That's Movie Talk!     4101 Movies

ヘルプ The Help (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

2009年に発表された、キャスリン・ストケットの小説”The Help”を基に製作された作品。
公民権運動で揺れ動くアメリカ国内を背景に、南部で育った作家志望の白人女性とアフリカ系のメイドの関係を描く、製作、監督、脚本テイト・テイラー、主演エマ・ストーンヴィオラ・デイヴィスオクタヴィア・スペンサーブライス・ダラス・ハワードジェシカ・チャステインアリソン・ジャネイシシー・スペイセク共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)

ジェシカ・チャステイン / Jessica Chastain / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:テイト・テイラー
製作総指揮
モハメド・カーラフ
ネイト・バークス
ジェニファー・ブラム
L・ディーン・ジョーンズJr.
ジョン・ノリス
マーク・ラドクリフ
ジェフリー・スコール
テイト・テイラー
製作
クリス・コロンバス
マイケル・バーナサン
ブランソン・グリーン
原作:キャスリン・ストケットThe Help
脚本:テイト・テイラー
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
編集:ヒューズ・ウィンボーン
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ユージニア”スキーター”フェラン:エマ・ストーン
エイビリーン・クラーク:ヴィオラ・デイヴィス
ミニー・ジャクソン:オクタヴィア・スペンサー
ヒリー・ホルブルック:ブライス・ダラス・ハワード
シーリア・フット:ジェシカ・チャステイン
シャーロット・フェラン:アリソン・ジャネイ
ウォルターズ夫人:シシー・スペイセク
コンスタンティン・ジェファーソン:シシリー・タイソン
エレーン・スタイン:メアリー・スティーンバージェン
ユール・メイ・デイヴィス:アーンジャニュー・エリス
スチュワート・ウィットワース:クリス・ローウェル
ジョニー・フット:マイク・ヴォーゲル
エリザベス・リーフォルト:アーナ・オライリー
グレーシー・ヒギンボサム:ダナ・アイヴィ

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
2011年製作 146分
公開
北米:2011年8月10日
日本:2012年3月31日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $169,708,110
世界 $211,608,110


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)
・ノミネート
作品
主演女優賞(ヴィオラ・デイヴィス)
助演女優賞(ジェシカ・チャステイン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1963年、ミシシッピ州、ジャクソン
アフリカ系のメイドで、50歳になるエイビリーン・クラーク(ヴィオラ・デイヴィス)は、自分の仕事は”家事をする奴隷”だと語る。

それを聞いていた、ノートに”ヘルプ”(お手伝い)と題してメモを始めた相手は、17人の白人の子供を育てた気難しいエイビリーンの話に耳を傾ける。
_____

エイビリーンは、エリザベス・リーフォルト(アーナ・オライリー)の娘を育てながら家事をしていた。

ミシシッピ大学を卒業した、作家志望であるユージニア”スキーター”フェラン(エマ・ストーン)は、故郷に戻り地元新聞社”ジャクソン・ジャーナル”に採用される。

スキーターは、家事のコツを書くマーナ女史のコラムを読んで、彼女に成りすまし、読者の声に答える仕事をもらう。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1963年、ミシシッピ州、ジャクソン
ミシシッピ大学を卒業したばかりの作家志望のユージニア”スキーター”フェランは、故郷に戻り地元新聞社に採用される。
家事についてのコラムを、作者に成り代わり担当することになったスキーターは、友人のエリザベスが雇うメイドのエイビリーンに話を聞こうとする。
自分の育ての親で心の友でもあった、メイドのコンスタンティンが辞めたことで、心を痛めていたスキーターは、メイドについて書いてみたいこともエイビリーンに伝え、協力してもらおうとする。
エイビリーンは、それがどれだけ危険なことか理解していたため、気が進まない話であった。
その後、コンスタンティンが、辞めさせられたことを察したスキーターはショックを受ける。
エイビリーンの友人であるミニーは、雇い主である人種差別主義者のヒリーに反発して追い出され、夫に暴力を振るわれる。
それを知ったエイビリーンは、同胞のためを思い心を決め、スキーターに協力することを伝えるのだが・・・。
__________

人種差別問題を描く作品は多くあるのだが、メイドと言うよりも、当事者には”育ての親”として特別な感情を抱く女性達に焦点を当て、未だに根付く差別が、当時、どのように日常化されていたかを真正面から描いた社会性のある作品でもある。

男達の世界で描かれることが多かったこの問題を、女性達の視点で描いたところも注目で実に興味深い作風に仕上がっている。

ドラマの舞台となるミシシッピ州、ジャクソンの出身者である監督のテイト・テイラーは、原作者のキャスリン・ストケットとは幼馴染みである。

当時の雰囲気や街並みのセットも素晴らしく、公民権運動の活動家”ローザ・パークス”が、逮捕時に乗っていたものとほぼ同型である、フォード社製のバスなども再現されている。

第84回アカデミー賞では、助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)を受賞し、作品、主演女優賞(ヴィオラ・デイヴィス)、助演女優賞(ジェシカ・チャステイン)にノミネートされた。

北米興行収入は約1億7000万ドル、全世界では約2億1200万ドルの大ヒットとなった。

人気の若手スター、エマ・ストーンは、シリアスな演技に徹する熱演で期待に応え、実力派女優陣の演技は見応えがある。

愛する息子を亡くしながら、白人に仕えるしかないメイド役のヴィオラ・デイヴィスは、あらゆるタイプの役柄をこなす実力派らしく、奥深い演技を見せ、彼女の友人として、人間味溢れる役をオクタヴィア・スペンサーが豪快に演じている。

セリフではないが、悪魔のような人種差別主義者ブライス・ダラス・ハワード、メイドを所有物のように扱う彼女らとは違い、人情味のある白人女性を好演するジェシカ・チャステイン、辞めさせたメイド(シシリー・タイソン)の件で娘と溝ができてしまうものの、終盤では彼女の考えを理解するヒロインの母親アリソン・ジャネイ、異色のキャラクターとして要所要所で存在感を見せる、ヒリー(B・D・ハワード)の母親シシー・スペイセク、出版社”Harper & Row”の編集長メアリー・スティーンバージェン、指輪を盗み逮捕されてしまうメイド、アーンジャニュー・エリス、ヒロインの恋人役クリス・ローウェル、シーリア(J・チャステイン)の夫役のマイク・ヴォーゲル、ヒロインの友人アーナ・オライリー、女性活動団体の会長ダナ・アイヴィなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up