4506 Movies

ヒンデンブルグ The Hindenburg (1975)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世紀の大惨事と言われる”ヒンデンブルグ爆発事故”を破壊工作があったという設定で描く、製作、監督ロバート・ワイズ、主演ジョージ・C・スコットアン・バンクロフトウィリアム・アザートンロイ・シネスギグ・ヤングバージェス・メレディスチャールズ・ダーニングリチャード・ダイサート他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ワイズ

製作:ロバート・ワイズ
原作:マイケル・M・ムーニー”The Hindenburg”
原案
リチャード・レヴィンソン
ウィリアム・リンク
脚本:ネルソン・ギディング
撮影:ロバート・サーティース
編集:ドン・キャンバーン
美術・装置
エドワード・C・カーファグノ
フランク・R・マッケルビー
音楽:デヴィッド・シャイア

出演
フランツ・リッター大佐:ジョージ・C・スコット
ウルスラ・フォン・リュージェン伯爵夫人:アン・バンクロフト
カール・ベルト:ウィリアム・アザートン
マルティン・フォーゲル:ロイ・シネス
エドワード・ダグラス:ギグ・ヤング
エミリオ・パジェッタ:バージェス・メレディス
マックス・プルス船長:チャールズ・ダーニング
エルンスト・レーマンリチャード・ダイサート
ジョー・スパ:ロバート・クラリー
ネイピア少佐:ルネ・オーベルジョノワ
リード・チャニング:ピーター・ドナット
ベス・チャニング:ジョアンナ・ムーア
アルバート・ブレスロー:アラン・オッペンハイマー
ミルドレッド・ブレスロー:キャサリン・ヘルモンド
フェローズ大佐:スティーヴン・エリオット
B.F.ファーリー警部:アーチ・ジョンソン
ドイツ空軍大佐:ウィリアム・シルベスター
ハンス・ルター駐米ドイツ大使:ロルフ・セダン
本人:ハーバート・モリソン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1975年製作 125分
公開
北米:1975年12月25日
日本:1976年7月10日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $27,945,230


アカデミー賞
第48回アカデミー賞

・受賞
音響編集・視覚効果賞
・ノミネート
撮影・美術・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
LZ 129/ヒンデンブルグ”は、ナチス・ドイツが世界に誇る巨大飛行船だった。

1937年4月17日、ウィスコンシン州、ミルウォーキー
霊媒師のキャシー・ラウシュは、ヒンデンブルグの件でワシントンD.C.ドイツ大使館に手紙を送る。

4月21日、ワシントンD.C.ドイツ大使館。
ヒンデンブルグの最期を記述するラウシュからの手紙を受け取ったハンス・ルター駐米大使(ロルフ・セダン)は、水素を使用しているため、アメリカの空を脅かす時限爆弾だと考える。

4月30日、ベルリンシュターケン飛行場。
スペインから戻ったドイツ空軍のフランツ・リッター大佐(ジョージ・C・スコット)は、同僚である大佐(ウィリアム・シルベスター)に迎えられ極秘任務を任されることになる。

宣伝省。
駐米大使館からの手紙の報告を受けたゲッペルス宣伝相は、呼び出したリッターに、ドイツが世界に誇る広告塔であるヒンデンブルグを守る任務を命ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1972年に発表された、マイケル・M・ムーニーの著書”The Hindenburg”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1937年5月。
アメリカからの情報により、巨大飛行船”LZ 129/ヒンデンブルグ”の破壊工作の可能性を懸念したナチスの宣伝相ゲッペルスは、ドイツ空軍のフランツ・リッター大佐にその調査を命ずる。
ツェッペリン社のエルンスト・レーマンと共にヒンデンブルグに乗り込んだリッターは、専属カメラマンに扮するゲシュタポの命令を受けた親衛隊大尉のフォーゲルと共に工作員を探し始める。
知人である伯爵夫人ウルスラを含めた乗客の監視を続けるリッターは、自分の目的に気づいた整備工のカールに目をつけて探りを入れるのだが・・・。
__________

世紀の大惨事と言われる”ヒンデンブルグ爆発事故”は、その事故原因は様々な観点から検証されているものの、特定されていない。

本作は、破壊工作があったという設定で進行する内容であり、反ナチ勢力の爆破計画として描かれたサスペンス映画である。

1970年代のパニック映画ブームに乗ったオールスター・キャストによる大作であり、製作を兼ねたロバート・ワイズの重厚な演出が見所の作品。

破壊工作員が誰であるかを探る序盤までは緊迫感があるが、それが分かる中盤から終盤にかけては単調で、あまりにも有名な実際の事故シーンを伝えるニュース・フィルとハーバート・モリソンの実況の使用などで締めくくられるクライマックスはまずまず盛り上がる。

映画の内容も興味深いが、当時のナチス・ドイツの国力の象徴のような、”ヒンデンブルグ”の雄姿は圧倒的な存在感だ。
その巨大さを見事に伝える、スケール感のある特殊効果とロバート・サーティースの撮影も見事で、デヴィッド・シャイアの優雅な音楽も印象に残る。

第48回アカデミー賞では、音響編集、視覚効果賞を受賞し、撮影、美術、録音賞を受賞した。

主演のジョージ・C・スコットは、破壊工作の調査を行う過程で、祖国が向かう道に疑問を持ち始めるドイツ空軍大佐を、深い演技で好演している。

主人公の知人である祖国を捨てるつもりで旅立つ伯爵夫人のアン・バンクロフト、破壊工作を実行するヒンデンブルグのクルーである整備工のウィリアム・アザートンゲシュタポの命令を受ける親衛隊大尉で工作員を探すロイ・シネス、アメリカ人ビジネスマンのギグ・ヤング、詐欺師のバージェス・メレディスルネ・オーベルジョノワマックス・プルス船長のチャールズ・ダーニングツェッペリン社のエルンスト・レーマン役のリチャード・ダイサート、曲芸師のロバート・クラリーブロードウェイの興行主ピーター・ドナットと妻のジョアンナ・ムーアユダヤ人のアラン・オッペンハイマーと妻のキャサリン・ヘルモンドレイクハースト海軍航空基地の指揮官スティーヴン・エリオットニューヨーク市警の警部アーチ・ジョンソンドイツ空軍大佐ウィリアム・シルベスターハンス・ルター駐米ドイツ大使のロルフ・セダン、そして事故を実況したハーバート・モリソンがニュース・フィルムの声で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021