4240 Movies

ブロードキャスト・ニュース Broadcast News (1987)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

テレビ局の中枢で働く、若い敏腕女性プロデューサーと親友のレポーター、さらに入局した地方局のキャスターとの、公私の狭間で展開する恋の三角関係と友情、局内事情などをコミカルに描く、ジェームズ・L・ブルックス、主演ウィリアム・ハートアルバート・ブルックスホリー・ハンタージョーン・キューザックジャック・ニコルソン他共演のドラマ。


ドラマ

ウィリアム・ハート / William Hurt / Pinterest
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧

ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジェームズ・L・ブルックス
製作総指揮:ポリー・プラット
製作:ジェームズ・L・ブルックス
脚本:ジェームズ・L・ブルックス
撮影:ミヒャエル・バルハウス
編集:リチャード・マークス
タイトルデザイン:ソウル・バス
音楽:ビル・コンティ

出演
トム・グルニック:ウィリアム・ハート

アーロン・アルトマン:アルバート・ブルックス
ジェーン・クレイグ:ホリー・ハンター
アーニー・メリマン:ロバート・プロスキー
ブレア・リットン:ジョーン・キューザック
ジェニファー・マック:ロイス・チャイルズ
ビル・ロリッシュ:ジャック・ニコルソン
ポール・ムーア:ピーター・ハックス
ニュース・テーマ作家:マーク・シャイマン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1987年製作 132分
公開
北米:1987年12月16日
日本:1988年4月9日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $51,249,400
世界 $67,331,310


アカデミー賞 ■

第60回アカデミー賞
・ノミネート
作品
主演男優(ウィリアム・ハート)
主演女優(ホリー・ハンター)
助演男優(アルバート・ブルックス)
脚本・編集・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントンD.C.
テレビ局プロデューサー、 ジェーン・クレイグ(ホリー・ハンター)は、小柄ながら若さと行動力で仕事をこなす実力派だった。

ジェーンは、かつて神童と言われた親友のレポーター、アーロン・アルトマン(アルバート・ブルックス)とコンビを組んでいた。

ある講演会でジェーンは、聴衆に相手にされずショックを受けていた際に、地方局キャスター、トム・グルニック(ウィリアム・ハート)に声をかけられる。

二人は意気投合するが、ポリシーを持ちバイタリティー溢れるジェーンは、外見だけがよく、学歴も中味もない、自分に自信が持てないトムに厳しい言葉で励ます。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
テレビ局プロデューサー、 ジェーン・クレイグは、若さと行動力で仕事をこなす実力派で、親友のレポーター、アーロンとコンビを組んでいた。
そんなジェーンはある講演会で、地方局のトム・グルニックに声をかけられ、二人は意気投合する。
その後、トムはジェーンの局に採用され、彼女やアーロンらの刺激的な仕事振りに感心しする。
ジェーンは、自分に接近しそうなトムに、公私混同は考えていないと伝え、割り切った付き合いをする。
そして、仕事に専念したトムは、ある取材報道をジェーンのプロデュースで成功させて自信をつけ、彼女の心も動き始めるのだが・・・。
__________

第60回アカデミー賞では、作品賞をはじめ7部門でノミネートされるものの「ラス・トエンペラー」(1987)に総なめにされてしまった。
・ノミネート
作品
主演男優(ウィリアム・ハート)
主演女優(ホリー・ハンター)
助演男優(アルバート・ブルックス)
脚本・編集・撮影賞

ラス・トエンペラー」は、中国を舞台にした作品としては、当時、かなり大胆で斬新な感じを受ける作品たったが、今観直してみると、ノミネート全てを受賞するに値したか、疑問に思えるところもあり、アカデミー賞の七不思議とも言える。

それほど本作には、それを圧倒する雰囲気と味があり、度々観直してみたくなる作品でもある。

テレビ局内の、エネルギッシュな人々の仕事振りや活躍がよく伝わり、メリハリが利き繊細でもあるジェームズ・L・ブルックスの、製作、脚本も兼ねた演出は見事だ。

軽快且つリズミカルな、ビル・コンティの音楽も素晴らしい。

タイトルデザインを、ソウル・バスが担当しているのも注目だ。

全盛期のウィリアム・ハートが演ずる、自信無さ気でありながら人を引きつけ、尚且つ強かな男の好演は、女心をくすぐる結果になり、彼の人気は益々上がった。

なんと言っても、小柄ながら、男勝りでパワフル、頭は切れ、明快な自己主張をするジェーン役のホリー・ハンターの演技は出色で、痛快でもあり、一躍脚光を浴びることになる。

元々この役は、「愛と追憶の日々」1983)で組んだデブラ・ウィンガーのために、ジェームズ・L・ブルックスが書いた脚本だったのだが、彼女の妊娠でホリー・ハンターが抜擢された経緯がある。

また、アルバート・ブルックスの、主演二人を引き立たせる”優秀なダメ男”ぶりも必見。
子煩悩な父になっているラストは、彼の人生の、その後の幸せが垣間見れほっとする。

人気アンカーマン役で特別出演するジャック・ニコルソンも、出番は少ないが存在感を発揮する。

結局は解雇されてしまう支局長のロバート・プロスキー、局員のジョーン・キューザック、レポーター、ロイス・チャイルズ、報道局長ピーター・ハックス、ニュース・テーマ作家役で作曲家のマーク・シャイマンも出演している。

ジェーン(H・ハンター)の幼少期を演ずるジェニー・ジャイムズは、、「プレイス・イン・ザ・ハート」(1984)でサリー・フィールドの娘役を演じたが、わずか3年で、随分大きくなったと、ふと気になったりもした。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020