4294 Movies

セルラー Cellular (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

犯罪に巻き込まれて誘拐された女性高校教師と彼女から電話を受けた青年が、携帯電話の通話だけを頼りに事件を解決するまでを描く、監督デイヴィッド・R・エリス、主演キム・ベイシンガークリス・エヴァンスウィリアム・H・メイシージェイソン・ステイサムノア・エメリッヒ他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:デイヴィッド・R・エリス

製作
ディーン・デブリン
ローレン・ロイド
製作総指揮
ダグラス・カーティス
キース・ゴールドバーグ
原案:ラリー・コーエン
脚本:クリス・モーガン
撮影:ゲイリー・カポ
編集:エリック・A・シアーズ
音楽:ジョン・オットマン

出演
ジェシカ・マーティン:キム・ベイシンガー
ライアン・ヒューイット:クリス・エヴァンス
ボブ・ムーニー巡査部長:ウィリアム・H・メイシー
イーサン・グリア:ジェイソン・ステイサム
ジャック・タナー:ノア・エメリッヒ
ディミトリ:エリック・エテバリ
ディーソン:マット・マッコーム
チャッド:エリック・クリスチャン・オルセン
クレイグ・マーティン:リチャード・バージ
クロエ:ジェシカ・ビール
リッキー・マーティン:アダム・テイラー・ゴードン
弁護士:リック・ホフマン
レッカー会社の受付:シェリー・シェパード
ダナ・ベイバック:ヴァレリー・クルス
マリリン・ムーニー:キャロライン・アーロン

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライ ン・シネマ
2004年製作 94分
公開
北米:2004年9月10日
日本:2005年2月26日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $32,003,600
世界 $56,422,690


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルスブレントウッド
高校の生物教師ジェシカ・マーティン(キム・ベイシンガー)は、夫クレイグ(リチャード・バージ)と11歳の息子リッキー(アダム・テイラー・ゴードン)と共に郊外で暮らしていた。

ある日、リッキーを学校に送り出したジェシカは、押入って来たイーサン・グリア(ジェイソン・ステイサム)ら5人に銃を向けられ、警報装置を作動させようとしたメイドは射殺される。

連れ去られたジェシカは、ある家の屋根裏部屋に閉じ込められる。

その後、ハンマーを持って現れたイーサンは、その場にあった電話機を壊す。

サンタモニカ・ピア
ビーチにいた青年ライアン・ヒューイット(クリス・エヴァンス)は、友人チャド(エリック・クリスチャン・オルセン)の制止も聞かずに、フラれた恋人クロエ(ジェシカ・ビール)に声をかける。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルスブレントウッド
高校の生物教師ジェシカ・マーティンは、自宅でイーサンらに襲われて誘拐され、ある家の屋根裏部屋に閉じ込められる。
イーサンがハンマーで壊した電話のワイヤーを繫ぎ通信したレベッカは、それを受けた青年ライアンに助けを求める。
半信半疑だったライアンは、ジェシカが脅されていることを知り、彼女の指示で警察に向う。
ライアンはムーニー巡査部長に事情を話すものの、他の部署に行くよう指示される。
夫クレイグが隠してある物の在りかを言うよう脅されたジェシカは、身に覚えがないことを伝える。
その後ライアンは、ジェシカの息子リッキーに危険が迫っていることを知り学校に向かうのだが・・・。
__________

誘拐された女性が発信する、危機を知らせる電話を受けた青年が、犯罪に巻き込まれながら迅速な対応で彼女を助けようとするという、携帯電話がキーポイントとなる、時代を反映した内容と、緊迫感とスピーディーな展開が楽しめる作品。

サスペンスとノンストップ・アクションの融合による、全編、目が離せないストーリーと共に、魅力的なキャストの個性を生かした快作に仕上がっている。

教師にしてはあまりにも美しいキム・ベイシンガーとフットワークのいいクリス・エヴァンスは、常に連絡を取り合っているのだが、当然ながら顔を合わせるのはクライマックスのみという設定も凝っていて、一見頼りない引退する巡査部長ウィリアム・H・メイシーの勇気ある行動も見所の一つだ。

また、アクション・スターとして活躍し始めたジェイソン・ステイサムの悪役振りも見もので、アクの強いキャラクターを印象的に演じている。

事件に巻き込まれる主人公を熱演するキム・ベイシンガー、彼女からの電話を受けて協力する青年クリス・エヴァンス、事件に気づき主人公らを助ける巡査部長ウィリアム・H・メイシー、実は警官だった犯人のリーダー、ジェイソン・ステイサム、仲間だった刑事のノア・エメリッヒ、犯人一味のエリック・エテバリマット・マッコームヴァレリー・クルス、ライアン(クリス・エヴァンス)の友人エリック・クリスチャン・オルセン、主人公の夫リチャード・バージ、ライアンの元恋人ジェシカ・ビール、主人公の息子アダム・テイラー・ゴードン、レッカー会社の受付シェリー・シェパード、ムーニー(ウィリアム・H・メイシー)の妻キャロライン・アーロンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020