーム”を開催していた。
少女カットニス・エヴァディーンは、それに選ばれてしまった妹プリムローズの身代わりとなり、志願して少年ピータと共に富裕層の暮らす首都キャピトルに向かう。
教育係ヘイミッチの指示と訓練を受けながら、戦いの準備を始めたカットニスだったが、パン屋の息子ピータに、かつてパンを恵んでもらった恩を感じていた。
しかし、一人しか生き残れない現実を前にして、カットニスは、妹のために勝利することだけを考えながら戦いに挑む・・・。
__________

若者からの圧倒的支持を得る原作の映画化、そして、若手の演技派として今を時めくスター、ジェニファー・ローレンスの主演、更には、脇を固める実力派スターの豪華競演など、話題に事欠かない作品として注目を集めた。

期待通りファンの心を掴んだ本作は、2012年の北米興行収入第3位にランクされる、約4億1000万ドルを記録し、全世界ではなんと約6億9000万ドルの大ヒットとなり、既に2013年11月続編「The Hunger Games: Catching Fire」の公開が決まっている。

美し過ぎることのない、素朴なイメージを感じさせる主演のジェニファー・ローレンスは、その表情や眼差しから、役柄だけでなく真の逞しさを感じさせる。
20代前半にして雰囲気を持つ、数十年に一人の逸材に思える彼女は、同年「世界にひとつのプレイブック」で早くもアカデミー主演賞を受賞し、その実力は誰もが認める結果となった。

ストーリーは単純明快で、独裁政府の抑圧に耐えながら、サバイバル・ゲームを強いられる貧しい者の戦いを描くアクションで、子供達が残忍な殺人者として描写されるショッキングなシーンもある。
しかし、戦いを繰り広げる中での家族愛や友情、そしてほのかな恋愛を含めた繊細なタッチの物語でもあり、また青春ドラマ的な要素もある。

全てを細かく分析しながら、弱者を含めた国民の心を動かす手段を思案する、大統領の姿で締めくくられるラストも印象的だ。

ヒロインに心を寄せながら、助け合い共に戦うジョシュ・ハッチャーソン、同じく彼女に惹かれる幼馴染みで、クリス・ヘムズワースの弟リアム・ヘムズワース、ヒロインの教育係を、人間味豊かに演ずるウディ・ハレルソン、ドラマに厚みを加える、強かだが風格ある大統領のドナルド・サザーランド、テレビ番組のホストを怪演するスタンリー・トゥッチ、ゲームメーカーのウェス・ベントリー、コメンテーターのトビー・ジョーンズ、異様な容姿が驚きの第12地区担当エリザベス・バンクス、人情味のあるヒロインのスタイリスト、レニー・クラヴィッツ、ヒロインの妹ウィロウ・シールズ、プレイヤーで、デニス・クエイドメグ・ライアンの息子ジャック・クエイドアレクサンダー・ルドウィグレヴェン・ランビンイザベル・ファーマンアマンドラ・ステンバーグタラ・マッケン、イーサン・ジェイミーソン、ダヨ・オケニー、ヒロインの母ポーラ・マルコムソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021