4298 Movies

あの日、欲望の大地で The Burning Plain (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

心に傷を負う女性の葛藤を場所と時代を変えて描く、監督、脚本ギジェルモ・アリアガ、主演シャーリーズ・セロンキム・ベイシンガージョアキム・デ・アルメイダジョン・コーベットジェニファー・ローレンス他共演のドラマ。


ドラマ

シャーリーズ・セロン / Charlize Theron 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ギジェルモ・アリアガ

製作
ウォルター・F・パークス
ローリー・マクドナルド
製作総指揮
シャーリーズ・セロン
アリサ・テイガー
レイ・アンジェリク
トッド・ワグナー
マーク・キューバン
マーク・バタン
脚本:ギジェルモ・アリアガ
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:クレイグ・ウッド
音楽
ハンス・ジマー
オマール・ロドリゲス=ロペス

出演
シルヴィア/マリアーナ:シャーリーズ・セロン
ジーナ:キム・ベイシンガー
ニック・マルティネス:ジョアキム・デ・アルメイダ
ジョン:ジョン・コーベット
ローラ:ロビン・タニー
ロバート:ブレット・カレン
サンティアゴ・マルティネス:ダニー・ピノ
マリアーナ(若年期):ジェニファー・ローレンス
サンティアゴ・マルティネス(若年期):J・D・パルド
アナ・マルティネス:レイチェル・ティコティン
カルロス:ホセ・マリア・ヤスピク
マリア・マルティネス:テッサ・イア

アメリカ 映画
配給 マグノリア・ピクチャーズ
2008年製作 106分
公開
北米:2009年9月18日
日本:2009年9月26日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $200,700
世界 $5,468,650


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1990年代半ば、ニューメキシコ州、ラスクルーセス付近。
原野のトレーラーハウスが炎上する。
__________

現在、オレゴン州、ポートランド
高級レストランのマネージャー、シルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、行きずりの男との関係を繰り返す日々を送っていた。

同僚であるシェフのジョン(ジョン・コーベット)と一夜を過ごしたシルヴィアは、彼に帰るよう指示する。

迎えに来た同僚で親友のローラ(ロビン・タニー)の車に乗ろうとしたシルヴィアは、通りの向こうにいる見知らぬ男性カルロス(ホセ・マリア・ヤスピク)が、自分を見つめていることに気づく。

ローラは、昨夜も男と一緒だったというシルヴィアの話を聞く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
オレゴン州、ポートランド
高級レストランのマネージャー、シルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、心の傷を抱え、行きずりの男との関係を繰り返す日々を送っていた。
そんなシルヴィアの前にカルロスというメキシコ人青年が現れ、夫サンティアゴが会いたがっていると言われ、娘マリアの写真を見せる。
動揺するシルヴィアはカルロスを追い払うものの、過去を思い出して苦悩する。
かつて、子供時代をニューメキシコ州で過ごしたマリアーナ/シルヴィアは、母ジーナが不倫の末に焼死した事件の相手ニックの息子サンティアゴとの関係を思い出す・・・。
__________

バベル」(2006)の脚本でアカデミー賞候補にもなったギジェルモ・アリアガの初監督作品で、三世代と三か所、そして十数年の時代差を通して描く構成で、どことなく「バベル」に似ている内容とも言える。

一見分かり難いようにも思えるが、名前を変えて、苦悩しながら日々を送る、主人公の過去と現在を交差させて描いているだけなので、物語は非常に理解し易い。

多くの他の記事で、物語の現在の舞台がメイン州のポートランドとされている理由が分からない。

ロケーションを見ればオレゴン州のポートランドであることは明らかなのだが、なぜか主人公がマネージャーを務めるレストランは海沿いにある。

ポートランドが海岸線の都市ではないため、主人公の苦悩を表現するためか、レストランのロケだけは海のある”Depoe Bay”で行われたようだ。

主人公を演ずるシャーリーズ・セロンとその母親役キム・ベイシンガー(二人は同時には登場しない)は、流石にオスカー女優だけあり深い演技を見せている。

注目は、主人公の若年期を演ずるジェニファー・ローレンスで、デビュー3作目にして撮影当時16歳の彼女は、わずか数年前にスターになることを誓い将来を決めただけあり、その覚悟が窺えるような演技を見せる。

シャーリーズ・セロンとはイメージが違うところが、若年期の演技にも逆に効果的だったとも言える、ジェニファー・ローレンスという新人女優の印象が強烈に残った作品だ。

そして彼女は、翌年「ウィンターズ・ボーン」(2010)で早くもアカデミー主演賞候補になり、本作公開からわずか3年後に「世界にひとつのプレイブック」(2012)で同賞を受賞し、ハリウッドで最も注目される女優となった。

本作は、2007年に撮影が行われ、製作年度は2008年、北米公開は2009年。

第65回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され金獅子賞にノミネートされ、ジェニファー・ローレンスマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した。

辛い過去を抱えながら将来が見えない日々を送る、苦悩する女性を演ずるシャーリーズ・セロン、その若年期を好演するジェニファー・ローレンス、彼女の母親で、満たされない愛を求め不倫に走るキム・ベイシンガー、その相手役のジョアキム・デ・アルメイダ、主人公と関係を持つシェフ、ジョン・コーベット、主人公の同僚で友人のロビン・タニー、妻(キム・ベイシンガー)を失った主人公(若年期)の父親ブレット・カレンメキシコに住む主人公の夫ダニー・ピノ、その若年期を演ずるJ・D・パルド、その母親ホセ・マリア・ヤスピク、友人の娘(テッサ・イア)を連れて主人公に会わせるメキシコ人青年ホセ・マリア・ヤスピクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020